霜 月 の 我 が も の と せ り 満 々 月

しもつきの わがものとせり ままんげつ

天体のこと、さっぱりわからないのですが、今年の11月14日の月は、満月の中でも特に大きかったとか。
理屈は、いろいろ聞いたけれど、よくわからなかった。
ただ月は、それぞれの人のもの。
自分のために輝いていると確信します。

この句も読まれています。

青光り 白光りして 秋刀魚焼く 生きのいいサンマは、てらてらに光って、美味しそう。 じゅうじゅうと音を立てて、煙をあげて焼かれる。
大地には 芽吹きの音す 雪の舞う 蔦、梅、かえで、木の名前はあまり知らないが、 春が近づいているのは、わかる。 来月になれば、「つぼみも大きくふくらんで、」と なるだろうきざしが、あっちこっちにすこうしずつ。 なのに、もう、人間関係につまずいている。 今年はどうなるのか、一年中つまずきっぱなしなのかな。 それも二箇所で、つまずいた。...
初夢に 忘れたはずの 顔を見る 呆れるような初夢を見た。 内容もびっくりなら、出てくる人も今どうしているか。 過ぎ去った人生の遠いところで出逢った人。 数限りない人と出逢って別れて、でも印象に残る人はほんのひとにぎり。 なんかしょうもないような‥‥気もするが。...
七 十 も 働 け 蝙 蝠 笑 ひ お り しちじゅうも はたらけこうもり わらいおり 年金が足りないらしい。 65からはもらえなくなるらしい。 70まで働けと。 団塊の世代は、働いているうちはよかったものの、退職と同時にお荷物と化した。 この先、老人ホームも特養もというより、そもそも介護保険も医療も団塊に占領され、アタシらは入る施...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください