薪 を 足 す 引 き 戻 さ れ し 花 篝

まきをたす ひきもどされし はなかがり

夜桜の美しさを引き立たせるために、花の下に置くかがり火のことです。
そのしつらえがぎょうぎょうしいと、かえって興を失いますが、ほどほどに揺れる闇には幽玄の気が漂います。
当節は、ライトアップで花全体を見せるところが多いけれど、薪を足すたびに火の粉が舞い上がり桜の花が浮き上がるかがり火の情感には遠く及ばない気がします。

この句も読まれています。

烏 瓜 咲 い て 彼 の 人 絡 め と れ からすうり さいてかのひと からめとれカラスウリ。あの紅い実からは想像もできない、美しい花を咲かせます。カラスウリ自体が少なくなった現在では、見ることは難しいかもしれません。白い五弁の花、それにまとわりつくような、白いレース状の糸。夕方から夜にかけて咲きます。幻想的な花です。...
飛 行 機 の 上 を 行 っ た と 僕 の 凧... untitled / t-miki やっと上がった。だいぶ努力した。走り回って、泥のついた凧が上がった。飛行機が行くのが見えるけれど、真下から見上げると、まるで凧が高く見えるから不思議。飛行機より高かったと、幼子が、頬を紅くして、息荒く報告している。...
大振りの 茶碗蒸し抱く 凍れる(しばれる)手... 茶碗蒸しが好きです。小さな丼に、普通サイズの倍くらいの 茶碗蒸しを作った。大きいから、火加減がむずかしい。 上は巣が入ったようになって、したの方は固まらずってのが 最悪。とろとろと時間をかけて作る。もう少し具材が豪華 ならいいんだけど。それでも温まる。これだけで充分。...
蕾 な る も と よ り 菜 の 花 筑 後 川... スーパーで、今年初めて菜の花を見つけた。 蕾になるかならないかの若いもので ああもう春がそこなんだと気がついた。 見てはいないけれど、筑後川の堤防には、いま、一面の菜の花が咲く準備をしているのだろう。 去年、隣町の福祉センターのバザーで、こんな美味しいものがあるかと思うほどの、菜の花の漬け物を購入し...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください