風 誘 ふ あ や め の 蕾 弛 び あ り

かぜさそう あやめのつぼみ ゆるびあり

五月の風を受け、硬く硬く巻かれたアヤメのつぼみが、少しずつながらゆるんできました。

あやめはつぼみもきりっと美しく、咲いた姿も凛として、見飽きることのない美しい花です。

あの濃い濃いムラサキが、ショウブやアイリスには見られない風格をかもし出します。

ただ一年のうち一週間ほどしか見られないのが残念です。

テッセンなどは、改良され、四季咲きもあるようです。

一年中見られないからいいのかもしれません。

この句も読まれています。

コーラ瓶 淡い緑の 冬日さす 昔のコーラの瓶が好きです。 格好もいいけど、何といっても、あの淡い緑色の瓶に すじが入ったところ、白い細いコカ・コーラの筆記体の 文字。 冬の冷たい日差しによく似合う。 テレビの横に、置き忘れたように、置いています。...
宋 銭 の 見 つ か り し 浜 秋 の 浪 そうせんの みつかりしはま あきのなみ ほんとに宋銭だったのか。 聞いた話だから、少々信ぴょう性に欠ける気がしています。 宋銭だと言い切るからには、その道の人にみてもらったのかもしれません。 波の音は、確かに秋のそれに変わったようです。 寄せる波は、長く長く浜の方までやって来て、気のせいか、しばら...
竹 切 っ て 五 百 羅 漢 に 風 渡 る 500 Arhats / 五百羅漢(ごひゃくらかん) / TANAKA Juuyoh (田中十洋) 竹山は、切らずにおくと荒れてしまうという。 切って、枝を払い、下草を刈って手入れをしないといけないらしい。 此処には、小さな羅漢がさまざまな顔で、なかには頸のないのもあるが、かしこまって並んでいる。...
灯のともる までの見守り 蛍袋 ホタルブクロ / suneko 日が長い。夕餉のときが来たのか。ぽつぽつと家々に灯がともる。みんなお帰り。蛍袋はいつもうつむいて、その膨らんだ体いっぱいやさしさが詰まっているような気がする。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください