首 吊 り の 足 を 引 っ 張 る 夾 竹 桃

くびつりの あしをひっぱる きょうちくとう

牛が食べたら死ぬと聞きました。

原爆の後の焼け野原、この先長く草木は生えないだろうと言われたところ、いちばんに花をつけた生命力旺盛ド厚かましい花、キョウチクトウ。

わたしには、幼いわたしを虐待し続けたママ母と重なって、どうしても好きになれません。

この夏も、炎暑をモノともせず咲き誇ることでしょう。

人間関係において、いろいろと積もり積もったところで、相手のこのひとことで、「あゝこの人とは終わった」と、なんというか、うまく言えないけれど、自分の心が終わりを宣言し、拒絶を決める瞬間があると思うことはありませんか。

言い方を変えますと、「これにて一件落着。もう考えない。」に近い感じでしょうか。

まともではない人間の言うことをまともに考える必要はない。

弱っている人に、更なる一撃を喰らわせるような人間が、この世にはごくたまにいるのです。

こちらが考えるほどの悪意があるわけではないのかもしれないけれど、その想像力の欠如は人間性の、呆れるほどのお粗末さでしょう。

関わらないこと。

この句も読まれています。

キ ャ ッ チ ャ ー の 空 振 り 涙 目 年 の 玉... UFOキャッチャー、これがなかなか難しい。 スーパーのゲームコーナーは、貰ったばかりのお年玉を握りしめて挑戦する子どもらで溢れている。 コツというものもあるのだろうけれど、どの子もうまくいかない様子。 中には、係のお姉さんに泣きつくちゃっかり坊主まで出現し大賑わいである。...
山 笑 ふ ク レ ー ム つ か ず 特 養 の 床 屋... あれはなに、オバQカット? こちらは刈り上げ金正恩スタイル? 老人ホームの出張理髪店。 誰も文句を言わない。こんなに可笑しいのに。 ぜんぜん似合ってないのに。...
巻き固き 蕾あやめの 深紫(ふかむらさき) ... あやめは大好きな花です。花びらの大きい菖蒲や、淡い紫の杜若(かきつばた)や、アイリスではない、正真正銘のあやめに限ります。細くしゃきっと立った葉っぱの中に、固く巻いた尖った濃い濃い紫の蕾がある様子は心が躍る心地です。一年のうちわずか十日ほどの花の時季ですが、あ~夏が来ると実感します。...
四 温 来 し た び 三 寒 を 忘 れ お り... しおんこし たびさんかんを わすれおり 三寒四温、これを繰り返しながら春へと近づいていくと聞いてはいるのですが、毎年体験しているのに、さむいさむいと凍えているものだから、ちょっと寒さが緩むと、ああこれで春になると、寒さがぶり返すことを、寒の戻りがあることを、つい忘れてしまうのです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください