首 吊 り の 足 を 引 っ 張 る 夾 竹 桃

くびつりの あしをひっぱる きょうちくとう

牛が食べたら死ぬと聞きました。

原爆の後の焼け野原、この先長く草木は生えないだろうと言われたところ、いちばんに花をつけた生命力旺盛ド厚かましい花、キョウチクトウ。

わたしには、幼いわたしを虐待し続けたママ母と重なって、どうしても好きになれません。

この夏も、炎暑をモノともせず咲き誇ることでしょう。

人間関係において、いろいろと積もり積もったところで、相手のこのひとことで、「あゝこの人とは終わった」と、なんというか、うまく言えないけれど、自分の心が終わりを宣言し、拒絶を決める瞬間があると思うことはありませんか。

言い方を変えますと、「これにて一件落着。もう考えない。」に近い感じでしょうか。

まともではない人間の言うことをまともに考える必要はない。

弱っている人に、更なる一撃を喰らわせるような人間が、この世にはごくたまにいるのです。

こちらが考えるほどの悪意があるわけではないのかもしれないけれど、その想像力の欠如は人間性の、呆れるほどのお粗末さでしょう。

関わらないこと。

この句も読まれています。

汗拭い(ぬぐい) 恋愛線を 確かめる 遠いむかし、人相見のおばさんに「失礼だけど、ご両親揃ってらっしゃる?」って聞かれて、 当時わたしは、両親が離別し、若い継母に毎日叩かれていて、 その時以来人相占いは当たると思っている。 手相も当たるのかもしれないという気もしている。...
寒の鯉 身じろぎもせず 今日を遣る(やる)... ただ今日をやり過ごすこと、それだけ。 大きな体、川べりの草むらにじっとしている。 風格さえ感じる。
観賞用 洗いの鯉の 運命(さだめ)かな... 同じ店に買われて、山の湧き水を引いた池に泳ぐ、観賞用の鯉と、料理される鯉に、どれほどの違いがあろうか。 特に色が綺麗なわけでもなく。 人間とおんなじ。 人の努力とは違う次元で、運命は決まる。...
亀 鳴 き て 負 け て 勝 つ こ と 覚 え た り... かめなきて まけてかつこと おぼえたり 腹の立つことは、あれこれあるけれど、言い負かせば勝ちではない。 心静かに考えれば、相手にも何らかの事情があったんじゃあないかとか、余裕がないのじゃないか、怒りに燃えていたアタマも冷えて、息がつけるというもの。 ママ母も、あの高飛車な妹も、それなりにいろいろあ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください