縄 張 り は 一 歩 許 さ ず 冬 の 鵙

なわばりは いっぽゆるさず ふゆのもず

モズは、スズメの仲間だそうで、大きなアタマと丸みをおびた体を持ちます。
見かけによらず獰猛で、昆虫、蛇、カエル、小鳥やネズミにまで飛びかかり、くちばしと鋭い爪のある脚で捕らえるのだそうです。
さらに獲物を木の枝や杭や有刺鉄線などに突き刺して保存するというのです。
句会でご一緒の方は、モグラが捕まって、突き刺されているのを見たことがあるそうです。
ただし苦労して蓄えた獲物も、そのまま忘れてしまうことも多いと聞きます。
甲高いよく通る声でキイーと鳴きます。

この句も読まれています。

なまこ切る こりこりと食う 切りながら... 行儀が悪いというか、いやしいというか なまこは見かけによらず、美味しい。 切りにくいので、神経を集中して、一生懸命切る。 時間がかかる。切り終えるのを待ちきれなくて、 ちょこっと味見をする。 一度味見をすると、 またする。 切り終えるころには、半分になっている。...
子 は 育 ち ピ ア ノ は 鳴 ら ず 水 仙 花... こはそだち ぴあのはならず すいせんか 一斉に建てられた団地は、同じような世代の両親と、小学生に溢れかえって、イキイキと活気のある町でした。 今のように、働くお母さんは少なくて、幼稚園も同じ、小学校も同じママ友は、いつもいつも仲良しではなく、派閥が出来たり、 揉め事が起きたり、PTAの役員を押...
長 縄 跳 び 責 任 感 に 秋 見 え ず ながなわとび せきにんかんに あきみえず 子どもの頃から、とにかく苦手なのです。 長縄跳び。 誰が失敗したか、すぐわかるからです。 失敗するわけにはいかないのです。 始めの方ならまあなんとか、でも回数が増えるに従って失敗できない重圧がかかってきます。 リズム感がイマイチなので、楽しむなんてことはあ...
風通る 道を教えし 野良の猫 猫は涼しいところ、涼しいところを探して、寝そべる。 夏の暑さのさなかにも、風の道があるらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください