風 誘 ふ あ や め の 蕾 弛 び あ り

かぜさそう あやめのつぼみ ゆるびあり

五月の風を受け、硬く硬く巻かれたアヤメのつぼみが、少しずつながらゆるんできました。

あやめはつぼみもきりっと美しく、咲いた姿も凛として、見飽きることのない美しい花です。

あの濃い濃いムラサキが、ショウブやアイリスには見られない風格をかもし出します。

ただ一年のうち一週間ほどしか見られないのが残念です。

テッセンなどは、改良され、四季咲きもあるようです。

一年中見られないからいいのかもしれません。

この句も読まれています。

運 不 運 ど ち ら も あ り て 寒 卵 毎年、毎月、そして毎日「 今日はついてる」と思ったり、その反対だったり。 いいときは慎重に、悪いときはテキトーに。 あしたになれば、あしたの風。 3 Brown Boiled Chicken Eggs / epSos.de...
雲 垂 れ て 枇 把 の 黄 空 に 色 を 投 げ... 梅雨の長雨、いつやむともなく一日中降り続く。 黒い雲は、限界まで下に低く降りてきて、何処までが日常の空間か、 何処から雲か区別がつかない。 枇杷は熟れて、あのオレンジがかったビワ色が、暗い空に色を投げかけている。 雨はしょうしょうと降り続く。...
山 藤 で な け れ ば な ら ぬ 生 く る た め... やまふじで なければならぬ なかぬよに 藤の名所といわれるところ、大きな藤棚が組んであり、その上を這う藤の木から長い房が落ちる。 その長さを競い、藤の花目当ての観光客が集まります。 山の藤は、他の樹々に寄りかかりながら、自力で上を上を目指します。 そしてあちこち引っかかりながら、濃い紫の花が地面に...
子 蟷 螂 (とうろう) 草 野 に 出 で て 右 左... かまきりの赤ちゃんは、今ごろたまごからかえると知った。 あの怖ろしげな、鎌を振り上げた大かまきりからは想像もつかないくらい、可愛らしい。 つくりはおとなと同じで、三角の顔、目、そして体のわりには立派な鎌も備わっているが、なにせ小さい。 3センチあるかないか。 秋の草原を、どうしていいか、右往左往して...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください