茄 子 漬 け の 上 が り 水 ま で 濃 紫

なすづけのあがりみずまで こむらさき

漬け物が好きで好きで困っています。

血圧が高いからです。

外で出されるものは食べるけれど、自分では買いません。

だけど、八百屋の隅に、近隣の農家が作って、ちょっと形が悪くても、じゅうぶん新鮮な、ナスやカブの葉っぱ付きを見ると、熟考のうえ、買って塩とヌカで簡易漬け物を作ってしまうことあります。

一日で水が上がって、うす味で食べごろ。

ナスは、茄子紺の色そのままにみごとなムラサキです。

この句も読まれています。

終 わ ら な い 女 の 話 梅 雨 の 空 聞きたくない話が続く。どうしてこの人は、わたしがきりあげたがっていることに気がつかないのか。相槌も打つ。笑いもする。だけどなにか感じるだろうに、ふつうなら。おめでたいのか、厚かましいのか。延々と続く。...
沢 す じ の 滑 落 抱 い て 山 眠 る 20091207 Kiyosato 1 (yatsugatake) / BONGURI 今年は、雨が多かった。山では小さな崖崩れが起こり、尾根と尾根の間の落ち込んだところの樹々が流された。とくに人の通りには被害のない場所だったためか、手が回らないのか、今のところそのまま、山肌を晒して痛々しい。それな...
朧 月 立 坑 跡 に 乗 り か か り おぼろづき たてこうあとに のりかかり 大牟田市近代化産業遺産、宮原坑立て坑跡。 はじめは官営三池炭坑として、その後三井に払い下げられ、日本の産業を牽引したとされています。 現在残る廃虚のような立て坑は、石炭産業の華やかなりし頃の面影は薄いものの、春の朧の月を載せ、穏やかにそこにあります。 その後...
去 年(こぞ)ま で は 嫗(おうな) 自 慢 の 柿 簾... 干し柿。 作るのには、とても手間暇がかかる。 まず、使うのは渋柿。 皮を剥くのだけれど、吊るすときに便利なように、ヘタと少しの軸をT字になるように残しておく。 そして熱湯をくぐらせる。 これはまあ消毒のようなものらしい。 干し柿に黴が生えないように。 それから、紐で結んで下げていくのだけれど、柿と柿...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください