逝 き し 人 応 援 席 に 甲 子 園

いきしひと おうえんせきに こうしえん

夏の高校野球の県大会。
横顔ながら、あまりに似ている。
世の中に、似ている人はかならず居るとは言うものの。
帽子のかぶり方、取り方。
笑顔。

涙でよく見えない。

この句も読まれています。

睡蓮の 泰然とあり 雨の打つ その場にあって、風にそよぐこともない。 雨に打たれようがそれはそれと受け流す。 度量の大きさ。
気 の つ け ば 顔 母 に 似 て 春 愁 ひ... 夜中にふいと鏡の前を横切り、ぞっとした。 死んだはずの母がいた。 むかしは、似てなくてよかったと思ったものだけど、なんだ結果的にそっくりじゃないか。 神風特攻隊でも、網走番外地でさえも、母上、母ちゃんと慕うというのに、わたしには子どもの頃から母がいない。 それなのに、似たくない顔だけ似るなんて、あん...
練 習 の カ ヌ ー 尻 目 の 船 頭 唄 熟練の船頭さんの竿さばき。 流れのゆるいところでは、初心者のカヌーの練習。 服装はいっぱし。 淵に沿って、恐る恐るの気持ちが、その動きに出ている。 若い頃から、荒い仕込みで見よう見まねで技術を身につけた、老練の船頭には、ちゃんちゃらおかしい様子。 何にも言わない、ただ地元の民謡など聞かせるだけだけど...
手 花 火 が 映 す 油 断 の 憂 ひ 顔 てはなびが うつすゆだんの うれいがお 夜の花火。 暗闇に手元ばかり明るくて、嬌声が上がる。 線香花火は見られなくなったけれど、それに似た、少し寿命の長いものが売られており、花火セットにも入っています。 小さな火、あたりは暗闇、ついつい自分の世界に入ったところを、ほの明るい花火が捉えた。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください