薪 を 足 す 引 き 戻 さ れ し 花 篝

まきをたす ひきもどされし はなかがり

夜桜の美しさを引き立たせるために、花の下に置くかがり火のことです。
そのしつらえがぎょうぎょうしいと、かえって興を失いますが、ほどほどに揺れる闇には幽玄の気が漂います。
当節は、ライトアップで花全体を見せるところが多いけれど、薪を足すたびに火の粉が舞い上がり桜の花が浮き上がるかがり火の情感には遠く及ばない気がします。

この句も読まれています。

す か ん ぽ や 鞄 ( かばん ) 蹴 り 蹴 り 帰 り 道... 小学生は平常運転 / fukapon 気候がよくなった。 布製のお手製の鞄を、肩から斜めにかけて歩いていたけれど、別に急ぐ道でもなし、膝で、ぽかんぽかんと蹴飛ばしながら、あるいてみた、田舎道。 子供の頃はよくやった。 体操服や、給食袋、蹴っ飛ばしながら歩いた、下校道。...
変わらずの 炎暑にもトンボ たたずむ... 続く暑い日、変わらない炎天と思っていたが、とんぼが大群で、小さな川の上を、止まったり進んだりしている。空はまだ真っ青な夏の空、田んぼにはまだ青い稲が、頭を垂れることも無く勢いよく育っている。田んぼのまわりは、からす除けか、きらきら光るテープが張り巡らせてあり、いっそう暑苦しい。川には小さな石造りの古...
梅早し もったいないほど 咲ききって... 外はまだまだ寒いのに、盆栽の梅は、もう満開。 惜しげもなく咲いて、すぐに終わりそうな勢い。 ゆっくり長く咲けばいいのに。...
盆の来て 拝む仏も 家もなく 実家がないと楽。盆も正月もただの休み。会いたい先祖もいない。父親はとうにあちらの世界だが、生きている間、ろくでもなかった人が、死んだからといって、立派になるはずもない。多分わたしには、守護霊とやらはいないんだろう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください