装 甲 車 霾 ま み れ 泥 ま み れ

そうこうしゃ つちふるまみれ どろまみれ

駐屯地があるせいで、自衛隊のクルマをよく見かけます。

ときには装甲車と呼ばれると思われる、フタのしまった深みどり色のクルマが県道を走ることもあります。

ツチフルとは黄砂のことです。

俳句の言葉です。

近年では、いろんな化学物質も混ざっているとかで、黄砂と簡単には片付けられないらしい。

ホコリなのか、黄砂なのかはわからないけれど、暗い緑色は汚れをめだたせます。

この句も読まれています。

焼酎の 味もわからぬに 芋と言う 米だろうが、麦だろうが、芋だろうが、たいして違いもわからぬくせに、 流行りもの飲みたさに、「黒霧」なんて言う。...
枯 銀 杏 千 年 越 せ ば 神 と な る かれいちょう せんねんこせば かみとなる 落葉樹のなかでも銀杏は、遠くからひと目で、それとわかります。 どこまでも大きくなり、ほとんど左右対象に近い、どっしりと落ち着いた構えです。 根元に、説明文の碑が建ち、神格化されたか、鳥居が置かれたものまであります。 風雪に耐えた大樹は、盛りの季節も枯木にな...
家 解 き て 後 ( あと ) に 躑 躅 (つつじ ) と 石 臼 ( いしうす ) と... むかしはご近所、親類大勢で餅をついたのでしょうか。 門扉の一部だったであろう石垣や、つつじが残され、重すぎてどうしようもなかったのか、ころんと転がされた石臼。 いずれは片付けられ、マンションか駐車場にでもなるのでしょうか。...
時雨打つ 枯れ蓮微動だに せず 冷たい雨が昨夜から止む気配もない。 池のハスなどこの季節には目をとめる人もいない。 これだけの激しい雨に打たれて、どうなっているかと 思いきや、なんということもない。 いつもと同じ場所で、同じ佇まい。 変わらないことは強い。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください