雨の月 拙きピアノで 後を追う

雲にかかりかかりして頼りない月を、もっと頼りないピアノで
一緒に歩く気分

この句も読まれています。

百足除け 家の回りに ぐるり撒く 田舎は百足がたくさん。 なぜか家の中に這って来る。
蕗の薹(ふきのとう) 山の目覚めの 確かなる... 山は今、冬の眠りから覚めようとしている。 ふきのとうがその証拠。大地にへばりつく ようなその姿を見ることは喜びで、これは 滅多にないこと。宝探しのようなもの。な んかいいことあるかもしれない。...
黄落(こうらく)の 天も地までも 独り占め... 銀杏並木が色付いて、はらはらと落ちる。 数枚の葉は、アスファルトの道路をからからと転げる。 黄落の絨毯を、空を見ながら歩く。 見渡すとひとり。 この贅沢はどうだろう。 クリスマスよりずっと素敵です。...
天高く ストレスに痩せ ストレスに太り... 辞めるのはエネルギーを使う。ヘトヘトになって、がたがた音を立てるように痩せた。辞めてからは、少しもゆっくりできず、不安で今度はたちまちウエストがきつくなった。まったく情けない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です