簡 単 に 家 で 死 ぬ な ど 四 月 尽

かんたんに いえでしぬ など しがつじん

四月尽、春に吹くほこりっぽい不愉快な風。

家で死にたいとは、たしかに多くの人の願望です。

住み慣れた我が家で、温かい家族に囲まれて最後のときを迎えたい。

ご高齢の皆さんにお聞きすれば、ほとんどの方がそうおっしゃると思われます。

でも、ちょっと考えてほしいのです。

その願いをかなえるために、家族の誰かがつきっきり。

むかしは長男の嫁がその役を背負わされたものです。

今は訪問看護も医者の往診も、また緊急の場合の対策もあるとはいえ、眠れない日々を送り、過労でくたくたになる人間がでるわけです。

そのうえ時代は変わりました。

子どもを含め、みんな自分が生きることに必死です。

むかしのテレビドラマじゃあるまいし、死にゆく人の、むずかしい看病など、人に押し付けていいわけがないじゃありませんか。

「わたしが看る」と言ってくれる奇特な方がいれば、話は別でしょうが。

わたしは、それでも遠慮すべきではと思います。

冷たい人間でしょうか。

この句も読まれています。

万緑を 削るな国立 博物館 できる前は静かな町だった。 小さな歴史資料館はあった。 周りは傾斜のある、細い道に沿って、家々が軒を並べる。 大宰府天満宮の喧騒はよそに、小さな生活が息づく静かな町だった。 今はもう、何処が何処なのか。 大きな道路、駐車場。 山は何倍も削られ、すべてが変わってしまった。 天満宮とエスカレーターで結び...
第55回 全国俳句大会 主催 俳人協会... 入選 春 愁 や 追 伸 長 き 手 紙 来 て 三村純也先生 選
芋 天 は 吸 う 息 で 喰 う 目 白 黒 いもてんは すういきでくう めしろくろ 遠いむかし。 まだ母がうちにいたころ、サツマイモの天ぷらの揚げたてを食べるのが楽しみでした。 母は新聞紙に揚げたてのサツマイモをのせ、わたしもまだ熱い出来たてを新聞紙にはさんでフウフウ言いながら食べたものです。...
初蝶は キャベツ畑に 見え隠れ ちらちらというか、陽が当たるときらきら輝く、輝きながら飛ぶというわけでもない。 なんというか、つまみ食いしながらというか、そんな飛びかた。 イモムシはキャベツを食べるだろうが、 蝶は、いったいなにを食べているのだろう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください