薪 を 足 す 引 き 戻 さ れ し 花 篝

まきをたす ひきもどされし はなかがり

夜桜の美しさを引き立たせるために、花の下に置くかがり火のことです。
そのしつらえがぎょうぎょうしいと、かえって興を失いますが、ほどほどに揺れる闇には幽玄の気が漂います。
当節は、ライトアップで花全体を見せるところが多いけれど、薪を足すたびに火の粉が舞い上がり桜の花が浮き上がるかがり火の情感には遠く及ばない気がします。

この句も読まれています。

夕焼けに 大きな望みは 持たぬと誓う... 幸せは、それと気づかぬくらいなものでいい。 大きな幸せなんて、恐ろしい。 丸木橋みたいに、あるときゴロンと回りそうで。...
待 つ こ と が 修 行 と い うて ち ろ ろ 虫... Autumn of forest / "KIUKO" せっかちだから、待つことが苦手。 それが原因で、幸せを逃すという より、不幸を招いた人生だったと 思うのです。ここでいっとき、一 言言うて、またいっとき。待つこ とは大切。世の中は、あたしのペ ースで動いてはいない。相手のリ ズムを思うこと、そ...
放生会 鳥居の上の 秋の空 放生会の行われるはこざき宮の鳥居は、確か三つも四つもあります。 海のそばから、お宮まで道路をわたって、参道が続きます。 どの鳥居の上にも、おんなじ真っ青な秋の空です。 放生会は夜もいいけれど、昼間も感動的なのです。 もっとも海は遠くなって、見えなくなりました。...
入 梅 は 今 日 や 明 日 や の 折 り た た み... あじさい@大宮第二公園 / Norio.NAKAYAMA 最近は入梅がはっきりと発表されないようになりましたので、まだかまだかのなんとなく落ち着かない日が続きます。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です