陶 器 市 白 磁 に 若 葉 映 り 込 み

とうきいち はくじにわかば うつりこみ

有田陶器市が、天候にも恵まれ盛況の中終わりを迎えたと聞きます。

陶器自体が、昔からの「これぞ有田焼き」とはちがう

新しさがそこここに見られ、若い層にも浸透していることがうかがい知れる感じです。

ただ、陶器市以外の日、一年の360日の有田は、通りにひとっこひとりいないと言っても過言ではないほどの寂れぶりで、この先もっと普通に人気が出ればいいと思います。

有田は山のふもとに位置し、少し上がれば、鯉料理の専門店があり、青葉の中で、新鮮な鯉の洗いが食べられて幸せです。

この句も読まれています。

首 吊 り の 足 を 引 っ 張 る 夾 竹 桃... くびつりの あしをひっぱる きょうちくとう 牛が食べたら死ぬと聞きました。 原爆の後の焼け野原、この先長く草木は生えないだろうと言われたところ、いちばんに花をつけた生命力旺盛ド厚かましい花、キョウチクトウ。 わたしには、幼いわたしを虐待し続けたママ母と重なって、どうしても好きになれません。 ...
受 け 売 り は お や め 夏 ば て 酷 う な る... うけうりは おやめなつばて ひどうなる 息するのもたいへんな酷暑です。 今朝のワイドショーで知った情報をまことしやかに喋らないで。 わたしも見た。 黙って前へ進みなさい。...
新酒会 酒かす下げて 帰り道 仕事決まらないのに、誘われれば出て行く元気は残っているのか、確認した。秋の新酒会は、あまり盛大ではなく、樽酒味見して、奈良漬けと酒かす買って、秋の気配の中ふらふら歩いて帰って来た。...
こ ざ こ ざ と 片 付 か ぬ こ と 芒 種 か な... こざこざと かたづかぬこと ぼうしゅかな 「芒」ボウとは、イネ科の植物の花の外殻に見られる針状の突起のことらしいです。 それらの穀物を植える時季が来たということのようです。 これから長い農作業が始まります。 梅雨になり、田植え。 つぎは、炎天。 空梅雨でなければいいが。 災害の出るほど降らな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください