緑 蔭 の 只 中 に あ り 小 学 校

りょくいんの ただなかにあり しょうがっこう

平屋である。
山すそにある。
蝉時雨の只中に、世間の炎昼とは縁のない小さい小学校。
分校ながら、よくわからないけれどr、イキイキしている。
遠く耳納連山。
正しくあれ。
優しくあれ。

この句も読まれています。

今 生 の 身 内 居 ら ず も 浅 き 春 こんじょうの みうちおらずも あさきはる 亡くなった父も母も含めて、ママ母や妹たちも、みんなみんなもう終わりにします。 これまでも、そしてこの先もずっと、命にかかわるほど困っても、相談することはありません。 もちろん向こうもそう。 輪廻転生と言うけれど、もう二度とお近づきになりたくない人種です。 ...
心にも ない寄せ書きと 花束と 春の宴は 流れて行くに... 「異動は早くから知っていたくせに、知らん顔して」ブーイングの嵐とか 心にもないあったかい寄せ書きと花束をもらって、心にもない笑顔 生きていくって、こういうことか。...
まだ赤い ススキの穂にも 秋の風 暑い暑いと言い続けていたけれど、秋は来ていた。ススキが穂を出している。まだ若くて、穂は赤い。わたしはこの若いススキが好きです。...
橙 々 の 餅 の 上 な る 危 う さ や だいだいの もちのうえなる あやうさや 立派なのは、だいだいだけです。 大したお鏡餅ではなく、でこぼこで小さいし、重ねるのもたいへん。 かくしてほとんど二頭身のお鏡の出来上がり。 だいだいは中国から渡来したとされ、珍しいことに、木になった実は、人が採らない限り、2年から3年も木になりっぱなしという...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください