霙(みぞれ)降る 師走の駅の せわしなく

何が変わるわけでもないのに、人の流れの忙しさ。
今年ももう終わる。
世の中は忙しいのたろう。
何も変わらず、年の暮れのプータロー
iPhoneからの投稿

この句も読まれています。

刺繍 のこと ししゅうにはいろいろ種類があります。 フランス刺繍、スウエーデン刺繍、日本刺繍、クロスステッチ、刺し子、他にもたくさんあるのでしょうが、わたしが知っているのはこんなものです。 わたしは、がま口のサイフや化粧ポーチ、印鑑ケースなどをネットで出品して、わずかばかりの報酬をいただいているのですが、材料...
鬱(うつ)として 坊さんの本買う 夏来たる... わたしの職場では、一番経験が浅いのはわたし。一番年上もわたし。したがって、理不尽な思いをすることがとても多い。逆らえないから我慢する。そんな言い方があるかと思うことも度々。なんか自分をおさめるために、本を買ってしまった。小池って坊さんが書いた「しない生活」。ベストセラーだけあって、なかなかいいこ...
延 々 と 米 研 ぐ 夢 や 時 雨 る る 夜... えんえんと こめとぐゆめや しぐるるよ わたしは、一年中どんな天候でも、ほんの少し窓を開けて寝る癖があります。 閉め切っていると息が詰まる気がするのです。 そのせいで、外の音がよく聞こえるからかもしれません。 米を研ぐ音、時雨の音。 夢はよくみます。 とくに悪夢というものはありません。 ほとんどは...
紫の 濃いところあり 春の闇 うらうらとした空気が、そのまま暮れていく春の夕暮れ。 濃い紫、薄い紫が漂っているようです。 冴え切った冬とはちがう、春の宵です。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください