花薊(はなあざみ) 生けし時より 向きを変え

Japanese Thistle / Cirsium japonicum / ドイツアザミ / ハナアザミ
Japanese Thistle / Cirsium japonicum / ドイツアザミ / ハナアザミ / TANAKA Juuyoh (田中十洋)

アザミは力がある。トゲのある太い茎から
ギザギザの葉っぱの先まで。苦労して花瓶
におさめたところが、一晩経つと、好きな
方向、一本一本がめいめい勝手な方を向い
ているのに驚いた。生命力が強いんだろう。

この句も読まれています。

暑 か り し 沢 庵 噛 め ば 脳 に 来 る... あつかりし たくあんかめば のうにくる暑さのせいなのか、わかりません。トシのせいかもしれないのです。自分がタクアンを噛む音が、脳天に響き渡り、音はより大きく感じます。気のせいでしょうか。アタマ、大丈夫でしょうか。歯医者が先でしょうか。...
空 高 し 夏 の 終 わ り の バ ス が 行 く... ボンネットバス / naitokz 空気が澄んでいる。空が高い。 地域循環のコミュニティーバ スは、大きさはマイクロ、色 は空と同じ水色。路線バスが 入らない路地を縫うように走 る。すこし小ぶりのバス停が あって、一時間に三本くらい の本数だから、忙しい人には 向かない。便利なところは、 地域に一...
ナビはもう 当てにならぬと 石蕗(つわ)の花... なんで、ここまで来て、見離す。 目的地に到達なんぞしてないだろうが。 ここのどこだ。 時間がない。汗が噴き出す。 覚えておれ、ナビ。 ありがとう石蕗の花。...
蔦若葉(つたわかば) 濡れて芽を出す 春最中(はるさなか)... 蔦の若葉は遅い。四月も半ばになってようやく芽を出す。紅い芽から、緑ではない鶯色の赤い縁取りの若葉が顔を出す。てらてらとむれたように光り、まるでさなぎからかえった蝶の羽のように見える。春の息吹というか、自然の底力というか、桜でも藤でもない、雑草にも変わらない力を神様はお与えになったのですね。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください