野 焼 き 待 つ 下 が れ下 が れ と 追 わ れ し も

のやきまつ さがれさがれと おわれしも

阿蘇の野焼きは壮大です。

はじめは、どこに火が点いたやらさっぱりなのですが、しだいに舐めるように走り出します。

煙はまだ見えません。

相当な時間を経て、ぐわっと燃え上がり、それは圧巻です。

危険のないよう、消防の方々の準備、ご苦労を思いつつ、ちょっとお手伝いなどしたい気分です。

においは長く残ります。

完全に鎮火して、さらにどしゃ降りの雨のあとまで、草の燃えたにおいは残ります。

やがてこの焼け跡に、草花が萌えるように育つことなど、この時点では想像もつきません。

この句も読まれています。

小 糠 雨 (こぬかあめ) 蒼 き す す き に 露 を 置 く... Silver Grass / 薄(すすき) / TANAKA Juuyoh (田中十洋) 九月の雨がやまない。もう何日降り 続いているだろう。長い夜のいつの 間に降り出したのやら、細かい雨は 露のように、出たばかりの若い芒の 穂に玉を置く。斑入りの茅(かや)も 知らぬ間に育っていて、すっかり秋 の...
春 薄 暮 沼 に 水 輪 の 広 が る を はるはくぼ ぬまにみずわの ひろがるを 夕べの情緒は、秋がいちばんと聞くけれど、春の夕べも素晴らしいと思います。 景に川や湖、沼など水が入れば、その趣きはより増すような気がします。 沼には生き物がいるのか、幾重にも輪ができて広がっていくのを、もう少しで暮れきるなかで、ぼんやり見ています。...
百日草 頭支えて 夏を越す 百日草は、かわいい。茎のわりには大きな頭。 焼けるような日差しにも元気。
更 衣 へ (ころもがえ) 見 舞 う た 笑 う た こ の 服 で... father #7 / Yosuke WATANABE / 渡邉 陽介 去年の今頃、軽い気持ちで見舞いに行った。 顔色は悪くなかった。 軽口をたたいて、退院はいつかとか、節制がなってないとか、医者に厳しさが足りないとか。 いい人だった。 穏やかな、人懐っこい笑顔が浮かんでしょうがない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です