縄 張 り は 一 歩 許 さ ず 冬 の 鵙

なわばりは いっぽゆるさず ふゆのもず

モズは、スズメの仲間だそうで、大きなアタマと丸みをおびた体を持ちます。
見かけによらず獰猛で、昆虫、蛇、カエル、小鳥やネズミにまで飛びかかり、くちばしと鋭い爪のある脚で捕らえるのだそうです。
さらに獲物を木の枝や杭や有刺鉄線などに突き刺して保存するというのです。
句会でご一緒の方は、モグラが捕まって、突き刺されているのを見たことがあるそうです。
ただし苦労して蓄えた獲物も、そのまま忘れてしまうことも多いと聞きます。
甲高いよく通る声でキイーと鳴きます。

この句も読まれています。

樹も花も ほっと息つけ 秋の雨 長いこと晴天が続いた。行楽日和とみんな喜ぶ。暑い。何より雨が降らない。紅葉はまだか、今年はどうだと騒ぐ。今朝は朝から弱い雨。暗い空。降り続け根っこの端まで雨がしみ込むまで。 死刑囚、永山則夫の生い立ちと、精神鑑定にあたった医師の証言記録をテレビで見た。あまりに壮絶な生い立ち、五歳で親に捨てられ、ゴミ...
櫨 も み ぢ 顔 も 小 川 も 赤 く 染 め... はぜもみじ かおもおがわも あかくそめ ハゼとはロウソクの原料になるらしい。 ハゼに負ける人はけっこう多くて、顔から首まで真っ赤に染まり、痛みや痒みもあるといいます。 久留米市に、柳坂曽根のハゼ並木があります。 細い細い用水路というか、小川のような水の流れがあるのが、大きな魅力だと、勝手に思...
花八手 普通の暮らしの 日々のよに... 普通の暮らしほどいいものはないと、このごろ思います。 毎日がちょっと見ると同じように過ぎていく、でもそんななんでもない日常に支えられて、 人は成長するのだと思います。 一日を大切に丁寧に生きる。 わかっていても、なんかあったらバタバタと慌てて、丁寧どころじゃなく落ち込んでしまう、 そんな自分がいやに...
春 鏡 ど の 角 度 に も 婆 ( ばば ) の い て... (LOC) / The Library of Congress 日差しが明るくなってきた証しだろうか。自分の顔がおかしくなっている。うちは、玄関の靴箱に、備え付けの全身映る鏡があって、姿見の役目をしている。靴を履いて、出る前に、ちらと見るのが習慣なのだけれど、この頃は、それをやると、出かける意欲...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください