言えばもう 終わるしかない 沈丁花

想いを告げれば、それまで。
黙っているのが、大人。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

秋 刀 魚 焼 く 団 扇(うちわ)七 輪 酢 橘(すだち)酒... 脂ののった秋刀魚は、今は普通グリルで焼くが、子供の頃は外で、七輪を起こさせられて、(命令) 泪を流しながら、風向きを考えながら、団扇を使って火をおこしたものだ。 完全に火がおきたら、煙は出なくなる。 秋刀魚は、ほどよく焼き目がついて、酢橘やカボスをじゅっとしぼって、大根おろしといっしょに食べるものだ...
空 き 家 な ら 凩 容 赦 な く 叩 き あきやなら こがらしようしゃ なくたたき 隣家が売りに出されました。 長く一人暮らしをなさっていたのだけれど、クルマが軽に変わり、それもいつしか消え、弁当屋や、若い、いかにもヘルパーさんらしき人が出入りするようになり、ついに引越しのトラックが横付けされました。 秋のはじめの頃だったのですが、閉...
そ の と き は そ の と き な り と 山 笑 ふ... 横浜元町、ZOULI Cafeのランチコーヒー / akira yamada 心配ごとが絶えない。 ほとんどは、心配したって、しょうがない。 そして、わたしの想像した方向へは向かない。 だったら考えるのをやめよう。 新しく開店した店で買って来たコーヒーを淹れよう。 ひとりのティータイムとしよう。...
明 け て 鳴 く ち ち ろ そ れ ほ ど 寂 し い か... あけてなく ちちろそれほど さみしいか ちちろとはコオロギのことです。 秋の虫は夕方から夜にかけて、うるさいほど鳴き続けます。 それも夜が明けてくれば、次第におさまるものです。 今朝はもう6時をとっくに過ぎたというのに、一匹だけいつまでも泣き止まないコオロギがいるようです。 人の世もさまざまです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください