簡 単 に 家 で 死 ぬ な ど 四 月 尽

かんたんに いえでしぬ など しがつじん

四月尽、春に吹くほこりっぽい不愉快な風。

家で死にたいとは、たしかに多くの人の願望です。

住み慣れた我が家で、温かい家族に囲まれて最後のときを迎えたい。

ご高齢の皆さんにお聞きすれば、ほとんどの方がそうおっしゃると思われます。

でも、ちょっと考えてほしいのです。

その願いをかなえるために、家族の誰かがつきっきり。

むかしは長男の嫁がその役を背負わされたものです。

今は訪問看護も医者の往診も、また緊急の場合の対策もあるとはいえ、眠れない日々を送り、過労でくたくたになる人間がでるわけです。

そのうえ時代は変わりました。

子どもを含め、みんな自分が生きることに必死です。

むかしのテレビドラマじゃあるまいし、死にゆく人の、むずかしい看病など、人に押し付けていいわけがないじゃありませんか。

「わたしが看る」と言ってくれる奇特な方がいれば、話は別でしょうが。

わたしは、それでも遠慮すべきではと思います。

冷たい人間でしょうか。

この句も読まれています。

偶 然 は 必 然 と し て 蔦 葛 ぐうぜんは ひつぜんとして つたかづら 以前仕事でお会いしたお年寄りが言うには、「偶然と思っていることは、すべてが必然。そうなるべくしてなった結果。 神か仏か、何か大きなものがある」 ほんとかどうかわからないけれど、そんな気がすることもあります。...
睡蓮の 泰然とあり 雨の打つ その場にあって、風にそよぐこともない。 雨に打たれようがそれはそれと受け流す。 度量の大きさ。
春一番 幸せ吹いて ひとときの 私は天から降るもの、吹く風がすべて好きです。雨もいろいろЖ時雨、五月雨、梅雨、霙。そして霧、霞。台風も雪も。 生暖かい風が強く吹いて、春が来たと教えます。風に吹かれて、一瞬現実を忘れることができるような気がします。 気分転換は恐ろしく下手なんだけど、少しだけ、ひと時だけだけど、気持ちが高揚するのです...
葬 む り の 煙 か 細 き 秋 青 し ほうむりの けむりかぼそき あきあおし 火葬場が火葬場らしく、人の最後を見送る場所だったのは、もうむかしのこと。 昨今では、周辺の市や町が合同で建てた、立派すぎる、運転免許交付センターのような立派な様相で、床は大理石マーブル風。 大きなはめ殺しの窓から、さんさんと秋の日。 それでも外へ出て見...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください