酒 粕 に 瓜 漬 くる 桶 天 日 干 し

さけかすに うりつくるおけ てんぴぼし

酒粕にウリを漬け込む、つまりは奈良漬けです。

あの甘辛い赤黒い漬物ではありません。

筑後産の、酒粕の匂いが強い、まだみどり色の浅漬けが好きです。

時間が経つと味が濃くなりますから、早めに取り出していただきます。

酒蔵製です。

浅くて丸い木の桶です。

この句も読まれています。

冬の雷 何の前ぶれ 胸騒ぎ 人生において、良くないことは突然起きます。 事故でないかぎり、ひたひたとその予兆はあるものだと思うのですが、 なかなか気づかない。 それで失敗を重ねて、慎重に歩くようになったわけですが、 今度はずいぶんと臆病になって、ちょっとしたことでも 震え上がってしまい、人生は良くないことの前兆ばかりとなりまし...
浅漬けの 胡瓜冷たし 秋夜寒 きゅうりの漬物が、冷たく感じられる。炊きたての白いご飯に豚汁と漬物。今日のごはん。
闇夜には 子供泣かすな 梅雨の雨 こどもの泣き声がきらいです。 泣かせるから、泣くんです。 泣かせる家は決まっているのです。 裏の五階建てのアパートの二階か三階の端の方。 こちらからはどの家か特定はできない。 朝から泣いている。「ママ、ママ」というのが聞こえる。 暗い夜に子供を外に出すな。怖がるにきまっている。 あたしも閉めだわれた...
秋深し ナフタリンの香 カーディガン... そろそろ半袖では、寒くなったというより、おかしくなった。とりあえず引っ張り出したカーディガンはナフタリン臭い。こうなることは、わかっていたけれど、わたしは衣替えのころのナフタリンの香りがちょっと好きです。もうとっくに、においのしないのが、出回っているのに、馬鹿です。ポケットに入れておいたナフタリンが...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です