野 焼 き 待 つ 下 が れ下 が れ と 追 わ れ し も

のやきまつ さがれさがれと おわれしも

阿蘇の野焼きは壮大です。

はじめは、どこに火が点いたやらさっぱりなのですが、しだいに舐めるように走り出します。

煙はまだ見えません。

相当な時間を経て、ぐわっと燃え上がり、それは圧巻です。

危険のないよう、消防の方々の準備、ご苦労を思いつつ、ちょっとお手伝いなどしたい気分です。

においは長く残ります。

完全に鎮火して、さらにどしゃ降りの雨のあとまで、草の燃えたにおいは残ります。

やがてこの焼け跡に、草花が萌えるように育つことなど、この時点では想像もつきません。

この句も読まれています。

台風の 進路になりたき 心地もす 子供のころから台風が好きです。用もないのに、玄関の外に出て、一瞬激しい風と雨に打たれたりしました。地響きのするような豪雨で、すべてを洗い流せるような気がするのです。人には言いません。「それてよかったですねえ」と言います。あたしは今失業中です。部屋の中を大掃除中です。台所も、押入れも。断捨離実行中です...
春 の 月 吹 き 抜 く 風 は ま だ 尖 り (とがり )... 朧月とはいかないけれど、確かに春の月です。 凍てつく冬の月とはちがいます。 ただ風はまだ冷たい日があり、早朝はまだ寒くもあるけれど、季節が移りつつあるのが嬉しいのです。...
松虫に 台風の余波 被される 別に松虫がとりたてて好きなわけではないのですが、秋の夜長といえば、松虫かなと。 うちで鳴いているのも松虫に違いないと思われるのです。 台風が迫ってくる、あの恐ろしい感じ。 松虫は人間以上に震えているでしょう。 じわっじわっとくるのです。...
紬解く 静かな綿の 埃あり 古い紬の着物をほどく。洋服にしようと思って。昔の人の丁寧な仕事ぶりが見えて、頭が下がる思いがする。 手縫いだから、一針一針長い時間をかけて仕上げたんだろう。 もったいないけど、そのまま置いてても、更にもったいないから、ほどいた着物を、洗っては干し、洗っては干し、そして生乾きのときアイロンかけて、下準...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください