陽 炎 の 人 影 ど こ ま で も 白 く

かげろうの ひとかげどこ までもしろく

急に真夏日になりました。

暑さを避けてか、道路はいつもより混雑しています。

アスファルトの、遠く遠くにゆらゆらとかげろうでしょうか。

人影らしきものも映るのですが、もやもやとどこまでもはっきりとはせず、近づけば遠くに、近づけば遠くに逃げてゆきます。

夏の風物詩ではあるのでしょうが、今からこれでは、真夏が思いやられます。

この句も読まれています。

愛された 時もあったか ほととぎす... ほととぎすという花は、なんだろう。 密かに強く、あの秘めた美しさは、なんだろう。わすれてしまった情熱を、炭火のように蓄える。 たぶん忘れたほうが幸せ、忘れたほうが楽。 iPhoneからの投稿...
夏 の 果 て 鉄 路 も 駅 も 高 上 が り... なつのはて てつろもえきも たかあがり もう十年越しの計画です。 朝夕のラッシュ時に遮断機が下りっぱなしで、クルマが通れない状態が長く続いているから、その解消のために、高架にすることが計画されました。 目の前の光景が変わり出すまで、その進捗状況をあまり気に留めなかったのに、 いざ家の前の細い...
憂きことは 秋空いっぱい ふくらんで... 心配事は雪だるま、しだいにしだいに転がって、心はいっぱいになる。どこかで歯止めをかけなければ、これ以上膨らまないように。たいていは、なるようになるしかない。心配してもしょうがない。...
紫蘇洗う 紅き色染む 気持ちして 赤紫蘇を洗う。そのままでは何ともないのに、何だか色が染まりそうな紅い色、思わず用心して、自分の手なんか見てしまう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください