蛇 の 舌 ち ろ り 誘 ふ 別 の 道

へびのした ちろりいざなう べつのみち

ヘビがきらわれる原因のひとつに、あのちろちろと出たり引っ込んだり忙しく動く細くて長い舌があるのではと思います。

もししゃべるなら、良からぬ道を教えそう。

人生は選択の連続。
あの親の子として生まれたからには、あるところまでは自身で決めることなどできなかったのも当然ながら、その後の進み方もまちがった気がしてならないとき、別の道もあったのではと、つい思ったりもします。

この句も読まれています。

窓を開け 宵寒に 冷え冷えて 燈を灯す... 春まだ、朝夕は寒い、こんなとき、家中の窓を開け放すのです。 冷たい空気がすーっと入ってきて、きのうの空気のよどみがすっきりなくなります。 わたしは、カーテンをくるっと止めるのが好きです。 開けたーって気がします。 あたしの部屋は、狭いのに、窓4つ、ドア2つ 家具の置き場がなくて、困ります。...
こうなれば 麦酒は薬と 思うべし 私の職場は私をいれて三人。ふたりは私に話しかけない。参ってることがわかると、よけいに攻撃してくるから、一応アタマはあげておかなければならない。週に二日の解禁日は、もう治療の代わり、ビールは薬、生きて行くのはたいへん。...
更 衣 へ (ころもがえ) 見 舞 う た 笑 う た こ の 服 で... father #7 / Yosuke WATANABE / 渡邉 陽介 去年の今頃、軽い気持ちで見舞いに行った。 顔色は悪くなかった。 軽口をたたいて、退院はいつかとか、節制がなってないとか、医者に厳しさが足りないとか。 いい人だった。 穏やかな、人懐っこい笑顔が浮かんでしょうがない。...
夏 薊 葉 の 棘 ば か り 強 く な り 薊の花は暑さの中よく耐えて咲く。 小さな濃い赤紫は、ますます濃く、花は小さく野にあっては可愛らしい。 そして葉っぱは、よりたくましく育ち、誰も触れさせないといった風情。 花の大きさとはアンバランスな、大きく逞しい棘ばかりが目につく。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください