誰 居 ら ぬ 出 水 の 生 家 父 母 の 顔

たれおらぬ でみずのせいか ふぼのかお

老親はとうに他界し、生まれ育った故郷の家に今は誰もいない。

堤防が決壊し、町に大量の水が流れ込んだとテレビの情報に心が痛みます。

この句も読まれています。

川 柳 風 の 藻 屑 を 受 け と め し かわやなぎ かぜのもくずを うけとめし ヤナギほど風になびくものもあるまい。 若芽をふき、ワタのようなシベなるものを飛ばし、風見草などと言われる。 「 柳 よ り や は ら か き も の 見 当 た ら ず 」 後藤比奈夫...
滝 滑 り (すべり) 目 鼻 と っ 散 ら か っ て 夏 の 子 ら... Waterfall / 留春の滝(りゅうしゅんのたき) / TANAKA Juuyoh (田中十洋) 大きな岩の上を滝が滑り落ちる。 つるっつるだから、夏になると 人が滑って遊ぶ。大人も子供も。 ゆるやかとはいえ、結構な傾斜。 滑るには勇気がいる。頑張れ、 子ども。ここは思い切りが大事。 「アー!...
夏を吐く 夕餉(ゆうげ)の隣 蚊遣り豚... 蚊取り線香の季節になった。蚊は大嫌いだけど、蚊取り線香の匂いは好き。夏の匂い。夕暮れ時、網戸にして、簾を下げて、夕御飯を食べる。日が長い。豚は隣で煙を吐いている。今日も終わった。長かった。...
西 郷 が 敗 走 の 道 山 か ず ら さいごうが はいそうのみち やまかずら 西南の役に敗れた西郷隆盛が、うちの前を通ったというのが自慢の婆ちゃんがいました。 ネットで敗走路を見てみると、どうもおっしゃる通りのようです。 長い時が経ち、歴史も大きく変わったものの、この辺りの風景にあまり変化と言えるほどの変わりようはないようで、九州...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください