色 溢 れ 惜 し み な く 降 り 紅 葉 渓

いろあふれ おしみなくふり もみじだに

窪地になった坂道を登ったり下りたり、上を見ながら歩いていると、紅葉の落ち葉が降るように落ちてきます。
赤だったり、黄色だったり、色様々で夢のようです。
すき間には高くて青い秋の空が見え、紅葉はいちだんと映えます。

この句も読まれています。

地 卵 は あ ま り に 小 粒 秋 深 し じたまごは あまりにこつぶ あきふかし ニワトリに配合飼料ではなく、自然由来の餌を与え、さらに放し飼いで育てていることで有名な養鶏場で玉子を買いました。 玉子はすべて茶色で、とても小さく、殻もしっかりしたものでした。 これなら玉子かけご飯が食べられそうです。 ブロイラーの養鶏場では、温度もそして日...
夕立や 木々が喜ぶ 息をつく 水をやる人のない、街路樹や植えっぱなしの木々が、喜ぶのがわかるのです。 ああ、これでしばらくは生き延びるだろうと、ホッとしているのです。...
柊 の 新 芽 五 月 の 陽 に 生 ま れ ひいらぎの しんめごがつの ひにうまれ 新芽は淡い緑色。 黄緑を濃くしたくらいの色で、ひいらぎの上にまわりに芽を出し、育っているところ。 あのトゲトゲの葉はそのまま。...
うそ寒し 人に正論 杜鵑草(ほととぎす)... 人には正論を示し、自分は巧妙に手抜きをする。 そんな人、見たことありませんか。 手を抜く術があるのなら、ちょっとアドバイスしてくれたって 良さそうなもの。偉く見せたいのか。権威が失墜すると 思うのか。小さい奴が多い。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください