首 な し の 地 蔵 の 泪 花 の 雨

くびなしの じぞうのなみだ はなのあめ

宝珠山岩屋には、多くの仏像が各所にあったそうです。
信心深い土地柄だったと聞きますが、廃仏毀釈の広がりで、仏像の多くは谷底に投げ捨てられたりしたそうです。
村民によって、拾い上げられた153体の石像には、ほとんど首がなかったため、首のない地蔵が祀られています。

この句も読まれています。

盆 波 の 寄 せ 来 る 浜 に 立 ち 居 た り... ぼんなみの よせくるはまに たちいたり 盆に寄せる波は、亡くなったあの人この人を想い出させます。 もっと話せばよかった。 忙しさにかまけて、そのうちそのうちと思っているうちに、病を得て、そうなるともう自然ではいられなくなります。 顔色を見ながら、言葉を選びながら、本音で話すことは出来なくなり...
凌 霄 (のうぜん) や 盛 り の 朝 に 人 の 逝 く... ノウゼンカズラ / zamojojo ノウゼンカズラの勢いには気圧される。 夏の盛りに、勢いよく立ち昇り、昇り きって空を掴むと、なだれ落ちる。 今日も暑くなるだろう。 こんな朝に、あの人は逝った。こんな 朝に。...
烏 賊 干 し や す っ 飛 ぶ ほ ど に ぶ ん 回 し... いかほすや すっとぶほどに ぶんまわし 呼子の海岸通り。 スルメは、イヤというほど引っ張られ、洗濯物のようにサオに通され、あれはあれで、スゴく気の毒だけれど、 一夜干しの方は、 昔はやったタコ足と呼ばれた、プラスチック物干しのようなものに、一枚一枚固定され、電気仕掛けの装置で、ものすごい勢いで、遠...
秋 始 む 盆 の 踊 り の 空 寒 し 夏祭り Summer Festival / Yuya Sekiguchi 今ごろ祭り。何年か前までは 夏に、花火大会付きで行われ ていたものが、よその事故の 影響なのか、単に予算不足な のか、この10月の半ばを過 ぎて行われるようになり、と ても安全な、モチベーション の低いつまらない祭りに変貌 し...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください