茄 子 漬 け の 上 が り 水 ま で 濃 紫

なすづけのあがりみずまで こむらさき

漬け物が好きで好きで困っています。

血圧が高いからです。

外で出されるものは食べるけれど、自分では買いません。

だけど、八百屋の隅に、近隣の農家が作って、ちょっと形が悪くても、じゅうぶん新鮮な、ナスやカブの葉っぱ付きを見ると、熟考のうえ、買って塩とヌカで簡易漬け物を作ってしまうことあります。

一日で水が上がって、うす味で食べごろ。

ナスは、茄子紺の色そのままにみごとなムラサキです。

この句も読まれています。

大 根 葉 刻 め ば 遠 き 春 の こ と だいこんば きざめばとおき はるのこと 大根の葉。 刻むと、肺の中いっぱいに春が広がる気持ちになります。 香りが強くて、心が洗われる気がするのは、ハーブ類は別として、他には水仙、沈丁花、クチナシ、金木犀くらいでしょうか。 なかでも、わたしにとって、大根は特別です。 花も香りも大好きです。 たった四...
ツユクサに 有刺鉄線に 玉の露 野の花に、空き地に捨て置かれた材木に、針金に、おんなじように秋の露が降りて、 まるでちがう景色に見える。 あたしの大好きなカーディガンの季節がきた。...
日に何度 砂ぼこり舞う 胸の内 ざわざわすること多い。言った本人はおそらく気がついてない。わたしがしつこいことも。一言一言充分注意して発言しなくてはいけないと思う。自分も何処かで、人を傷つけている可能性あり。用心。人間はおそろしく傷つきやすいものだから。...
冬 薔 薇 あ し た の 空 を 疑 は ず ふゆそうび あしたのそらを うたがわず なにもこの寒空の下、開きかけた花びらは、何日もそのまま凍ったように、さらに縁取りのように白い雪がその形をなぞっている朝もあるというのに。 春になれば、プリンセスのドレスのような仲間が競って咲き出すというのに。 かたくなで、生真面目な、冬のバラがわたしは好...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください