花 見 上 ぐ ひ と と き 浄 土 あ り し よ な

はなみあぐ ひとときじょうど ありしよな

こんなみごとな桜を、あの人が見ていないわけはない。
宴の最中かもしれない。
見上げると空。
見上げると桜。
貴方が幸せでありますように。
もう慣れましたか。

この句も読まれています。

時 雨 る や 家 中 大 根 煮 る 匂 ひ 明け方から冷たい雨。 長いこと天気のいい日が続いたから、庭木は喜んでいるだろう。 わたしは、雨になると、掃除をしたくなる。 最近は、洋服の端切れを引っ張り出して、見よう見まねで小物を作ったりしているから、生地を置いている棚が何とは無しに乱れがち。 着物を解いた生地、洋服の生地、勿体なくて捨てられない...
冬 耕 や 絵 画 の ご と き 暮 色 か な... DSC00181- / misawakatsutoshi 山の迫る、狭い土地を耕す人がいる。列車の窓から、まず空が広がり、山が迫り、もうまもなく日が暮れるというのに、鍬を持ってひとり農作業。絵になると言えば、失礼にあたる。人生とは、こうやって行くものかもしれない。...
田に水の はられてほっと 息をする ... 田んぼに水を張って、田植えの出来る状態になっている様子を、代田(しろた)というらしい。静かに水をたたえ、さらに雨を待っている、この景色はとても心を落ち着かせる。...
新 し き 絵 の 具 捻 り し 今 朝 の 秋... あたらしき えのぐひねりし けさのあき 机の上を片付けて、手を拭くタオルを湿らせて、きれいな水を入れて準備完了。 座布団に正座して、絵の具の蓋を開け、色を決め、やおら小さな蓋を捻り、逆さま向けて蓋の尖った部分でちょっと押すと、銀色のカバーが少しだけ開き、色が出てきます。 新しいものをおろすときは、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください