首 吊 り の 足 を 引 っ 張 る 夾 竹 桃

くびつりの あしをひっぱる きょうちくとう

牛が食べたら死ぬと聞きました。

原爆の後の焼け野原、この先長く草木は生えないだろうと言われたところ、いちばんに花をつけた生命力旺盛ド厚かましい花、キョウチクトウ。

わたしには、幼いわたしを虐待し続けたママ母と重なって、どうしても好きになれません。

この夏も、炎暑をモノともせず咲き誇ることでしょう。

人間関係において、いろいろと積もり積もったところで、相手のこのひとことで、「あゝこの人とは終わった」と、なんというか、うまく言えないけれど、自分の心が終わりを宣言し、拒絶を決める瞬間があると思うことはありませんか。

言い方を変えますと、「これにて一件落着。もう考えない。」に近い感じでしょうか。

まともではない人間の言うことをまともに考える必要はない。

弱っている人に、更なる一撃を喰らわせるような人間が、この世にはごくたまにいるのです。

こちらが考えるほどの悪意があるわけではないのかもしれないけれど、その想像力の欠如は人間性の、呆れるほどのお粗末さでしょう。

関わらないこと。

この句も読まれています。

蛸 壺 の 傾 き 覗 く 梅 雨 の 月 たこつぼの かたむきのぞく つゆのつき 今はどんなものが使われているのか知らない。 もしかしたらプラスチック製かも。 むかしの蛸壺は焼き物で、それは重かった。 漁師さんたちは、さぞかし大変だっただろうと想像するけれど、その、焼き物であるがため、ひとつひとつが微妙に違っていて、わたしがもらった蛸壺は...
着 ぶ く れ し 毛 穴 の 見 ゆ る テ レ ビ な ど... きぶくれし けあなのみゆる てれびなど とてもキメの細かいテレビが発売され、話題になっているとか。 度々買い換えるものではなし、どうせ買い換えるなら、少しの負担増なら、この際いいものをと考えるのがふつうです。 となると、ほんの近い将来日本中のテレビが、毛穴の見えるテレビに代わることになります。 別...
石 蹴 り も 缶 蹴 り も な し か や つ り 草... いしけりも かんけりもなし かやつりそう 学校からの帰り道。 石や空き缶を見つけては交代で蹴りながら遊びながら、帰ったものです。 かやつり草は、今もそこここに健在ですけれど、穂先の一本一本を丸く外側にまとめて、傘を作って遊ぶ子などいるわけもない。 親も子も、みんな忙しい。...
花 八 手 厨 ( くりや ) 口 ま で 日 は 来 ず に... 北九州市戸畑にある、国指定重要文化財 旧松本家住宅(西日本工業倶楽部) の一般公開に、先日11月1日に行って来た。 何せ、一般公開は、一年にたった一日。 行きたくても、仕事があるので今まで行けなかった。 明治専門学校、今の九州工業大学の前身を創設しまた日本の産業界の重鎮であった、松本健次郎氏の邸宅だ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください