野 焼 き 待 つ 下 が れ下 が れ と 追 わ れ し も

のやきまつ さがれさがれと おわれしも

阿蘇の野焼きは壮大です。

はじめは、どこに火が点いたやらさっぱりなのですが、しだいに舐めるように走り出します。

煙はまだ見えません。

相当な時間を経て、ぐわっと燃え上がり、それは圧巻です。

危険のないよう、消防の方々の準備、ご苦労を思いつつ、ちょっとお手伝いなどしたい気分です。

においは長く残ります。

完全に鎮火して、さらにどしゃ降りの雨のあとまで、草の燃えたにおいは残ります。

やがてこの焼け跡に、草花が萌えるように育つことなど、この時点では想像もつきません。

この句も読まれています。

落ち葉舞う 玄関の先 セメントの道... 粗末な家なので、ブロック塀にセメントの玄関。それでも秋は秋。赤いもみじは、まるで塗りこめられた模様のように、セメントに張り付く。何枚も何枚も。去年、植木鉢から地面に植えたかえでも、立派に紅葉している。背の低いブロック塀をはしる蔦(つた)も色づいて、ブルーベリーのような濃い紫色の実をつけている。小さい...
親 な ど と 知 ら ぬ と 言 ふ て 吾 亦 紅... 吾亦紅。 丸い、深い赤い実のような花のような。 やじろべえのような枝を伸ばし、可愛らしい秋の花。 赤い花は、枯れてくると、だんだん色を濃くして、最後はほとんど黒に近くなる。 すぐに大株になるから気をつけるよう、テレビの草花の時間で聞き、用心して、プラスチックの土管の中に植え、枯らしてしまったことがあ...
点 滴 は 氷 柱 ( つらら ) の 溶 け る リ ズ ム な り... 点滴 / ryosalem あんなバケツのような量の液体が、忘れた頃にポツリと落ちる点滴で、入るものかと思っていたが、そこは時間のなせる技。忘れた頃には、かなりの量がはけている。この冬の名残りのうちに、元気になって出ておいで。また去年のように、あの川のほとりを歩きながら、花見ができますように。...
砂 吐 か す 浅 利 に 難 し き 顔 す すなはかす あさりにむずかしき かおす たかがアサリの砂抜き。 これを立派に成功させたこと、人生にほんの数回。 テレビやネットや本も見て、塩分濃度や暗いところに置くやらいろいろ試してはいるのですが、なんで誰でもできる簡単なことができないのか。 ただ、今は売るときにはきれいにしてあって、昔のよ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください