薄 氷 枯 蓮 枯 葦 連 れ し ま ま

うすごおり かれはすかれあし つれしまま

ため池といっても、かなり大きいものです。

昔から農業用に大切にされている、周囲2キロちかくもあるものです。

この寒さで、此処にも氷が張りました。

冬のはじめからそのままの、枯れたハスやアシの葉はそのままに。

他にもなにやかやと道連れにして、この寒さが過ぎるまで。

そして半月もすれば、じんわりと小さな草が萌え出て来るはずです。

この句も読まれています。

夜 神 楽 の 溢 れ 松 明 顔 半 分 よかぐらの こぼれたいまつ かおはんぶん たいまつが燃え盛る、火は人々の顔を半分だけ明るく映します。 ロウソクの炎とは、まったくちがう激しい火の粉です。 じっと見つめる人間のアタマの片隅の片隅に埋もれているものを引っ張り出すのかもしれません。 平家の安徳天皇は、身代わりだったという説が世間に...
雪降りて 積もる雪かと 人の問う 雪はいろいろ。 吹雪いていても、風がやめば消える雪もある。 牡丹雪は積もらないとか、積もるとか。 帰る頃にはやむとか、やまないとか。 あれやこれやと人はうるさい。...
衿を抜き 色街の宵 黒日傘 夕方までも結構な日差しがある。 髪は夜会巻きというのか、高く練り上げて、着物の襟は後ろに引いて、 垢抜けている。 暑いのに涼しげ。 見惚れる。...
祭 り 笛 暗 渠 が 支 ゆ 商 店 街 まつりぶえ あんきょがささゆ しょうてんがい 水路に覆いやフタをして、上を生活の場として使えるようにしたアンキョは、あちらこちらそこここにあるようです。 こんなところもという具合です。 市内いちばんの、終戦直後から続く商店街も例外ではないこと、このごろ知りました。 生活の知恵でしょう。 下...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください