飲み過ぎた 見上げれば月 暮れの春

春の夕暮れに誘われて、一杯飲んで、帰り道。
下弦の月は、くっきりと、どこからともなく
ジャスミンの重ったるい香り、ああいい季節だと思う。

この句も読まれています。

熱うかれ 布団かぶりて 春の風邪 何で今頃風邪をひくのだろう。機構もよくなり、世間は花見。昼間暖かいのに、朝夕ひえるからだろうか。情けないこともう6日も寝たり起きたり。大好きな水仙の春の香りを吸い込もうにも、鼻づまり。あしたは元気になりたい。...
雄 を 喰 む 音 聴 き た し や 霜 夜 酒... オスをはむ おとききたしや しもよざけ カマキリは、枯れ枝のような色になると、メスがオスを食べます。 共喰いと言いますが、オスがメスを食べることはないとのことです。 必ずメスが、オスを食べるのです。 だからおもしろいといえば、とてもおもしろい。 肉が付いてないのですから、血も出ない。 決...
若樹(わかぎ)なれ 大樹の予感 若紅葉... maple tea / "KIUKO" 紅葉の木の下に、子供の紅葉を見つけて、植木鉢に生けておいた。何も手を加えないのに、春になれば生長して、いっぱしの紅葉となる。枝振りもそれなりに趣がある。便利な樹だ。日に日に葉はしっかりし、縁取りの紅い色ももう消えかけている。...
幸せを したため年賀の 嘘八百 wわたしは毎年、特別な年賀状を一通だけ書く。その一通のために、文章を考え、図案を考え、パソコンと奮闘し、もうよれよれに疲れる。幼児虐待して育ててくれた継母に、思いつく限りの幸せを享受しているかのごとき、嘘八百の{幸せ年賀状}写真つき。きっと完全に信じていると思う。恨み言を書き綴るより、よっぽどへこむ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください