花薊(はなあざみ) 生けし時より 向きを変え

Japanese Thistle / Cirsium japonicum / ドイツアザミ / ハナアザミ
Japanese Thistle / Cirsium japonicum / ドイツアザミ / ハナアザミ / TANAKA Juuyoh (田中十洋)

アザミは力がある。トゲのある太い茎から
ギザギザの葉っぱの先まで。苦労して花瓶
におさめたところが、一晩経つと、好きな
方向、一本一本がめいめい勝手な方を向い
ているのに驚いた。生命力が強いんだろう。

この句も読まれています。

行 き 当 た り ば っ た り に 見 へ 沙 羅 双 樹... いきあたり ばったりにみえ しゃらそうじゅ 世の中は、決められたようになっていると以前に聞いたことがあります。 偶然と思われることは、すべて必然で、何もかもすでに決められたことだというのです。 ことの真相はわからないけれど、もしそうなら、七転八倒苦しんだり、死ぬほど努力したりはイミのないことなので...
咲いて散る 花の筏(いかだ)に 三度酔う... 花は、蕾のうちから、人の口にのぼり、三分五分と騒がれ、そして満開を迎える。 花は、散るときも風情を漂わせ、はかなげで、美しい。 風に吹かれて、水面に散った花びらは、離れて寄って、水の流れに沿って、 人はそれを見て、またも心を打たれる。...
七草を 犬の小便 気になりて たまには、七草粥を、自分でそろえようと、 散歩に出たが、近くに畑もあぜ道もなく、 道端を探していると、犬がオシッコしてる んじゃないかと思って、何もとらずに 帰ってきた。...
第55回 全国俳句大会 主催 俳人協会... 入選 春 愁 や 追 伸 長 き 手 紙 来 て 三村純也先生 選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください