縄 張 り は 一 歩 許 さ ず 冬 の 鵙

なわばりは いっぽゆるさず ふゆのもず

モズは、スズメの仲間だそうで、大きなアタマと丸みをおびた体を持ちます。
見かけによらず獰猛で、昆虫、蛇、カエル、小鳥やネズミにまで飛びかかり、くちばしと鋭い爪のある脚で捕らえるのだそうです。
さらに獲物を木の枝や杭や有刺鉄線などに突き刺して保存するというのです。
句会でご一緒の方は、モグラが捕まって、突き刺されているのを見たことがあるそうです。
ただし苦労して蓄えた獲物も、そのまま忘れてしまうことも多いと聞きます。
甲高いよく通る声でキイーと鳴きます。

この句も読まれています。

薪 を 足 す 引 き 戻 さ れ し 花 篝 まきをたす ひきもどされし はなかがり 夜桜の美しさを引き立たせるために、花の下に置くかがり火のことです。 そのしつらえがぎょうぎょうしいと、かえって興を失いますが、ほどほどに揺れる闇には幽玄の気が漂います。 当節は、ライトアップで花全体を見せるところが多いけれど、薪を足すたびに火の粉が舞い上がり...
すかんぽを しごきしごき行く 春の道... すかんぽを、ずるずるっと引っ張れば、赤い種だけが手の平に残ります。 それがおもしろくて、子供のころは道を歩き歩き、やったものです。 しばらくすると手のひらに赤い色がつき、なかなかとれなくて、 ズボンで拭きながら歩いたものです。...
春陽(はるひ)浴び 天神さまの 牛温し(ぬくし)... 太宰府天満宮の飛梅はもう 終わりがけ。日差しは春な がら、まだ風は冷たくじっ と立っているのは辛いくら いです。道真公の亡き骸を 引いてきたという牛の銅像 は日を浴びて温かい。参拝 客で境内は大賑わいです。...
更 衣 へ (ころもがえ) 見 舞 う た 笑 う た こ の 服 で... father #7 / Yosuke WATANABE / 渡邉 陽介 去年の今頃、軽い気持ちで見舞いに行った。 顔色は悪くなかった。 軽口をたたいて、退院はいつかとか、節制がなってないとか、医者に厳しさが足りないとか。 いい人だった。 穏やかな、人懐っこい笑顔が浮かんでしょうがない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください