首 吊 り の 足 を 引 っ 張 る 夾 竹 桃

くびつりの あしをひっぱる きょうちくとう

牛が食べたら死ぬと聞きました。

原爆の後の焼け野原、この先長く草木は生えないだろうと言われたところ、いちばんに花をつけた生命力旺盛ド厚かましい花、キョウチクトウ。

わたしには、幼いわたしを虐待し続けたママ母と重なって、どうしても好きになれません。

この夏も、炎暑をモノともせず咲き誇ることでしょう。

人間関係において、いろいろと積もり積もったところで、このひとことで、「あゝこの人とは終わった」と、なんというか、うまく言えないけれど、自分の心が終わりを宣言し、拒絶を決める瞬間があると思うことはありませんか。

言い方を変えますと、「これにて一件落着。もう考えない。」に近い感じでしょうか。

まともではない人間の言うことをまともに考える必要はない。

弱っている人に、更なる一撃を喰らわせるような人間が、この世にはごくたまにいるのです。

こちらが考えるほどの悪意があるわけではないのかもしれないけれど、その想像力の欠如は人間性の、呆れるほどのお粗末さでしょう。

関わらないこと。

この句も読まれています。

長 梅 雨 に 売 家 の 札 も 滲 み け り... もうずいぶん長いこと「 売り家 」の木札が下がっている。 家というものは、人が住まなくなると、途端に歳をとる。 急に痛み出す感じがする。 アクセスは、そう悪くないのに、このお化け屋敷が災いして、 売れないのだろうか。 いっそ徹底的に古ければ、壊せばいい話だが、微妙なところか。 当然、庭木も伸び放題。...
踏 青 や 遠 足 解 散 吉 野 ヶ 里 とうせいや えんそくかいさん よしのがり 春、草が芽生えた野に遊ぶこととのことです。 もともとは古代中国の行事だそう。 春の野遊びです。 整列していた子供らが、吉野ヶ里の歴史公園で、一斉に解き放たれ、お弁当を食べたり、自由に遊ぶ時間です。...
欄 干 に 凭 れ て ( もたれて ) 土 筆 の 袴 取 り... 小さな川の土手を歩くと、もういたるところに土筆が顔を出していました。 顔を出しているというより、大きく育っていて、中には15センチはあろうかというものまで。 土手の下の方までいっぱいで、なるべく人の通らない所で、摘んで来ました。 10年ぶりくらいで、土筆のおひたしにしました。...
小春日に 一点の影なし 四畳半 もう12月だというのに、秋晴れのような空、暖かい日差し。狭い四畳半には光が溢れ、真冬だというのに、日焼けしそう。干せるだけの布団を干して、お日様の臭いのなかで寝るとしよう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください