飲み過ぎた 見上げれば月 暮れの春

春の夕暮れに誘われて、一杯飲んで、帰り道。
下弦の月は、くっきりと、どこからともなく
ジャスミンの重ったるい香り、ああいい季節だと思う。

この句も読まれています。

満天の 星を見てみよ 虎落笛(もがりぶえ)... 目の前の有り様や、行き詰まったすぐそこの未来ばかりを 見ずに、ちょっとうえを見てご覧よ。 満天の星空。少し深い息をして、一歩引いてちょっと立ち止まってみよう。 景色が変わるかもしれない。渦の中にいると、いろいろ見えなくなることも あるから。...
薫風に 自動車の窓 開けて行く 暖房、冷房入れずに走られる季節の少ないこと。昔、自動車にクーラーがなかった時代は長 かった。今はとんでもないこと。一年のうちのほんの数日のこと。...
水 換 へ は 汲 み 置 き て の ち 金 魚 玉... みずかえは くみおきてのち きんぎょだまむかしの人は、金魚を360度見えるようにと、まんまるいガラスの器に入れ、吊り下げて楽しんだといいます。今ではなかなか見ることがないのですが、青い縁取りのガラスに入った金魚がイキイキと泳いでいるのを見るのは、うれしいことです。四角い水槽で、酸素ぶくぶくは、金魚的...
そのときに 言えばよかりに 凍りつく... 職場で、月に一度のミーティングが、ありました。 「こういうやり方をしてる人がいました。 気をつけるように」 あたしのことです。 良かれと思ってしたことが、ミスだったのです。 なるほどと、反省します。 でも、なんでそのときいっしょにいたくせに、 言ってくれなかったの。 みんなの前で言うのも、大事だろう...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください