蟷 螂 の 枯 れ る 我 が 身 を ど う 落 と す

とうろうの かれるわがみを どうおとす

青葉の頃、緑色の子蟷螂から、成長した大蟷螂まで、鎌を振り上げ、闘志満々だったはずなのに、秋の初霜を迎える季節になると、身体はあたりの枯葉同様すっかり茶色に変色しました。
気のせいか、弱気になった感じもします。
かまきり本人はどうなのでしょう。
ある日、気がついたら、枯葉色に変色していた我が身をなんと思うのでしょう。
まもなく死に向かうこと納得したのでしょうか。

この句も読まれています。

昔雛 (むかしびな)たまごのような おかしさよ... ひな祭りである。人形というのは、その時々の美人を反映するものらしく、最近のものは、少しぺったんこの愛くるしいお顔のものが多いように思う。そこへいくと、名家というところにある歴史のあるおひなさまは、のっぺらぼうというか、たまごのようなわりと大きな顔に細い細い目とおちょぼ口で吹き出しそうな顔をしていると...
櫨 も み ぢ 顔 も 小 川 も 赤 く 染 め... はぜもみじ かおもおがわも あかくそめ ハゼとはロウソクの原料になるらしい。 ハゼに負ける人はけっこう多くて、顔から首まで真っ赤に染まり、痛みや痒みもあるといいます。 久留米市に、柳坂曽根のハゼ並木があります。 細い細い用水路というか、小川のような水の流れがあるのが、大きな魅力だと、勝手に思...
秋の蚊の くせに勢い 衰えず 今年の夏は暑かった。はじめは増えだした蚊が、途中で少なくなって、秋の入り口の今になって、ムンムンと盛り返してきたようなきがするのです。蚊取り線香を三つも焚いて、対抗しています。蚊とハエとゴキブリは許さない。...
たいらぎの 有明海は 冬となり 有明海名物たいらぎ漁.諫早湾の堤防ができてからさっぱり獲れなくなったらしいが、それでもたまに魚屋の隅っこに みることがあります。懐かしくて、必ず買います。有明海の潮のにおいがします。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください