野 焼 き 待 つ 下 が れ下 が れ と 追 わ れ し も

のやきまつ さがれさがれと おわれしも

阿蘇の野焼きは壮大です。

はじめは、どこに火が点いたやらさっぱりなのですが、しだいに舐めるように走り出します。

煙はまだ見えません。

相当な時間を経て、ぐわっと燃え上がり、それは圧巻です。

危険のないよう、消防の方々の準備、ご苦労を思いつつ、ちょっとお手伝いなどしたい気分です。

においは長く残ります。

完全に鎮火して、さらにどしゃ降りの雨のあとまで、草の燃えたにおいは残ります。

やがてこの焼け跡に、草花が萌えるように育つことなど、この時点では想像もつきません。

この句も読まれています。

選定を 忘れて秋の 蔦(つた)三昧(ざんまい)... 夏の間に伸びた蔦や雑草がはびこって、まるで廃墟。この夏は特に暑かったから、体調もすぐれず、これ以上だめにならないよう、草もとらず、また異常に蚊が多くて、外にも出ず。秋になって、もう蔦は色づいて、ススキも終わってしまって、大好きな季節が刻々と終わりにちかづく。もったいないこと。少しずつ頑張って、なんと...
耳 納 山 系 湧 き 水 越 し に 色 づ き て... みのうさんけい わきみずごしに いろづきて 耳納山系、福岡県筑後地方に位置する山地です。 高い山があるわけではなく、なだらかな山々が連なっている感じです。 遠くに山系を望む地域では、水が豊富で、あちこちに湧き水が湧き出ており、町が、汲みやすい施設を作ったところもあります。 まるで蛇口から流れ...
カラス 地に落ちる 炎暑クラクラす... kカラスがおかしい。木から降りるのではなく、落ちている。走る車を除けて、立ち去るのではなく、ただ除けているだけ 暑いのか、よくわからないが、元気がない。どうしたんだろう。...
風通る 道を教えし 野良の猫 猫は涼しいところ、涼しいところを探して、寝そべる。 夏の暑さのさなかにも、風の道があるらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください