里山に けもの道あり 梅白し

四王寺山には、頂上まで、バスが行きます。
大きなりっぱな道路が出来ていて、いやになります。
ところが、細い道を見つけたのです。
ふもとの、池の淵からぐるっとまわると、その道に入れます。
誰にも教えない。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

新 涼 や 流 れ に 乗 る も ひ と つ の 手... うまくいかないことの多いこと。 がむしゃらばかりが能じゃないらしい。 なるようにしかならないなら、力を抜いて、流れに身を任せてみようか。 時間が、物事のありようを変えることだってあるかもしれない。 一発逆転なんてことは望んでいない。 心配ごとは、しばらく心の隅の「気になること置き場」において、まずは...
清 流 も 濁 り ま た 良 し 春 の 鯉 せいりゅうも にごりまたよし はるのこい 寒い間は、池の鯉も、津和野や島原などの武家屋敷を流れる用水路にいる鯉も、凍えはせぬかと心配などしたものですが、このところの陽気で、気のせいかリラックスしたように、ゆうゆうとのびのびと泳ぎ回っているのを見ることができます。 清流もいいのでしょうが、底が見え...
海 峡 を 跨 ぐ 架 橋 の 初 御 空 かいきょうをまたぐかきょうの はつみそら 岡山県の倉敷から、香川県坂出につながる児島坂出本州四国連絡橋。 蒼い、蒼い海と空に挟まれ、何処を見ていいかわからないうちに渡りきってしまいます。 句会でご一緒の先輩諸氏は、大きな橋が、道路ができることを喜ばれません。 「新幹線が通ったら終わり」と聞きます。...
裏 木 戸 を 閉 ず れ ば 尚 に 虎 落 笛... うらきどを とずればなおに もがりぶえ 寒い寒い夜、木枯らしが吹きすさぶ。 電線や塀や土管などなんでも通り過ぎながら、泣くような、ときには悲鳴のような声を上げます。 身の置き場のない、切実な孤独感ととらえてしまうのです。 寂しさの極まったとき、人は黙るのか、泣くのか。 いろんな人の顔が浮か...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください