花 の 雨 性 (さが ) な る も の を 想 ひ た り

はなのあめ さがなるものを おもいたり

人が桜を愛でるのは、その儚げな姿、咲き誇った艶やかさ、散り際の潔さに尽きると思うのです。
咲いて散るこれもまた、さだめでしょう。
古来から、吉野の山にお詣りに来た人々が花を植え続けてきたというのも、持って生まれた運命を
どうにかしようと思うわけではなく、しみじみと認識する時間がほしかったのではと思うのです。
運命とはどうしようもないもの、どうやってその波に、流れに乗るかを模索すること考えることが、その時間が必要なのかもしれません。
みんな一生懸命なのです。

この句も読まれています。

や り 直 し た き こ と 数 え 春 霰 ( あられ )... はっきり言えば、全部丸ごとやり直したい。 あれもこれも失敗。 どうにも挽回できないことがほとんどだけど、小さなことでもやり直せるなら、この先の人生を、そこに力を注入して死にたいと思う。...
ハ ン カ チ に ア イ ロ ン の 癖 い つ か 消 え... はんかちに あいろんのくせ いつかきえ あまりの暑さに、外へ出るときは、タオル地のハンカチを使っています。 ハンカチに、花柄の刺繍をしたものや、周囲の模様がかわいくカットされたものなどあった頃は、今ほど暑くなかったのでしょう。...
屈辱の 染入る夜なり 秋の雨 男女の間に生じた屈辱感は、重い。 好きだっただけに、許せないものがある。 好きとかきらいとかを通り越した、人として許せない感情が芽生える。 そうなったほうが楽である。 恋い慕うより、憎むほうが楽である。...
春隣(はるとなり) 切子グラスに 当たる陽に... 春が近いと実感すること増えたこの頃。 テーブルに置いた切子の小さなグラスに あたたかい陽射しが届いて、きらりと 光ってとても綺麗です。わたしは何でも かんでもマグカップで済ます情緒のない 人間ですが、この時はワインはワイング ラスで、日本酒はお猪口で、ビールはプ レミアム特製グラスで飲もうと思いまし...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください