霙(みぞれ)降る 師走の駅の せわしなく

何が変わるわけでもないのに、人の流れの忙しさ。
今年ももう終わる。
世の中は忙しいのたろう。
何も変わらず、年の暮れのプータロー
iPhoneからの投稿

この句も読まれています。

忘 れ よ う 水 枯 る 夜 の 果 て の 夢... 夢というのは不思議なもので、登場人物は実在 もしくは既に逝った人たち。 知らない人ではない。 話は、脈絡があったりなかったり。 思い出したくないことや、今さら言ってもしょうがないことも。 起こるはずもない夢のような楽しいことも、平気で起こる。 今さらあるわけないじゃないの。 今さら逢えるわけないじゃ...
新米を とぎとぎ思う 人の裏 まず新米、私が食べているのはスーパーのしんまい。おそらく透明感溢れる米粒のはずなのに、なぜか白い米粒が多い。まあ、それはいいとして、人は米を研ぐとき、あまりいいことは考えないものらしい。映画「あくにん」では、妻夫木演じる孫が犯人として追い詰められる場面で、祖母のキキキリンが、米を研ぐシーンがある。た...
木の芽和え 料理の講釈 長きこと... 出てきたお料理に、説明をしていただくのは、ありがたいのですが、まあ長々と。 熱いものは、冷めてしまう。 料理の次は、店に来た有名人の自慢話。 終わらない。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
廃 線 の 決 ま る 鉄 路 に は や 芒 はいせんの きまるてつろに はやすすき 日田彦山線。 単線です。 無人駅もいくつもありました。 沿線は、何の変哲も無い、小さな工場や、小さな家々ばかり。 ただ無人駅のそばには、有名な湧き水が溢れ、そこだけ賑わっているかんじでした。 こんな鉄道があるんだと思いながら、乗ったのは半年ほど前、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です