花 の 雨 性 (さが ) な る も の を 想 ひ た り

はなのあめ さがなるものを おもいたり

人が桜を愛でるのは、その儚げな姿、咲き誇った艶やかさ、散り際の潔さに尽きると思うのです。
咲いて散るこれもまた、さだめでしょう。
古来から、吉野の山にお詣りに来た人々が花を植え続けてきたというのも、持って生まれた運命を
どうにかしようと思うわけではなく、しみじみと認識する時間がほしかったのではと思うのです。
運命とはどうしようもないもの、どうやってその波に、流れに乗るかを模索すること考えることが、その時間が必要なのかもしれません。
みんな一生懸命なのです。

この句も読まれています。

石切り場 一時雨(ひとしぐれ)きて 日は暮れて... 石切り場のあの無味乾燥な雰囲気が、一雨くると 表情を変える。 石は濡れて潤い、瑞々しい。 この先ひと雨ごとに秋から冬へ季節は移ろう。 柿や銀杏の落ち葉が楽しげに散るのとはちがい、 大きな石が尖ったままに雨に濡れるのは迫力がある。 雨が降るたびに、落ち込むことができるというか、 それほど頻繁に辛いこと...
何 処 ま で も 彷 徨 へ と 白 銀 の 芒... どこまでも さまよえと はくぎんのすすき 細い川の両岸に、はんぶん枯れかけて穂は白く今にも飛びそうなススキがえんえんと続きます。 国土の狭いと言われるこの国の、ここだけ砂漠のように取り残されて。 ススキは始め、赤い穂がすっと出て、なかなか広がらず若々しい穂はチカラを感じます。 広がり出すと際...
紫の 袴のような ズボン縫う ワイドパンツを縫っている。深い紫。いいものではありません。着分売りのバーゲンのコーナー で見つけました。なんと表から貼り付けるんじゃないポケットがついているのです。習ったのに 自分で作るとぐちゃぐちゃになります。でも目の肥えてない人がさらっと見るぶんにはわからな いです。はかまのようなワイドパンツで...
あ っ ち こ ち よ き 顔 す れ ば 亀 の 鳴 く... 何処の世界にも、「気の合う仲間」といえば聞こえがいいけれど、度を越して派閥に近いものができたりする。 どうでもいいつまり、どちらにも嫌われたくないなら、じょうずに泳ぐしかない。 肝心な話には入らず、または聞いてないふり。 どうでもいいとこだけ、にこにこというか、へらへら参加。 この歳になって、わたし...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です