虫の声 夢の続きの 入り(はいり)道

夜中に目が覚める。
いっぱいの秋の虫の合唱で、ふたたびまどろむ。

この句も読まれています。

厨口(くりやぐち) 花のヤツデの 横を抜け... 裏にまわって勝手口に行くところ、ヤツデはたいてい そんなところにある。 大きな天狗の団扇みたいなというか、巨人の手のような 緑の葉っぱに守られて、白い小さな粒の集まりのような 白い花が丸い塊になって咲くのだけれど、あんまり誰も 気にかけてない。 日陰にあって、でもかならずそこにあるべきヤツデ。 むか...
銀杏紅葉(イチョウもみじ) 集まるところは 決めており... 昨夜は嵐のように雨風が吹き荒れて、今朝は一面の落葉が雨に打たれている。 よく見ると、うちの玄関の真ん前に、バケツをひっくり返したように、こんもりと。いつもそう。 風向きが同んなじなのかな。 狭いとこで、いつも同じように風が回るのかな。 iPhoneからの投稿...
意に沿わぬ 謝罪しながら 蝉時雨 私のせいじゃない。 誰が見ても、あなたが悪いのに、 新人の私のせいにされた。 しょうがない、謝るしかない。 だってそうしないとおさまらないらしい。 心で蝉が一斉に鳴く、ジージーと音がする。...
盆 の 月 息 災 な り か 無 理 す な と... ぼんのつき そくさいなりか むりすなと 八月は、死者を想う弔いのときです。 原爆忌、終戦日、そしてお盆です。 旅たった身近な人たちが、このときくらいはわたしのことも心配してくれているような気がするのです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください