誰 居 ら ぬ 出 水 の 生 家 父 母 の 顔

たれおらぬ でみずのせいか ふぼのかお

老親はとうに他界し、生まれ育った故郷の家に今は誰もいない。

堤防が決壊し、町に大量の水が流れ込んだとテレビの情報に心が痛みます。

この句も読まれています。

お 立 ち 酒 先 の 苦 労 に 亀 の 鳴 く... おたちざけ さきのくろうに かめのなく 「 お立ち酒」 宮城県の民謡です。 嫁に行く娘を思う親の想いを唄ったものです。 「名残り情けのくくみ酒。 はやり風邪など引かぬよに」 哀愁を帯びた尺八の音色にのせて唄われる抒情たっぷりの民謡です。 嫁に行くことは、苦労を背負うこと。 それが少しでも軽くあり...
月夜には いつもの道の 青くなり 月って照らすせーんぶを青く染めてしまうのですね。 自分の顔も真っ青なんだろうか。 神秘的で、年甲斐もなくわくわくします。...
湯豆腐に ワインのありて クリスマス... クリスマスがなんだ、クリスマスがどうしたと思っている。 それでもなんかつられてワインを買った。馬鹿じゃない。 湯豆腐で乾杯。私のくりすます。...
冬 帽 の て っ ぺ ん ぴ ん と 立 て て や る... ふゆぼうの てっぺんぴんと たててやる むかしの冬帽は、てっぺんに必ず大きなぼんぼんが付いていたものです。 最近の流行りはそれがないから、ぺこっとへこみます。 気になるから、真ん中の絞ったところを、そっと引っ張り出してやります。 気づかれないように。 エレベーターの中で、後ろに立って。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください