綻 び て 野 梅 も 欲 し き 褒 め 言 葉

ほころびて のうめもほしき ほめことば

梅園には梅が盛りです。

寒さのゆるんだ午後には、散策の人々が、その美しさを愛でながら、ゆったりと時間をかけて見て回る姿があります。

野梅は自生です。

山にある、人間の手の入らない梅ですから、自由といえばそうなのですが、たまには良く咲いたとか、立派なものだ、きれいなこととか言われたいかもしれない。

この句も読まれています。

山茶花の 花少のうて ほっとする 垣根いっぱいの山茶花の花には参る。緑の木々の中にチラホラと花のあるのが美しいと思う。あの赤い花のてんこ盛りはあんまりきれいとは思わない。年によって当たり外れがあるようで、どうも今年は花の少ない年らしい。うわっと咲いてうんざりすることはないようだ。...
沈 み き て 黒 き 葡萄 の 闇 に 酔 う Grepe "Fujiminori" (Fujisawa, Kanagawa, Japan) / t-mizo 葡萄の色はなんだろう。濃紫とは 言いきれず。ほとんど黒に近いん だけど、黒ではない。引き込まれ る色と艶。秋が始まる。ビロード の服を着よう。臙脂(えんじ)か、 深い緑色、スカーレットが...
呟 き も 愚 痴 も 聞 か れ し 水 引 草... つぶやきも ぐちもきかれし みずひきそう 水引草。 タデ科。 秋の初めころ、緑色の葉からすーっと伸びた花穂に紅いつぶつぶの小さい実のような小花が咲きます。 並ぶように咲く、背の低い草です。 見かけのたおやかさとは裏腹に、石垣の間などでも平気で蔓延るしぶとさを持ちます。 愚痴のひとつひとつ、溜息のひ...
葬 儀 屋 の 会 員 と な り 今 年 米 そうぎやの かいいんとなり ことしごめ 友だちに勧められて、葬儀屋の会員になりました。 毎月3000円を、30万になるまで、積み立てるそうです。 慌てて、葬儀屋に飛び込むと、勧められるままに、よけいなセットや、派手で高級な棺おけを発注したりすることがよくあり、ものすごい負担増になりがちだとか。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください