陽 炎 の 人 影 ど こ ま で も 白 く

かげろうの ひとかげどこ までもしろく

急に真夏日になりました。

暑さを避けてか、道路はいつもより混雑しています。

アスファルトの、遠く遠くにゆらゆらとかげろうでしょうか。

人影らしきものも映るのですが、もやもやとどこまでもはっきりとはせず、近づけば遠くに、近づけば遠くに逃げてゆきます。

夏の風物詩ではあるのでしょうが、今からこれでは、真夏が思いやられます。

この句も読まれています。

トケイソウ くるりくるりと 今はここ... なんともユーモラスなトケイソウの花が盛りです。 わたしは今ここ。 人生のこの場所は意外と心地よいのかもしれない。 肝心なのは、欲を出さないこと。ほどほどで満足する。 時給は、目が点になるほど、安いけど、態度のでかい看護師はいるけど、(昔から、なぜか看護師に天敵がいる)、 なんとなく続けていけそうな気...
そこに居り 庭師の休憩 天道虫 思わぬところで、テントウムシに出会う。 サイドミラーを開くとき、そこにいた。 ニセモノの観葉植物の葉の先で見た。...
紫陽花の 一雨の色 映したり 紫陽花_R0010784 / hirosakurai 雨が降れば紫陽花がひときわ。葉の先まで、小さな花のひとつひとつそれぞれにかがやく。雨が降れば、その雨色に染まる。...
生きてもう 逢うこともなく 冬もみじ... 縁があって、出会ったであろう人と別れるのは、つらい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください