黒 板 に 歯 医 者 へ の 道 山 笑 ふ

こくばんに はいしゃへのみち やまわらう

世の中に歯医者が増えたことはみんな思うところですが、何処がいいかというのはたまに話題になります。

麻酔をして、徹底的に歯石を取るところがあるというので、洋裁教室の黒板に、簡単な地図が描かれました。

その気のある人は写しました。

わたしも写しました。

この句も読まれています。

木 菟 の 鳴 く 星 の 隠 れ し 真 夜 な れ ば... ずくのなく ほしのかくれし まよなれば 木葉ズク、フクロウの仲間らしくて、夜行性、肉食。 正面に顔があって、見ようによっては人間みたいです。 昼間は身動きひとつせず、眼は瞑ったり開いたり。 寝ているわけでもなさそうです。 月も星も見えない漆黒の闇には、ふた声三声鳴いて、野ネズミやノラのネコ...
春の潮 白波蹴立て 迫り来る 春の有明海、干満の差が激しく、また絶好の 潮干狩り日和。 船が沖に出ると、見る見るうちに潮が引く。 一面の砂地。 恐ろしいのは満ちるとき。 遠い地平線から、白波がひたひたと、 さらにひたひたと、押し寄せてくるのです。 あっという間に船は、大海原に浮かんでいるのです。 もし乗り遅れたら、と思ってしまう...
土 匂 ふ 中 だ る み し て 春 の 畝 つちにおう なかだるみして はるのうね 春が来ました。 ネコのひたいほどの棚田にも。 耕運機など入れない狭い土地ですから、すべてが人力です。 高いところから見ると、真ん中あたりで、ちょっとゆがんで見えます。 あぜの形に合わせてのことかもしれません。 ほのぼのとする棚田の春です。...
香 を た く 五 月 雨 の 夕 暗 き 日 に... お香 / june29 わたしはお香が大好きです。 雨の降る日はなぜか気分が良くて、家中を掃除します。 そして掃除が終わったら、玄関とトイレに置いている、とっても小さなガラスの瓶に、今ならドクダミ、秋ならもみじ、春なら、なずな…などなどを採って来て、入れるのです。 それからお香です。 種類などはわ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です