花 疲 れ は し ゃ ぎ し 分 は 返 さ れ て

はなづかれ はしゃぎしぶんは かえされて

花見疲れのことです。

花見に出向き、人混みにもまれ歩き回ると、思いのほかクタクタになります。

昼間の気温は上昇気味、午後からは冷えたりと不安定な気候でもあり、どことなくほこりっぽいなかを歩きます。

よって我が家に帰り着いたころにはすっかりくたびれてしまうわけです。

一晩寝ればスッキリとはなかなかいかず、しばらく尾を引きます。

この句も読まれています。

小菊挿し 無縁墓(むえんぼ)秋を 堪能(たんのう)す... 霊園の片隅に二つ、⚪️⚪️市無縁墓と書いてある。 誰が供えたか、石の花入れに入りきれないほどの 黄色の小菊。右と左に。 通る人の心を癒す。 墓は生きている人のものだと実感する。...
彼岸花 人の気持ちの 裏が見え まだ暑い。が、空はこころなしか高く、秋の気配。このごろ人の本心がちらちら垣間見える気がする。昔はなんで単純に、おとこなんか好きになったんだろう。...
田 に 墜 ち て 火 柱 の 立 つ は た た 神... はたた神とは、雷のことという話。 何もない田んぼには落ちるまいと思っていたのがまちがいだった。 物凄い雷鳴と大音響がいっしょになって、どーんと天をつんざく火柱となる。 いかにも神の仕業。 自然を舐めてはいけない。 何が起こるかわからない。...
浪 光 る え つ の 鱗 ( うろこ ) や 風 光 る... エツ漁解禁。 決して大きくはない舟で、網を投げ引き揚げながら、一匹ずつはずしていきます。 淡白過ぎるほど淡白な川魚で、筑後川にしか生息しません。 正確に言えば、海水と淡水が混ざり合う汽水域に生息しているとのことです。 産地は久留米市城島町。 むかしは三潴郡城島町。 清酒の里でもあります。 エツは、骨...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください