鹿児島へ はつなつの風 新幹線

九州新幹線
九州新幹線 / Norio.NAKAYAMA

全線開通まで、ずいぶん時間がかかった。「さくら」こいつがこの顔で鹿児島まで行くんだ。平日の昼間だというのに結構な乗客。いい旅になるだろう。昨日から丸一日半鬱陶しい雨だった。ようやく上がった。五月晴れ。

この句も読まれています。

木 守 り に あ れ や こ れ や の 神 頼 み... きまもりに あれやこれやの かみだのみ 柿やユズを収穫する際、木のてっぺんにひとつ実を残しておきます。 来年もたくさん実がなるようにという、まじないのようなものです。 ついでにあれやこれやも願かけし、まったく欲深いものです。 まじないと言っても、実際には鳥が食べることが多いです。 鳥に実り...
朧 月 立 坑 跡 に 乗 り か か り おぼろづき たてこうあとに のりかかり 大牟田市近代化産業遺産、宮原坑立て坑跡。 はじめは官営三池炭坑として、その後三井に払い下げられ、日本の産業を牽引したとされています。 現在残る廃虚のような立て坑は、石炭産業の華やかなりし頃の面影は薄いものの、春の朧の月を載せ、穏やかにそこにあります。 その後...
渦 潮 に 利 休 鼠 を 探 し お り うずしおに りきゅうねずみを さがしおり 利休鼠。 茶人、千利休が好んだといわれる、深い緑色がかった灰色のことです。 北原白秋の「城ヶ島の雨」に唄われて、すっかり有名です。 渦潮は、ときにしぶきを上げ、潜り込み、その勢いの中さまざまな色を見せて飽きることがありません。 青、群青、紺そして利休鼠のこ...
天 狗 茸 切 れ た る 縁 (えにし) 一 ニ 本... そうしようと考えたわけでもなく、知らぬまに、いろいろな人と縁を結ぶものであるが、縁がないのか、切れた縁、切った縁の幾つか。 人は変わる。 自分も相手も。 人間関係ほどあてにならないものはない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です