装 甲 車 霾 ま み れ 泥 ま み れ

そうこうしゃ つちふるまみれ どろまみれ

駐屯地があるせいで、自衛隊のクルマをよく見かけます。

ときには装甲車と呼ばれると思われる、フタのしまった深みどり色のクルマが県道を走ることもあります。

ツチフルとは黄砂のことです。

俳句の言葉です。

近年では、いろんな化学物質も混ざっているとかで、黄砂と簡単には片付けられないらしい。

ホコリなのか、黄砂なのかはわからないけれど、暗い緑色は汚れをめだたせます。

この句も読まれています。

小判鮫 寒の水にも 増殖す 強い人間にぺたりと張り付いて、ご機嫌伺いばかりしている輩は、いつの時代にも、どこにもいるようです。 小判鮫は、寒さなんかに負けません。 わたしは、彼らとは、民族がちがうと、思うようにしています。 ただちょっと気になるのは、わたしは、小判鮫に反応しすぎていないかということです。 人がどう動こうが、関係...
レースのよに 編んでみようか 柳の若葉... 柳の若葉の細い、薄黄緑を編んでみようか、綺麗なベストができそうです。春の若葉の匂いです。
秋時雨 冷たきままに すすき濡れ 秋の雨は冷たい。 まだ準備の整わない山に里に、しょぼしょぼと雨が降ります。 まだ準備の整わないすすきが、寒いままに濡れそぼるのです。...
点 滴 を 引 き 連 れ 一 歩 浅 き 春 近ごろの病院は、いつまでも寝かせない。 腰の痛みで入院した友だちを見舞ったのだけれど、手術のあとすぐに「歩きなさい」と言われたらしく、大きなバケツみたいな点滴のぶら下がった棒をずりずり転がしながら、玄関の外まで送ってくれた。 まだまだ寒いけれど、樹にはまちがいなく若い小さな芽が出ている。 春が確実に...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です