色 溢 れ 惜 し み な く 降 り 紅 葉 渓

いろあふれ おしみなくふり もみじだに

窪地になった坂道を登ったり下りたり、上を見ながら歩いていると、紅葉の落ち葉が降るように落ちてきます。
赤だったり、黄色だったり、色様々で夢のようです。
すき間には高くて青い秋の空が見え、紅葉はいちだんと映えます。

この句も読まれています。

待 合 の 医 書 は 日 焼 す 立 ち 尽 く す... まちあいの いしょはひやけす たちつくす 医学は日進月歩らしい。 あんまり信用してないけど。 待合室の本、たまには検分すればいいのに。 おおむかしの、日焼けした医学書。 廃品回収に出せばいいのに。...
勾 玉 の 鋳 型 の 出 で し 山 紅 葉 まがたまの いがたのいでし やまもみじ もう30年になるでしょうか。 遺跡発掘の現場で、勾玉の鋳型が出て、見学会や研究会が催され、ちょっとした騒ぎになりました。 見つけたのは、当時発掘のパートをしていた友人だったのですが、もてはやされたのは監督だけだったとむくれていました。 発掘者○○って自分の名...
闊 歩 す る 眼 光 増 し て 羽 抜 鳥 夏を迎えて、羽の抜けたにわとりなどを、羽抜け鳥というらしい。 冬の間の、ふさふさの時には、見えなかったものが見える。 まず、意外と高く脚を挙げて歩くこと。 あの脚の動きと、首の動きの連動の無さ、ぎこちなさは変わらない。 毛が抜けたせいか、眼が鋭い。 とさかが大きく見える。 見た目はかなりお粗末ながら...
冷やし酒 つまみは要らぬ 相手も要らぬ... つまみでわざわざ酒の味を濁らせることはないのです。 食べながら飲まなきゃ……なんて医者以外のヤツから、言われたくはないものです。 わかっとるわい。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください