色 溢 れ 惜 し み な く 降 り 紅 葉 渓

いろあふれ おしみなくふり もみじだに

窪地になった坂道を登ったり下りたり、上を見ながら歩いていると、紅葉の落ち葉が降るように落ちてきます。
赤だったり、黄色だったり、色様々で夢のようです。
すき間には高くて青い秋の空が見え、紅葉はいちだんと映えます。

この句も読まれています。

原 爆 忌 そ の 寸 前 の 普 通 の 日 げんばくき そのすんぜんの ふつうのひ ヒロシマ、そして長崎。 8月6日、9日のその瞬間まで、戦時中とはいえ日常の生活が営まれていたはず。 弁当を持たせ、行ってきますと言い、学校や徴用された工場へ当たり前に出かけ、当たり前に送り出し。 いたずらか、運命か、多くの人が亡くなるなか、いのちを得た人もい...
巣立ちかな 子ども自慢の 昼休み 職場で子供の話を聞くのは好きじゃない。 にこにこわらって、「で、どうしたの?」と 興味津々の面持ちで、先を促したりする。 「うちの子って、馬鹿だからあ…」って、自慢話は延々と続く。 いい加減にしろよと、心の中で思う。 疲れは倍になる。...
気休めを言う 医者のいて 秋日暮れ だいじょうぶって、なにが。 真剣に心配にだから、今後の病気の 進みかた、このまま行けばどうなるのか 不安には真っ向から答え、対策を教えてくれなくては 素人はどうすればいいのか。 また新しい不安が胸の奥で育つ。 神様はわたしをいっときも休ませないつもりか。...
一面の秋 鉄条網 超えてなお 枯れてしまえば、また境目はくっきりと鉄条網。今こそ一面の秋、もみじ、黄落の樹々、敷きつめられた色とりどりの落ち葉。 iPhoneからの投稿...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください