除 夜 の 鐘 百 九 つ に な り に け り

口は禍のもと。
余計なことを言ってしまった。
もう今年も今日で終わるのに。
ついつい言ってしまった。
だってホントのことだもの。
反省している。
だってホントのこと・・・

この句も読まれています。

果 て 知 ら ず 女 の 話 走 り 梅 雨 はてしらず おんなのはなし はしりつゆ まあよくしゃべることしゃべることわたしも含めて、女の話は尽きることがない。 ジムの玄関で、一休みのコーナーで、ロッカーで、着脱室で、サウナで、お風呂の中で、髪乾かしながら。 とにかくずーっと。...
枇杷 の 花 咲 い て 寂 し さ 究 ま れ り... 山枇杷 / 天問 花がないときは、見向きもしない。可憐というより、地味な花。咲くと、よりいっそう心が凹む気がする。やつでの花より哀しい、枇杷の花。...
「 累犯障害者 」 ( 3 ) 刑務所の中では、今でも「懲罰」が行われる。 規律違反を犯した受刑者に対して。 独房での閉居、作業賞預金没収、食事量減量など。 ただむかしと違うのは、突如一方的ではないこと。 「懲罰審議会」 知的障害者の場合の例 「〇〇さんを思いっきりぶん殴りました」 事実は逆で、ぶん殴られたのは、彼だった。 調書...
ぶり大根 とろとろと煮る 日も暮れる... mめんどくさがりやで何でもいっぺんに片付けようとしてしまう。料理もそう。作るときは鍋いっぱい。あしたの弁当にも入れる。人は知らないから、見るとみんながおいしそうと言う。延々と食べ続けているとは知らず。何回も煮込むから、味が染みてつやつやと美味しそうに見える。見掛け倒しなのに。夕暮れが早い。大好きな夕...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください