風 誘 ふ あ や め の 蕾 弛 び あ り

かぜさそう あやめのつぼみ ゆるびあり

五月の風を受け、硬く硬く巻かれたアヤメのつぼみが、少しずつながらゆるんできました。

あやめはつぼみもきりっと美しく、咲いた姿も凛として、見飽きることのない美しい花です。

あの濃い濃いムラサキが、ショウブやアイリスには見られない風格をかもし出します。

ただ一年のうち一週間ほどしか見られないのが残念です。

テッセンなどは、改良され、四季咲きもあるようです。

一年中見られないからいいのかもしれません。

この句も読まれています。

救われて 五月の雨の 激しさに まるで滝つぼにはまったようyな雨が降り続いた。山を洗い、あたしのきらいなつつじの花を落とし、黄砂に汚れた街を洗い流し、ついでにストレスまみれのこのどうしようもない、どこへ持って行きようもない重苦しい気持ちも、ほんの一瞬さわやかにしてくれたような気がする。...
行楽の 日和続いて 疲れおり どこに行楽に行くでもないが、暑い日差しだけでも疲れるものだ。 仕事はまだ見つからない。求人がない。落ち着かないというより、落ち込む。 こんな時、人はどうやって過ごし、どんな風に考えるのかしら。みんな強いなあ。へこんでるのは私だけか。 真梨幸子の小説を読んだ。【殺人鬼フジコの衝動】【孤虫症】他にもいく...
悲しみは 重なりて来る 虎落笛 不思議なことに、苦しみや悲しみは重なって襲ってくる。これでもかこれでもかと。もう息ができないほど。
薪 を 足 す 引 き 戻 さ れ し 花 篝 まきをたす ひきもどされし はなかがり 夜桜の美しさを引き立たせるために、花の下に置くかがり火のことです。 そのしつらえがぎょうぎょうしいと、かえって興を失いますが、ほどほどに揺れる闇には幽玄の気が漂います。 当節は、ライトアップで花全体を見せるところが多いけれど、薪を足すたびに火の粉が舞い上がり...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です