緑 蔭 の 只 中 に あ り 小 学 校

りょくいんの ただなかにあり しょうがっこう

平屋である。
山すそにある。
蝉時雨の只中に、世間の炎昼とは縁のない小さい小学校。
分校ながら、よくわからないけれどr、イキイキしている。
遠く耳納連山。
正しくあれ。
優しくあれ。

この句も読まれています。

隠 し 味 あ れ や こ れ や と 木 の 芽 和... かくしあじ あれもこれもと このめあえ 「木の芽」サンショウの芽のこと。 やわらかいサンショウの芽をすり鉢ですり、ミソと砂糖を加えます。 好みによりますが、白味噌のほうが素材が引き立つとも聞きます。 これで、イカやタケノコを和えるのですが、お年寄りはさらに、味見をしながら、なんやかんやとほん...
むしむしと 汗滝のごと 米をとぐ 風の通らない台所で、米をといでる様子です。 夏は苦手なので、何をするのもおっくうです。
木 守 り に あ れ や こ れ や の 神 頼 み... きまもりに あれやこれやの かみだのみ 柿やユズを収穫する際、木のてっぺんにひとつ実を残しておきます。 来年もたくさん実がなるようにという、まじないのようなものです。 ついでにあれやこれやも願かけし、まったく欲深いものです。 まじないと言っても、実際には鳥が食べることが多いです。 鳥に実り...
筍(たけのこ)を 槙(まき)で炊いたと 破顔なり... たけのこ届いた! / is_kyoto_jp ガスではなく、槙で炊くと、タケノコが柔らかくなると。ビニール袋に入れて、ほとんど暮れかかった頃、ほらと持ってきた。にっこりと満面の笑顔。こんな顔がいい。若い頃はいろいろと不足があったかもしれないけれど。今確信する。こんな顔がいい。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください