鹿児島へ はつなつの風 新幹線

九州新幹線
九州新幹線 / Norio.NAKAYAMA

全線開通まで、ずいぶん時間がかかった。「さくら」こいつがこの顔で鹿児島まで行くんだ。平日の昼間だというのに結構な乗客。いい旅になるだろう。昨日から丸一日半鬱陶しい雨だった。ようやく上がった。五月晴れ。

この句も読まれています。

春 薄 暮 沼 に 水 輪 の 広 が る を はるはくぼ ぬまにみずわの ひろがるを 夕べの情緒は、秋がいちばんと聞くけれど、春の夕べも素晴らしいと思います。 景に川や湖、沼など水が入れば、その趣きはより増すような気がします。 沼には生き物がいるのか、幾重にも輪ができて広がっていくのを、もう少しで暮れきるなかで、ぼんやり見ています。...
激しゅうて 墓石洗う 秋の雨 長いあいだ降らなかったと思ったら、 この激しさはなんだろう。 天が破れたような雨は、あらゆるものを激しく叩き、 墓石までも洗い出す。...
清 流 も 濁 り ま た 良 し 春 の 鯉 せいりゅうも にごりまたよし はるのこい 寒い間は、池の鯉も、津和野や島原などの武家屋敷を流れる用水路にいる鯉も、凍えはせぬかと心配などしたものですが、このところの陽気で、気のせいかリラックスしたように、ゆうゆうとのびのびと泳ぎ回っているのを見ることができます。 清流もいいのでしょうが、底が見え...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください