里山に けもの道あり 梅白し

四王寺山には、頂上まで、バスが行きます。
大きなりっぱな道路が出来ていて、いやになります。
ところが、細い道を見つけたのです。
ふもとの、池の淵からぐるっとまわると、その道に入れます。
誰にも教えない。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

電話には 居留守あるなり 秋の雨 なつかしいと想ったのは、わたしひとり 迷惑だったんだなあ…しみじみ秋です。
秋寒し 今どこにいるかも わからずに ... s過ぎ去ってみないと、わからないことは多い。いま、こうしていることが、果たしていい方向に向かう足がかりなのか、まったく余計な無駄足なのか、人生は思いのほか短いような気がする。何か充実したいけど、いったい私はいま、どこにいるのか、こうしていることは、間違った選択の結果じゃないか、失敗が多かったゆえ、自...
桃 冷 や す 水 の 当 た ら ぬ ご と 冷 や す... ももひやす みずのあたらぬ ごとひやす 食べごろの桃は、桃色というより薄い黄色をしています。 丹精込めて栽培されたこと、素人にもわかります。 どれだけ丁寧に、打ち身のないよう、新鮮なまま、食べる人に届けようと力が入っているかわかる気がします。...
寒戻り アイビーの縁(ふち) 紅くして  ... s寒さがちょっとだけ緩んだかと思ったのもつかの間、というか思ったことがまちがいだったか、また寒さがぶり返した。壁に這うアイビーが葉っぱの付け根から葉っぱのぐるりまで、紅くなって寒さに身構えている。ここ一番の頑張りを見せている。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください