綻 び て 野 梅 も 欲 し き 褒 め 言 葉

ほころびて のうめもほしき ほめことば

梅園には梅が盛りです。

寒さのゆるんだ午後には、散策の人々が、その美しさを愛でながら、ゆったりと時間をかけて見て回る姿があります。

野梅は自生です。

山にある、人間の手の入らない梅ですから、自由といえばそうなのですが、たまには良く咲いたとか、立派なものだ、きれいなこととか言われたいかもしれない。

この句も読まれています。

春の闇 庭石(にわいし)のありか 確かめつ... なんで、ごろごろと庭石を置くのだろう。 サンダル履きでは、つまづきそう。 まして、春の闇が訪れれば。 見えそうで見えない。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
あれほどの 人も驕る(おごる)か 秋時雨(あきしぐれ)   ... n人間って、調子のいいときは図に乗るものです。あたしみたいな愚か者は。と思っていたのですが、私だけではないようです。人生がうまくいっているときって、ほとんどみんな調子に乗って、人の気持ちに鈍くなるみたいです。あんなに思いやりのあった人が、ふつうのひとになってしまっていることに、がっかりしました。そう...
桜鯛 貴方の鱗(うろこ)に 立候補 勢いのいい桜鯛。 見ると、大きな強い鱗が、ぴっちりと全身を覆っている。 これがなけりゃ生きていけない。 人間にはウロコがないけれど、貴方が幸せになるように、 苦しいことがないように、 貴方が、わたしのことを大事に思うように、なりますように わたしは、あなたの鱗になりたい。...
踏 み 入 れ ば 還 れ ぬ 気 せ り 木 下 闇... ふみいれば かえれぬきせり こしたやみ コシタヤミ。 五月の今時分、空は青くすがすがしいのに、うっそうとした樹々の間では、足元だけ漆黒の闇を見ることがあります。 後ろあたりでカサっと音がすればゾッとするような気味の悪さもあります。 不思議な闇です。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください