酒 粕 に 瓜 漬 くる 桶 天 日 干 し

さけかすに うりつくるおけ てんぴぼし

酒粕にウリを漬け込む、つまりは奈良漬けです。

あの甘辛い赤黒い漬物ではありません。

筑後産の、酒粕の匂いが強い、まだみどり色の浅漬けが好きです。

時間が経つと味が濃くなりますから、早めに取り出していただきます。

酒蔵製です。

浅くて丸い木の桶です。

この句も読まれています。

お は じ き の 欲 し ゅ う て 欲 し ゅ う て 放 生 会... おはじきの ほしゅうてほしゅうて ほうじょうや 筥崎宮の放生会。 わたしのこころの故郷。 放生会に売り出される、おはじきのかわいらしさと懐かしさ。 のどかで、素朴で、宝物にしたい。 夜明けから、もっと徹底した人は、前夜から並ぶらしい。 その気力、体力がないために、未だに手に入らないでいる。...
過ぎてなお 雨風強し 台風の とっくに通り過ぎたはずなのに、時々狂ったように雨風が強い。台風の特徴だろう。全く関係ないはなし。思春期夜尿症は、虐待が原因だと。きのう2チャンネルで知った。ババア、おぼえてろ。...
枯葦の どこまで沈む 底なしの 枯れた葦が一面をおおいつくす沼、これは湖か。 暗い色の水は動くこともなく、見ていればただただ寂しい。
長き夜は ひとりで七輪 バーベキュー... 窓のすぐ外に七輪を置いて、部屋の中から、ちょろっと頭を出して、ささやかな バーベキューです。 ウインナーとかしいたけとか並べて、ひとり酒盛り 幸せを感じるひとときです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください