蛇 の 舌 ち ろ り 誘 ふ 別 の 道

へびのした ちろりいざなう べつのみち

ヘビがきらわれる原因のひとつに、あのちろちろと出たり引っ込んだり忙しく動く細くて長い舌があるのではと思います。

もししゃべるなら、良からぬ道を教えそう。

人生は選択の連続。
あの親の子として生まれたからには、あるところまでは自身で決めることなどできなかったのも当然ながら、その後の進み方もまちがった気がしてならないとき、別の道もあったのではと、つい思ったりもします。

この句も読まれています。

秋寒や あいつも 凍れ 凍りつけ 実らないどころか、忘れられた人間。 霜の降りるほど寒い朝には、こんなことをおもってしまうのです。 だからだめなのに…...
蓮 の 花 業 な る も の を 預 け た し... はすのはな ごうなるものを あずけたし おそらくは仏教の言葉であろうか。 業という、運命の負の部分を、人は持ち合わせて生まれてくるのかもしれない。 本人のせいではない苦しみを、仏さまの足元に咲く蓮の花に少し預かってもらえぬものか。...
行き着けば また同じ橋 春の夢 Dream Bunny 1 / Rohit Chhiber うつらうつらと気分のいい夢 ばかりではなかった。行っても 行ってもおんなじところに戻っ てしまい、焦ること焦ること。 おかしな夢を見るものだわ。...
浜風の 聴こえる心地 放生会(ほうじょうや)... むかしはもっと浜が近かった気がする。 あっちもこっちも埋め立てて、海岸はなくなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください