鹿 児 島 産 え ん ど う 豆 を 炊 き 込 め り

かごしまさん えんどうまめを たきこめり

わたしは豆ご飯が大好きで、スーパーで見かけると、すぐにご飯に炊き込みます。
いまは鹿児島産ばかりです。
すでに豆だけ取り出してパックにした物もありますが、やっぱりみどり色の鞘から出すのが新鮮な気がします。
豆ご飯は、きらいな人も多く、豆をぬいて、白ご飯にして出しても、かならず見破られます。
豆独特の匂いがすると言います。
そしてそれが何より鼻について、きらいなのだそうです。
菜の花のお浸し、新わかめとたこときゅうりの和え物など、春の訪れは食卓からといった感じです。

この句も読まれています。

半 切 を 天 日 干 し し て 白 秋 忌 はんぎりを てんぴぼしして はくしゅうき はんぎりとは、大きめのタライのようなもので、木製です。 一人乗りで、クリークで、両手で漕ぎながら、菱の実をとります。 上手になるには、コツをマスターせねばならず、何度か堀に落ちて、学習するそうです。 菱の実は、見た目は地味で、菱型、栗から甘さをとった...
春日射し ラムネの瓶に 黄水仙 生け花は、花瓶と花のバランスが大事…などと言って、わたしに生け花の知識はない。 ただ、水仙の生け方は難しくて、平たい花器に、作法通りに始末した水仙をきっちり生けなければならないことは、以前池坊の展示会で聞いたことがある。 うちには花器などというものはないし、場所は玄関のほんの少しのスペースとトイレだ...
祭 り 笛 暗 渠 が 支 ゆ 商 店 街 まつりぶえ あんきょがささゆ しょうてんがい 水路に覆いやフタをして、上を生活の場として使えるようにしたアンキョは、あちらこちらそこここにあるようです。 こんなところもという具合です。 市内いちばんの、終戦直後から続く商店街も例外ではないこと、このごろ知りました。 生活の知恵でしょう。 下...
「大阪池田小大量殺人事件」の宅間守 【訂正】... 先日、佐木隆三著 「大阪池田小大量殺人事件」の読後感めいたものを書いたけれど、あまりに著者に引きずられた感が否めず、なんか自分の中で引っかかっていましたので、しばらく自分なりに考えて、訂正すべきは訂正したいと思ったわけです。 宅間自身の言葉 「素質、運、環境だけでは片付けようのない、故意に邪魔する...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください