陶 器 市 白 磁 に 若 葉 映 り 込 み

とうきいち はくじにわかば うつりこみ

有田陶器市が、天候にも恵まれ盛況の中終わりを迎えたと聞きます。

陶器自体が、昔からの「これぞ有田焼き」とはちがう

新しさがそこここに見られ、若い層にも浸透していることがうかがい知れる感じです。

ただ、陶器市以外の日、一年の360日の有田は、通りにひとっこひとりいないと言っても過言ではないほどの寂れぶりで、この先もっと普通に人気が出ればいいと思います。

有田は山のふもとに位置し、少し上がれば、鯉料理の専門店があり、青葉の中で、新鮮な鯉の洗いが食べられて幸せです。

この句も読まれています。

はしごして 田植うる今日の 予定なり... 過密スケジュールか。一枚を植え終わって、少しの休憩。また次の田へと、機械も人も動く。雲は低く、それほど暑くはないけれど、たいへんな重労働。いろいろな都合があって、今日終わらせなければならないのだろう。頑張れみんな。...
空き家(いえ)に 風通しおり 夏果てぬ... 老人ホームに移った人の家に、風を通した。 秋の風だった。
沈 下 橋 つ つ つ と 下 り て 浅 き 春... 沈下橋とは、概ね河川敷と同じくらいの高さに作ってあり、ふつうの状態では橋として使えるものの、増水時には水面下に沈んでしまう橋のことです。 低い位置に作るので、廉価で早くできるというメリットがありますが、増水時には橋として機能しなくなるという欠点を併せ持ちます。 橋の両岸で高低差があるときは、一方が通...
忘 れ た き は 片 っ 端 か ら 喰 へ 蝗... わすれたきは かたっぱしから くえいなご 世の中は、人生は思うように行かない。 ふっと気がつくと、山すそにキリが降りるように、小さな不安が際限もなく広がってしまっていたり、同窓会では、私のせいではないことでそしりを受けたり、それが今ごろ耳に入ったり、もう面倒くさいことばかり。 だったら誰とも付...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です