闇夜には 子供泣かすな 梅雨の雨

こどもの泣き声がきらいです。
泣かせるから、泣くんです。
泣かせる家は決まっているのです。
裏の五階建てのアパートの二階か三階の端の方。
こちらからはどの家か特定はできない。
朝から泣いている。「ママ、ママ」というのが聞こえる。
暗い夜に子供を外に出すな。怖がるにきまっている。
あたしも閉めだわれたこと何回もあった。
そんなことして、子供は育たない。
怯えるだけ。

この句も読まれています。

芽柳に 風の生まれる 日の零る(こぼる)... 柳に芽が出た。喜ばしいことです。 柳が好きで、あちこちの植木市を 巡って探したけれど、今は流行ら ないとの話で諦めかけています。 柳が芽吹けば、もう春です。日差 しも風も春に向かいます。春は陽 射しが強くて、女がとしをとると 言われていて、あまり好きではな いけれど、柳の芽吹きは嬉しいの です。...
走 り 梅 雨 遥 か に け ぶ り 昇 開 橋... Chikugo River Lift bridge / kisocci エツ漁が最盛期だろう。 そのむかし弘法大師が、親切にしてくれた村人に、ヨシの葉を、銀色に輝くエツに変えてやったとの言い伝え。 筑後川にしか生息しないという。 あっさりとした、淡白な味ながら歯ごたえのある独特の魚で、板前さんの包...
残 留 の 孤 児 の 旅 立 ち 沙 羅 の 花... ざんりゅうの こじのたびたち しゃらのはな 沙羅双樹の花の色、原産地はインドとされる。 名前は聞いたことがあるけれど、実際にはなかなか見ることがありません。 釈迦が生まれたところにあった三本の木のうちの一本と言われているとか。 中国残留日本人孤児。 終戦直後、満州、朝鮮、ロシアの国境あたり、大き...
日 脚 伸 ぶ 耳 の 掃 除 の 手 先 ま で... わたしは耳掃除が趣味です。老若男女を問はず。 ただし気持ちのいいものではありません。 陽の当たる方にぐいと向け、耳掻きとピンセットで 行います。耳掻きでちょっと起こして、耳垢の端を ピンセットでつまみ、それはそれは上手に、 ちょっとでもたくさんの耳垢を引き上げるのです。 痛いなどと言ってもだめです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください