除 夜 の 鐘 百 九 つ に な り に け り

口は禍のもと。
余計なことを言ってしまった。
もう今年も今日で終わるのに。
ついつい言ってしまった。
だってホントのことだもの。
反省している。
だってホントのこと・・・

この句も読まれています。

均等に 簾(すだれ)を落とし 春の昼 二階から簾を下に落として設置する。 隣から見えるから。 真ん中を止めて、左右に。 何回もやり直す。 なんで斜めになるのか。...
蛍草 これでもかと 膨れおり ツリガネソウ(蛍袋)のかたちが好きです。プーっとふくらんで、花片のさきはクルっと、まるで包装用のビリールひもをわざとクリンクリンにくせをつけたみたいに、カールしているのです。 わたしも写真を載せる技術を学ばねば。...
秋の蚊の くせに勢い 衰えず 今年の夏は暑かった。はじめは増えだした蚊が、途中で少なくなって、秋の入り口の今になって、ムンムンと盛り返してきたようなきがするのです。蚊取り線香を三つも焚いて、対抗しています。蚊とハエとゴキブリは許さない。...
春 の 雨 役 場 市 民 課 泥 ま み れ はるのあめ やくばしみんか どろまみれ 春の雨のあとのぬかるみはしつこくて、粘土質でなかなか乾かず、役場の玄関から、一番手前の市民課まで泥だらけ。 土地が低いせいか、水はけが悪いのか、大雨が降ると、かならずこうなります。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください