花 の 雨 性 (さが ) な る も の を 想 ひ た り

はなのあめ さがなるものを おもいたり

人が桜を愛でるのは、その儚げな姿、咲き誇った艶やかさ、散り際の潔さに尽きると思うのです。
咲いて散るこれもまた、さだめでしょう。
古来から、吉野の山にお詣りに来た人々が花を植え続けてきたというのも、持って生まれた運命を
どうにかしようと思うわけではなく、しみじみと認識する時間がほしかったのではと思うのです。
運命とはどうしようもないもの、どうやってその波に、流れに乗るかを模索すること考えることが、その時間が必要なのかもしれません。
みんな一生懸命なのです。

この句も読まれています。

福子の 職場 いじめられ日記(3) 福子の会社には、なんと労働組合があります。 びっくりです。結構な組合費とられます。研 修もあります。呆れるような研修です。接遇 について、講師を呼んで話を聴き、実際に隣 の人と組みになってやらされます。こんなこ とは雇用側がやるべきことです。なんで組合 が、会社の代わりにこんなことまでするのか よく...
終わらない 電話のありて 薄暑かな 某社オフィス / nishidaryuichi じっとりと汗ばむ事務所の中。誰も窓を開けようとしない。暑がりのわたしはときどきそっと窓を開ける。「寒いと思ったら、窓が開いてるう」必ず誰かが言う。約束があるのに、電話が終わらない。毎回必ず終わらない人は終わらない。切り上げるような言葉は禁物。喋りたいよ...
も う 逢 は ぬ ま た ね と 言 ふ て 春 の 月... 数少ない経験から言うと、 二度と逢うつもりのないとき、オトコは必ず、「 じゃあ、またね 」と言う。 にっこり笑って、手を挙げる。 人は人を裏切るときウソをつくとき、やさしくなる。 よくしゃべる。...
食 べ て け と 熱 々 の 餅 牛 の 梅 熱々の出来たての梅ヶ枝餅を食べながら、赤煉瓦のトンネルを目指す。 飛梅は、いつもと同じように黒光りの牛とともにそこにあり、人が増えたこと以外むかしと何も変わらない。 お石茶屋は、その由来を知ってか知らずか、店の外まで人で溢れ、そのわりには続くトンネルに人影はない。 筥崎で生まれたわたしが、何の縁で此...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください