風 誘 ふ あ や め の 蕾 弛 び あ り

かぜさそう あやめのつぼみ ゆるびあり

五月の風を受け、硬く硬く巻かれたアヤメのつぼみが、少しずつながらゆるんできました。

あやめはつぼみもきりっと美しく、咲いた姿も凛として、見飽きることのない美しい花です。

あの濃い濃いムラサキが、ショウブやアイリスには見られない風格をかもし出します。

ただ一年のうち一週間ほどしか見られないのが残念です。

テッセンなどは、改良され、四季咲きもあるようです。

一年中見られないからいいのかもしれません。

この句も読まれています。

滝つぼに 沈んでしまえ この恥さらし... とんでもない人にとんでもないことを告白してしまった。 愚か者め でもあんまり後悔していない。 自爆だけどさ...
水 盤 に ま ず は 丸 い 葉 石 蕗 (つわ) の 花... Tsuwabuki / ototadana つわぶきの花、あざやかな黄色、素直な単純な形のいい花。葉は、丸い形で、とても魅力的で、花瓶に挿すときも、花器に活けるときも、この葉を使わない手はない。艶のあるきれいな緑色をしている。...
夏暮れの 長きにあれこれ とめどなく ... 日の暮れるまでの長いこと。暑い日差しが過ぎてからの時間は、至福の時です。早めのお風呂、早めのビール。なんか得した気分です。あれこれととめどもないことをくらりくらりと思いながら、冷えたビールを飲むだけですが。最近少しだけ休むことがうまくなりました。とりあえず休憩です。...
稲 妻 や コ ン ビ ナ ー ト に 突 き 刺 せ り... いなづまや こんびなーとに つきさせり 遠く、水島コンビナート、海岸を壊し、埋め立て、横一列に並んだように見える工場群。 にわかに空はかき曇り、容赦ない雷鳴と稲妻が、ほぼ同時に。 こんなことではビクともしないけれど、映画を見ているようで、飽きない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください