言えばもう 終わるしかない 沈丁花

想いを告げれば、それまで。
黙っているのが、大人。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

市内電車 old style tram / tsuda もうずいぶん前のこと。 福岡市内には市内電車が走っていました。 どんたくには花電車として、一世を風靡した時代もありました。 電停は、道路の真ん中に細長くあって、当時それほどクルマが多くなかったせいか、立っていて恐怖感はありませんでした。 むしろわたしは電...
むつごろう 採るな騙すな(だますな) 眼(まなこ)見よ... 有明海の干潟に棲息するむつごろう。 愛嬌のある風貌と泥まみれの干潟で 跳ね回る動きの面白さ。柳川の鮮魚 店で売っているのを見た。食べては いけない。あの眼を見てごらん。と ても食べられるものではないでしょ う。...
春の宵 ロングスカート プレミアム... 日の長い長い季節がきた。これからはこの長い日の暮れが楽しい。あたしは意思が強いので、日曜日から木曜日までを休肝日とすることにした。金曜日と土曜日は、ビール。サントリーのプレミアム、深みのあるゴールドと濃紺のラベル、これに比べると、他のビールは水っぽい。ついこの頃まで発泡酒飲んでたけど、休肝日の頑張り...
ふ ら こ こ の 鉄 の 鎖 の 錆 匂 ひ ふらここの てつのくさりの さびにおい ふらここは、ブランコのことです。 俳句を習うようになって知りました。 むかしのブランコは、座る処は木で出来ていて、鎖は鉄製。 握れば褐色のサビが手に付き、サビの匂いまで移ったものです。 高く漕ぎすぎると、鎖がたわみ、それが怖くて、思いっきり漕げませんでした...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です