装 甲 車 霾 ま み れ 泥 ま み れ

そうこうしゃ つちふるまみれ どろまみれ

駐屯地があるせいで、自衛隊のクルマをよく見かけます。

ときには装甲車と呼ばれると思われる、フタのしまった深みどり色のクルマが県道を走ることもあります。

ツチフルとは黄砂のことです。

俳句の言葉です。

近年では、いろんな化学物質も混ざっているとかで、黄砂と簡単には片付けられないらしい。

ホコリなのか、黄砂なのかはわからないけれど、暗い緑色は汚れをめだたせます。

この句も読まれています。

か な か な の 鳴 く 暇 (いとま) な し 盆 の 雨... Raining 雨降り / urawa 送り火の今日、しょうしょうと降る雨は 止む気配さえない。もうツクツクボウシ が鳴き始める頃なのに、何処に隠れてい るのか。盆に降る雨はなぜかしみじみと する。秋の気配もちらとする。...
電 車 行 く ホ ー ム の 椅 子 の 春 の 月... 慣れ親しんだ駅なのに、北口が出来、迂回が必要になり、通路は延びてちょっと迷ってる間に電車は出てしまった。 しばらくは来ない。 ベンチに座って待つことにする。 ホームの屋根と壁一面の看板の隙間に春の月。 寒いとはいえ凍てつくほどでもなく、ほっかりした月を見ながら時間をやり過ごす。 季節やお天気、時間そ...
獺 祭 忌 間 欠 泉 の 蓋 ひ 取 れ だっさいき かんけつせんの おおいとれ 正岡子規の命日を、ダッサイキと呼ぶことがあります。 獺祭とは、カワウソ( 獺 ) が、捕らえた魚を並べ、先祖を祭るさまを指します。 カワウソは、捕らえた魚を川岸に並べる習性があるそうで、転じて多くの書物を調べ、引用することを指し、子規は、自分を獺祭書屋(...
躊 躇 し て 秋 扇 な お も 忍 ば す る... ちゅうちょして しゅうせんなおも しのばする 朝夕はめっきり涼しくなったけれど、昼間はまだクーラーの世話になっているこの頃です。 出かけるとき、センスを持って行こうかどうしようかと一瞬迷って、重いわけでもなし、バックに突っ込んで出かけました。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください