酒 粕 に 瓜 漬 くる 桶 天 日 干 し

さけかすに うりつくるおけ てんぴぼし

酒粕にウリを漬け込む、つまりは奈良漬けです。

あの甘辛い赤黒い漬物ではありません。

筑後産の、酒粕の匂いが強い、まだみどり色の浅漬けが好きです。

時間が経つと味が濃くなりますから、早めに取り出していただきます。

酒蔵製です。

浅くて丸い木の桶です。

この句も読まれています。

冷やし酒 ようやと一人の 梅雨半ば... ひとりの時間は大事です。 ほっとします。 つかの間のお休みタイム お酒が少しあると、さらによし。 ほんとに疲れたとき、仲間は要らないものです。...
小 豆 炊 く 厨 は 未 だ 白 熱 灯 あずきたく くりやはいまだ はくねつとう 最近のアズキは直ぐ火にかけろと書いてあります。 少し前までは、一晩水に漬けてとあったのですが、品種改良が進んだのか、お手軽になりました? それでもイヤというほどトロトロに煮てからでないと、砂糖を入れた瞬間、アズキは煮えなくなります。 硬ければ硬いまま...
松 過 ぎ て 賽 銭 箱 は ち ん ま り と... まつすぎて さいせんばこは ちんまりと 正月三が日は、あれだけの大風呂敷白い千畳敷のような賽銭コーナーを設けていた神社も、初詣が大方終わったので、いつもの賽銭箱に落ち着いたようです。 参拝客はまだまだ多く、飛梅は、二輪咲いていました。 大昔は、参道は土産物屋ばかりではなく、宿坊も多かったとかで、西...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください