花 見 上 ぐ ひ と と き 浄 土 あ り し よ な

はなみあぐ ひとときじょうど ありしよな

こんなみごとな桜を、あの人が見ていないわけはない。
宴の最中かもしれない。
見上げると空。
見上げると桜。
貴方が幸せでありますように。
もう慣れましたか。

この句も読まれています。

京 人 参 出 で て 新 年 近 ま り ぬ きょうにんじん いでてしんねん ちかまりぬ 正月料理に使う、あのオレンジ色ではなく、真っ赤な人参。 京人参とか、金時人参というらしいです。 トマトとおんなじリコピンという物質が豊富で、がん予防になるとか。 スーパーや八百屋にこれが並ぶと、もう数え日に入ったと実感します。...
磯の香の 強し黒海苔 炙る(あぶる)とき... 寿司用の海苔を、軽く炙って、おにぎりを包む。 パアーッと磯の香りが広がる。 春が近いと感じる。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
初 秋 や 比 叡 (ひえい) お ろ し は 顔 で 受 け... 六甲おろし? / mah_japan わたしは○○おろしという言葉が 好きである。六甲おろし、比叡おろ し、山から吹きおりる北風のことだ と思う。山を見て、風を全身で受け る。いろんなことが、思ってもない 方向へ転がる。先のことはわからな い。吹く風のまま。明日はどんな風 が吹くのやら。...
親 切 に 距 離 を と ら れ て 桜 桃 忌... しんせつに きょりをとられて おうとうき 桜桃忌・・・無頼派の小説家、太宰治の命日。 愛人山崎富栄と心中。 玉川上水にて。 享年38才。 6月6日に決行して、遺体が上がったのは6月13日。 くしくもこの日は太宰の誕生日。 桜桃忌、太宰忌として、夏の季語となったと聞く。 わたしだって、好きでアナタ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください