茄 子 漬 け の 上 が り 水 ま で 濃 紫

なすづけのあがりみずまで こむらさき

漬け物が好きで好きで困っています。

血圧が高いからです。

外で出されるものは食べるけれど、自分では買いません。

だけど、八百屋の隅に、近隣の農家が作って、ちょっと形が悪くても、じゅうぶん新鮮な、ナスやカブの葉っぱ付きを見ると、熟考のうえ、買って塩とヌカで簡易漬け物を作ってしまうことあります。

一日で水が上がって、うす味で食べごろ。

ナスは、茄子紺の色そのままにみごとなムラサキです。

この句も読まれています。

這松(はいまつ)に 秋の浜風 秋の波 地を這うような松は、そういう種類か。 わたしには、波風に傷めつけられて、形を変えてしまったように 見えてしょうがない。 秋の風、秋の浜。...
秋高し 人はひとり 馬もひとり 知らず知らずのうちに、秋が忍び寄ってきました。 空はどこまでも高く、吸い込まれそうな気がするとき、 人間はひとりだと思います。 いろいろごまかしても、所詮ひとり。 動物はみんなおんなじ。...
気 が か り は 春 愁 と 言 ふ ひ と く く り... 小さな心配は、水を含んだ海綿のように膨らむ。 何が変わったわけでもないけれど、このだるさはなに? そろそろ花粉症・・・?...
裏門司の 坂に連なる 寒灯や 門司港といえば、大した観光地。 時代がかった駅舎はなんとも懐かしく、 点在する旧い建築様式の建物もなかなか魅力的。 わたしが気に入らないのは、港に向けての青い橋。 いかにも観光客目当てに作られた店や桟橋。 山の方は、取り残されて手付かず。裏門司という らしい。旧い料亭があったが、いまはどうなっている...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です