花の雨 期待は期待 夢は夢

ちょっと気合を入れて、化粧して、ちょっと
考えて、服を選び、いざ出陣で向かったはい
いが、力を入れたのは自分だけ。淡々と時間
は過ぎ、ではさようなら。べつにいいけど。
がんばって損した。せめて楽しい会話をした
かったのだけれど。思うようにはいかない。

この句も読まれています。

ダムのでき 山肌痛し 炎暑かな ダムはきっと必要なのでしょう。 でも近くの山の緑にうもれるのが、好きで、ときどき豆腐食べがてら、山に行くのが楽しみだったのに、 うっそうとした森がだんだん明るくなって、このごろでは工事が進んで、ぐっさり削られていくのを見ると 山の悲鳴が聞こえるような気がします。 足も遠のく一方です。...
薄らいで 時雨の音を 刻み込む  私は夜中に必ず目が覚める。雨が降っているときは幸せ。とくに寒い季節の時雨の頃は雨の音や風の声を聞きながら、あれこれと考えてもしょうがないことに想いを巡らす。そうこうしているうちにまたうとうと寝入ってしまう。雨は落ち着く。...
こんこんと 咳する人あり 半夏生 暑くて暑くてときどき寒い。 きょうは風も強い。 庭に広げたパラソルがひどく揺れている。
秋 の 蝶 羽 た た み つ つ ひ と つ ず つ... あきのちょう はねたたみつつ ひとつづつ まだ何かやり残したことがあるのか。 後悔してる、例えば失言して、そのまま修復できないでいることがあるのか。 見るからに意欲に乏しい秋の蝶が、庭のわずかな花を、ひとつひとつ訪問しているようにも見えるのです。 高い空を勢いよく飛んでいたのに、寿命の終わり...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください