蟷 螂 の 枯 れ る 我 が 身 を ど う 落 と す

とうろうの かれるわがみを どうおとす

青葉の頃、緑色の子蟷螂から、成長した大蟷螂まで、鎌を振り上げ、闘志満々だったはずなのに、秋の初霜を迎える季節になると、身体はあたりの枯葉同様すっかり茶色に変色しました。
気のせいか、弱気になった感じもします。
かまきり本人はどうなのでしょう。
ある日、気がついたら、枯葉色に変色していた我が身をなんと思うのでしょう。
まもなく死に向かうこと納得したのでしょうか。

この句も読まれています。

開 票 速 報 7月10日夜8時前から、チャンネルはNHKにしていました。 まるで新年のカウントダウンのごとく、5・4・3・2・1 と数字が画面いっぱいに現れ、8時になった瞬間から、当選確実のオンパレード。 もう、見る気をなくしてしまいました。 「出口調査」なるインタビューの成果でしょうか。 どうして、皆さんは出口...
明 け 易 し 昨 日 の 難 儀 持 ち 越 し て... あけやすし きのうのなんぎ もちこして 夜明けが早くなりました。 ふしぎと早く寝ることができた日は、ゆっくりと目覚め、あれやこれやと引っかかることや、どうすれば角が立たず、思いが伝えられるかなどと思い巡らすときは、なかなか寝付けず、目覚めも早いのです。 夜は長い方が好きです。 落ち着くのです。 得...
凌 霄 (のうぜん) や 盛 り の 朝 に 人 の 逝 く... ノウゼンカズラ / zamojojo ノウゼンカズラの勢いには気圧される。 夏の盛りに、勢いよく立ち昇り、昇り きって空を掴むと、なだれ落ちる。 今日も暑くなるだろう。 こんな朝に、あの人は逝った。こんな 朝に。...
人 生に や り 直 し な ど 柘 榴 の 実 じんせいに やりなおしなど ざくろのみ 人生にやり直しなどきかないことは、誰もが知っているはずなのに、人にはウソばっかり言います。 いい加減ななぐさめや、テキトーな励ましなどいらないのに。 自分のあずかり知らぬところで、スタート地点からまちがった人間はどうすればいい? 修復に、気が遠くなるほ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください