誰 居 ら ぬ 出 水 の 生 家 父 母 の 顔

たれおらぬ でみずのせいか ふぼのかお

老親はとうに他界し、生まれ育った故郷の家に今は誰もいない。

堤防が決壊し、町に大量の水が流れ込んだとテレビの情報に心が痛みます。

この句も読まれています。

一 日 の 晴 れ で は 木 下 (こした) 湿 る ま ま... Droplets after rain / Takashi(aes256) あれだけ降ったあとだ。 気が早くて、もう布団を干してる家もあるけど、まだ早かろう。 土はじっくりと濡れ、浸み込み、川の流れも何も変わらない。 樹々は乾いているように見えるが、大樹の根元は、地面はおろか、木の皮も乾いてはいな...
葱坊主(ねぎぼうず) 数多の(あまたの)花に 押されおり... 春の畑は賑やか。 豆の花が咲き、スイートピーが色鮮やか、矢車草それから なにやら名前知らないかわいらしい花々、 一番地味な葱坊主は、どうも立場が悪い。 アタマのてっぺんを、くるくる坊主にして、 咲き乱れる花の隅で、小さくなっている。...
芝枯れて もはや 新芽は 出ぬと決め... 一面の枯れた芝。 これはもう永久にこのまま、二度と緑は見られないだろうと 思ってしまうことが多かったです。 もう終わりかと思いながらも、へたへたと生きていると いつか少しずつ緑が見られたことがありました。 またいつ、あの枯れ芝になるかと思ったら、 人生は怖ろしい。 でも死なないかぎりは、へたへたと生...
沈丁の 香に押されつつ 出勤し 新しい職場です。何回も何回も職安に行き、やっと見つけましたの。今日が初出勤。ちょっと大げさに言い過ぎたかな できると思われたらやばいなΘいろいろ考えたら、ちょっと気重。どうかいじめられませんように。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください