黒 板 に 歯 医 者 へ の 道 山 笑 ふ

こくばんに はいしゃへのみち やまわらう

世の中に歯医者が増えたことはみんな思うところですが、何処がいいかというのはたまに話題になります。

麻酔をして、徹底的に歯石を取るところがあるというので、洋裁教室の黒板に、簡単な地図が描かれました。

その気のある人は写しました。

わたしも写しました。

この句も読まれています。

鳥 渡 る 海 へ 出 る と き 躊 躇 な し... とりわたる うみへでるとき ちゅうちょなし 渡り鳥の習性なのだから、どうということもないのだろうけれど。 思い切ってさあ、というふうでもなく、止まり木のない大海原へまっしぐら。 出ると決まれば、そうするのでしょう。 習性というものなのでしょうか。 あたしはどうかな。 こうすることしかできないときは...
暮れぬ夜の 紫の空 黒い底 昼が長い。なかなか暮れようとしない空は、薄紫色、すこしずつ、すこしずつ濃くなる。 森は暗く黒く、底しれない色に変わっていく。小さいコウモリが集団で飛んでいく。 いい季節。...
雁渡る 過ぎし一夜の なんとも浅し... 楽しかったあの一夜が、20年経っても忘れることのできない宝が、 あの人にとっては、つまらないというより、とるに足らない、思い出にもならないものだったなんて、 あたしはやっぱり馬鹿だ。...
簡 単 に 家 で 死 ぬ な ど 四 月 尽 かんたんに いえでしぬ など しがつじん 四月尽、春に吹くほこりっぽい不愉快な風。 家で死にたいとは、たしかに多くの人の願望です。 住み慣れた我が家で、温かい家族に囲まれて最後のときを迎えたい。 ご高齢の皆さんにお聞きすれば、ほとんどの方がそうおっしゃると思われます。 でも、ちょっと考えて...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください