霙(みぞれ)降る 師走の駅の せわしなく

何が変わるわけでもないのに、人の流れの忙しさ。
今年ももう終わる。
世の中は忙しいのたろう。
何も変わらず、年の暮れのプータロー
iPhoneからの投稿

この句も読まれています。

梅 雨 の 夢 昔 の 些 末 浮 か び 消 え... なぜか梅雨の頃はおかしな夢をみる。 リアルな場所で、けっこう変な状態にいつもなっている。 うれしいことは、あまりない。 目が覚めたとき、何故かいつも疲れている。 そして目が覚めてからも、暫くは覚えている。 目が覚めた途端に忘れることも多いのだけど、この時期の夢だけはそうではない。 湿度が高いせいか。...
居るとこが ちがう気がして 春日傘(はるひがさ)... 汗ばむような暑い日が続く。五月晴れなんてさわやかなものでもない。仕事というのは、中に入ってみないとわからないことばかり。驚いたことに、一番永い人でも、一年に満たない。なんだろう。わたしは落ち着きたいのです。ここというところに骨を埋める覚悟で働きたいのです。でもなんかちがうのです。根性がないほうではな...
半 切 を 天 日 干 し し て 白 秋 忌 はんぎりを てんぴぼしして はくしゅうき はんぎりとは、大きめのタライのようなもので、木製です。 一人乗りで、クリークで、両手で漕ぎながら、菱の実をとります。 上手になるには、コツをマスターせねばならず、何度か堀に落ちて、学習するそうです。 菱の実は、見た目は地味で、菱型、栗から甘さをとった...
一 日 の 晴 れ で は 木 下 (こした) 湿 る ま ま... Droplets after rain / Takashi(aes256) あれだけ降ったあとだ。 気が早くて、もう布団を干してる家もあるけど、まだ早かろう。 土はじっくりと濡れ、浸み込み、川の流れも何も変わらない。 樹々は乾いているように見えるが、大樹の根元は、地面はおろか、木の皮も乾いてはいな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください