薄 氷 枯 蓮 枯 葦 連 れ し ま ま

うすごおり かれはすかれあし つれしまま

ため池といっても、かなり大きいものです。

昔から農業用に大切にされている、周囲2キロちかくもあるものです。

この寒さで、此処にも氷が張りました。

冬のはじめからそのままの、枯れたハスやアシの葉はそのままに。

他にもなにやかやと道連れにして、この寒さが過ぎるまで。

そして半月もすれば、じんわりと小さな草が萌え出て来るはずです。

この句も読まれています。

新 し き 絵 の 具 捻 り し 今 朝 の 秋... あたらしき えのぐひねりし けさのあき 机の上を片付けて、手を拭くタオルを湿らせて、きれいな水を入れて準備完了。 座布団に正座して、絵の具の蓋を開け、色を決め、やおら小さな蓋を捻り、逆さま向けて蓋の尖った部分でちょっと押すと、銀色のカバーが少しだけ開き、色が出てきます。 新しいものをおろすときは、...
どくだみを 干して 五月の雨を聞く... どくだみの花が咲いたら、根っこから採って洗って干して、お茶にしようと思う。前は20度の甲 類の焼酎に漬けて、どくだみ化粧水を作っていたけど、たいていできる前に飲んでしまうので やめた。どくだみを干すと部屋中にどくだみの香りが充満して、すがすがしい。嫌う人もいるが わたしは好き。どくだみを束にして、つ...
先 ず 返 事 気 の 向 く ま ま に 春 炬 燵... まずへんじ きのむくままに はるこたつ 洋裁の先生から、返事がいいと言われます。 まず、返事。 何を言われているかは、それから考えます。 でも、どう考えても向いてないものだから、同じところを失敗する。 人間がテキトーだから、よく分からなくても立派な返事ができるのです。...
新 入 り は 酌 も 知 ら ぬ と 冷 や し 酒... 新入りは しゃくもしらぬと ひやしざけ 新人は、まずあいさつをしながら酌をして回るものだと、定年越えの再雇用組。 あなた方の若い頃はそうだったのでしょう。 今はもう、そういう面倒くさいことはしなくてもいいのよ。 社員旅行だって、女子社員の評判が悪くて、取りやめるとこ多いでしょう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください