花 疲 れ は し ゃ ぎ し 分 は 返 さ れ て

はなづかれ はしゃぎしぶんは かえされて

花見疲れのことです。

花見に出向き、人混みにもまれ歩き回ると、思いのほかクタクタになります。

昼間の気温は上昇気味、午後からは冷えたりと不安定な気候でもあり、どことなくほこりっぽいなかを歩きます。

よって我が家に帰り着いたころにはすっかりくたびれてしまうわけです。

一晩寝ればスッキリとはなかなかいかず、しばらく尾を引きます。

この句も読まれています。

き ち き ち と 言 は ば 居 場 所 の 丸 わ か り... きちきちと いわばいばしょの まるわかり バッタの仲間です。 精霊バッタは、お盆のころに出てくるからこの名前が付いています。 別名、キチキチ。 オスよりメスが大きい。 後ろ足が発達していて、体長の数十倍もの距離をジャンプするそうです。 飛ぶときに、キチキチと音を出します。 変な音出すから、どこにい...
灯のともる までの見守り 蛍袋 ホタルブクロ / suneko 日が長い。夕餉のときが来たのか。ぽつぽつと家々に灯がともる。みんなお帰り。蛍袋はいつもうつむいて、その膨らんだ体いっぱいやさしさが詰まっているような気がする。...
凌霄(のうぜん)花 愛でたる人の 七回忌... ノウゼンカズラがきれいって、大好きだった人の七回忌が来る。 ノウゼンカズラの季節に逝った。 花を見るたび、思い出す。...
羽 抜 け 鳥 祖 先 は 恐 竜 な り し と か... はぬけどり そせんはきょうりゅう なりしとか 羽抜け鳥。 羽毛が抜け変わる頃の鳥、主にニワトリ。 また、羽毛が抜け落ちたニワトリ。 威勢はいいが、見かけが間が抜けていて、おそろしくみっともないけれど、それなりに愛らしくもあります。 祖先は恐竜。 始祖鳥? つばさに鋭い爪があり、我が物顔で空中を席...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください