花 の 雨 性 (さが ) な る も の を 想 ひ た り

はなのあめ さがなるものを おもいたり

人が桜を愛でるのは、その儚げな姿、咲き誇った艶やかさ、散り際の潔さに尽きると思うのです。
咲いて散るこれもまた、さだめでしょう。
古来から、吉野の山にお詣りに来た人々が花を植え続けてきたというのも、持って生まれた運命を
どうにかしようと思うわけではなく、しみじみと認識する時間がほしかったのではと思うのです。
運命とはどうしようもないもの、どうやってその波に、流れに乗るかを模索すること考えることが、その時間が必要なのかもしれません。
みんな一生懸命なのです。

この句も読まれています。

柿の実の 色づくごとに 息白く いまこの秋をかみしめないと、もったいない。 秋はすすんでいく、その一歩一歩が素敵です。
情 念 の ほ と ぼ り 冷 ま す 蛍 か な... じょうねんの ほとぼりさます ほたるかな 追えば逃げる逃げれば追うなどと言われ、むかしからオトコとオンナの間には、理解できない深いミゾが存在するのか、愛しかったり、殺したいほど憎んだり、なんともいそがしいものです。 感情は、自分でコントロールできるものでもなく、振り回される感はあります。...
夏が往く 貨物列車に ススキの穂 盆がすぎ、暑さの中にほんのひとつまみの秋、まだまだほんの気持ち、でももうひと頑張り、秋まで。
逝 き し 人 応 援 席 に 甲 子 園 いきしひと おうえんせきに こうしえん 夏の高校野球の県大会。 横顔ながら、あまりに似ている。 世の中に、似ている人はかならず居るとは言うものの。 帽子のかぶり方、取り方。 笑顔。 涙でよく見えない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください