茄 子 漬 け の 上 が り 水 ま で 濃 紫

なすづけのあがりみずまで こむらさき

漬け物が好きで好きで困っています。

血圧が高いからです。

外で出されるものは食べるけれど、自分では買いません。

だけど、八百屋の隅に、近隣の農家が作って、ちょっと形が悪くても、じゅうぶん新鮮な、ナスやカブの葉っぱ付きを見ると、熟考のうえ、買って塩とヌカで簡易漬け物を作ってしまうことあります。

一日で水が上がって、うす味で食べごろ。

ナスは、茄子紺の色そのままにみごとなムラサキです。

この句も読まれています。

は ら り と す 遠 き 日 付 の 秋 栞 猫のしおり / snogglethorpe 古い本を読み返してみた。 はらりと落ちた栞は、む かしたしかあの人に貰っ た。日付と短いメモ、た ぶん面倒だから、そこに あった栞をメモ替わりに したんだと思うけれど、 まあ過ぎてしまえば、た だただなつかしく想い出 されることばかり。いま この瞬間も、い...
三 代 目 見 よ う 見 ま ね の 吊 る し 切 り... さんだいめ みようみまねの つるしぎり アンコウの吊るし切り。 激しく押しつぶされたような顔。 深海魚。 黒褐色。 下あごが突き出した受け口状の大きな口に小魚を誘い込んで食べます。 筋肉が締まってないので、調理のときは、アゴに通した縄で吊るし、多量の水を胃の中に注ぎ、特別の包丁さばきで切...
長 梅 雨 に 売 家 の 札 も 滲 み け り... もうずいぶん長いこと「 売り家 」の木札が下がっている。 家というものは、人が住まなくなると、途端に歳をとる。 急に痛み出す感じがする。 アクセスは、そう悪くないのに、このお化け屋敷が災いして、 売れないのだろうか。 いっそ徹底的に古ければ、壊せばいい話だが、微妙なところか。 当然、庭木も伸び放題。...
千年の 猛暑と鳴いて 蝉時雨 今年は、千年に一度の猛暑と聞いた。 朝は早くから、蝉が鳴く。 今日も間違いなく、暑くなる。 人間は、暑さ寒さでもじゅうぶん疲れる。 炎天下の作業の人、工事現場の交通整理の人。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください