陶 器 市 白 磁 に 若 葉 映 り 込 み

とうきいち はくじにわかば うつりこみ

有田陶器市が、天候にも恵まれ盛況の中終わりを迎えたと聞きます。

陶器自体が、昔からの「これぞ有田焼き」とはちがう

新しさがそこここに見られ、若い層にも浸透していることがうかがい知れる感じです。

ただ、陶器市以外の日、一年の360日の有田は、通りにひとっこひとりいないと言っても過言ではないほどの寂れぶりで、この先もっと普通に人気が出ればいいと思います。

有田は山のふもとに位置し、少し上がれば、鯉料理の専門店があり、青葉の中で、新鮮な鯉の洗いが食べられて幸せです。

この句も読まれています。

籾 種 や 弥 生 の 地 層 汗 し と ど もみだねや やよいのちそう あせしとど 大きな建物が建つ前には発掘調査が行われます。 何もなければすぐ終わるのですが、何かの片りんでも見つかった日にはタイヘンです。 以前にもマガタマの鋳型が出て、説明会までとり行われ大騒ぎになったこともありました。 発掘に季節はありません。 雨が降らないかぎり一...
冷房の 欲しゅうて飛び込む 回り寿司... 暑くて暑くて、しばらく涼しいところで休みたかったから、 とりあえず飛び込んだ回転鮨。 むかしの夏の話を聞きたい。...
やまぬ梅雨(あめ) 蒲田行進曲の うら悲し... なんの脈絡もない話。 雨を見ていると、蒲田行進曲がうかんできた。 あの曲を聞くと、とても悲しく感じるのは、私だけか。 止まない雨を見ていて、ついうかんだあの曲。 報われない努力の唄。...
初 蝶 の 日 を 吸 い 尽 く す 息 を す る... はつちょうの ひをすいつくす いきをする 今年初めて蝶を見ました。 モンシロチョウではなく、なんとアゲハチョウでした。 それも花にではなく、鉄製の柵にとまっているのです。 蝶はてっきり蜜を求めて、ヒラヒラと動き回るものだと思っておりましたから、驚きました。 とてもいい天気で、全身に陽を浴びることが...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください