緑 蔭 の 只 中 に あ り 小 学 校

りょくいんの ただなかにあり しょうがっこう

平屋である。
山すそにある。
蝉時雨の只中に、世間の炎昼とは縁のない小さい小学校。
分校ながら、よくわからないけれどr、イキイキしている。
遠く耳納連山。
正しくあれ。
優しくあれ。

この句も読まれています。

ずれずれの 福笑いままの 顔のあり わたしは妹と仲がとても悪い。 小さい頃から要領のいい妹と、空気の読めないわたしは仲良くできなかった。 まま母に、わたしをチクることで、身の安全を確保した 妹を、わたしは今になっても許すことができない。 おそろしく目の離れた顔をしていた。ほとんど耳の上。 身長のわりに、肩幅が広かったが、顔のでかさはそ...
竹 切 っ て 五 百 羅 漢 に 風 渡 る 500 Arhats / 五百羅漢(ごひゃくらかん) / TANAKA Juuyoh (田中十洋) 竹山は、切らずにおくと荒れてしまうという。 切って、枝を払い、下草を刈って手入れをしないといけないらしい。 此処には、小さな羅漢がさまざまな顔で、なかには頸のないのもあるが、かしこまって並んでいる。...
柿 若 葉 住 め ば 都 と ふ っ 切 り て... かきわかば すめばみやこと ふっきりて 五月は新緑の季節。 樹々の若葉が野山や街をいろどります。 「萌黄(もえぎ)」という色は、鮮やかな黄緑ですが、樹々の若葉はけしてこの色に限ったものではありません。 木の種類によって、また成長の度合いによって若葉の色は変わります。 柿若葉。 まるでアブ...
田植え機の 行き届かぬを 翁(おきな)植え... 農作業が機械化して久しい。 機械の届かぬところは、やはり人の手作業。 一番に気づくのは年寄り。 動くのも年寄り。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください