鹿 児 島 産 え ん ど う 豆 を 炊 き 込 め り

かごしまさん えんどうまめを たきこめり

わたしは豆ご飯が大好きで、スーパーで見かけると、すぐにご飯に炊き込みます。
いまは鹿児島産ばかりです。
すでに豆だけ取り出してパックにした物もありますが、やっぱりみどり色の鞘から出すのが新鮮な気がします。
豆ご飯は、きらいな人も多く、豆をぬいて、白ご飯にして出しても、かならず見破られます。
豆独特の匂いがすると言います。
そしてそれが何より鼻について、きらいなのだそうです。
菜の花のお浸し、新わかめとたこときゅうりの和え物など、春の訪れは食卓からといった感じです。

この句も読まれています。

え つ を 食 う 柳 川 ま で の 各 駅 停 車... 柳川 / alberth2 えつは今頃の季節だけ、筑後川にだけ昇ってくる、魚だと聞きます。 骨の多い魚で、そんなにおいしいとは思わないのですが、年に一度電車で出かけてゆくのです。 筑後平野の風景や、いっぱいに水をたたえる堀の様子や、自然に育つ水辺の植物など見ながら、ことこと電車で行くのです。...
花済んで もろもろのこと 返りけり... 大騒ぎの花見前線も過ぎて、いつものこと、心配事は心配ことのまま、先行きの不安は不安のまま、花はなにひとつ助けてもくれず、散っていった。...
大 花 火 消 え ぬ 一 滴 湖 面 ま で おおはなび きえぬいってき こめんまで どんなに大きな打ち上げ花火でも、それなりの距離上がるので、火の粉が地面まで届くことはありません。 ただ場所が湖の浮島だからでしょうか。 最後の最後の火の一滴が、湖面に届いたように見えたのです。 錯覚かもしれません。 大花火は、夜空に、そして湖にくっきりと映...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です