色 溢 れ 惜 し み な く 降 り 紅 葉 渓

いろあふれ おしみなくふり もみじだに

窪地になった坂道を登ったり下りたり、上を見ながら歩いていると、紅葉の落ち葉が降るように落ちてきます。
赤だったり、黄色だったり、色様々で夢のようです。
すき間には高くて青い秋の空が見え、紅葉はいちだんと映えます。

この句も読まれています。

米を研ぐ 飯を炊いても そぞろ寒 ただ秋になったからか、気が滅入っているからか、まだたいして涼しくもないのに、寒い気がするときがある。
新酒(しんざけ)の 樽の青さの 味もして... 新酒会、底冷えの朝も、この日ばかりは気にならず。 五種類も呑まないうちに、味は混ざってしまう。 地鶏のご飯を食べながら、酒蔵の煙突を見上げる。 筑後川の水、豊穣の土地に育った米で造られた酒。 いまここにいる幸せ。...
もうまたと 蚊取り線香の 頃になり... 大きな薮蚊を見つけた。蚊と蠅とゴキブリは許さない。蚊取り線香でないといけない。なんかリ キッドタイプとか、煙の出ない新兵器じゃだめなのです。蚊取り線香は普通のタイプと長時間タ イプと揃えている。それもキンチョウでないといけない。香りがちがう。...
ひと休み 此処は(ここは)銀杏の(いちょうの) 散りどころ... 銀杏の落ち葉の綺麗なこと。 此処は休み休み、降り敷く落ち葉を踏みながら、 青い空を見上げながら、缶コーヒーを飲みながら、 このいっときの幸せを噛み締めたい。 小さな喜びが見つけられるようになると、 なぜか最悪は避けられそうな実感がある。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください