綻 び て 野 梅 も 欲 し き 褒 め 言 葉

ほころびて のうめもほしき ほめことば

梅園には梅が盛りです。

寒さのゆるんだ午後には、散策の人々が、その美しさを愛でながら、ゆったりと時間をかけて見て回る姿があります。

野梅は自生です。

山にある、人間の手の入らない梅ですから、自由といえばそうなのですが、たまには良く咲いたとか、立派なものだ、きれいなこととか言われたいかもしれない。

この句も読まれています。

遠雷の 潜(ひそ)みて町は 音立てず 遠くで、不気味な音が聞こえる。 もう来るか。 稲妻か。 激しい雨か。 空は低く、町は暗い。 人は、慌てて用事をすませて、もう動かない。...
初 詣 賽 銭 箱 の 広 々 と はつもうで さいせんばこの ひろびろと 大きな白い布を広げ、そう大きさにして10畳を軽く超えるくらいの広さ、人の背ほどの高さに設置された賽銭箱、箱ではなく賽銭広場。 先ずもって商売繁盛を極めているのは、天満宮だけかとも思われます。 的が広いから、失敗することはまずありません。 今年も何事もなく、穏...
映 画 観 て 釣 瓶 落 と し の 中 洲 か な... えいがみて つるべおとしの なかすかな 中洲大洋。 もう、此処しか残っていないんじゃないでしょうか。 キャナルシティのせいだと思っています。 入ったときは昼間でも、釣瓶落としのこの頃では、夕暮れが早く、夜が迫っています。 「シン・ゴジラ」 久しぶりに、ゴジラらしいゴジラ。 映画って、満足のいくもの...
入 社 式 新 人 狙 ひ 献 血 車 にゅうしゃしき しんじんねらい けんけつしゃ 市役所に住民票をもらいに行きました。 玄関横の桜並木はちょうど五分咲きといったところ。 希望に満ちた、元気はつらつの新人職員が献血車に並びます。 この市は、今年から採用に関して、筆記試験を廃止しました。 市長の見解だそうです。 献血ぐらい、人の倍やれ!...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください