花 疲 れ は し ゃ ぎ し 分 は 返 さ れ て

はなづかれ はしゃぎしぶんは かえされて

花見疲れのことです。

花見に出向き、人混みにもまれ歩き回ると、思いのほかクタクタになります。

昼間の気温は上昇気味、午後からは冷えたりと不安定な気候でもあり、どことなくほこりっぽいなかを歩きます。

よって我が家に帰り着いたころにはすっかりくたびれてしまうわけです。

一晩寝ればスッキリとはなかなかいかず、しばらく尾を引きます。

この句も読まれています。

川風の 芒(すすき)の堤防 吹き渡り 堤防は、一面のすすき。 川は上流のダムの都合で、水が増えたりちょっと減ったり。 川風はススキを撫でるように吹き抜ける。 すすきは、穂を出しかけて、今はもう盛り。 少ししたら、ふわふわの綿帽子を飛ばすのだろう。 よかったらクリックください。励みになります。...
空き家(いえ)に 風通しおり 夏果てぬ... 老人ホームに移った人の家に、風を通した。 秋の風だった。
こ こ だ け の 話 と 言 ふ た に 木 下 闇 ( こしたやみ )... 人間というものは、そもそもこんなものであろう。 悪いのは、わたし。 いちばんに秘密を漏らしたのだから。 くるくると回りまわって、本人の耳に入ることまでは、考えなかった。 悪かった。 職場で、酷くいやがらせを受けているとのことだった。 あいつなら、やるだろう。 それにしても、酷すぎると、わたしも腹がた...
引 き 潮 の 冬 日 に 帰 る ご と く 逝 く... ひきしおの ふゆびにかえる ごとくいく 人の生き死にに月の満ち欠けが関わるとは、老人の言うことです。 ホントかウソか、まともに考えたこともないのですが、有明の海に潮が引くのを見ていると、そんなこともあるのかしらと思ってしまいます。 生き方や境遇や、持病などとは遠いところで、決められていたような...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください