簡 単 に 家 で 死 ぬ な ど 四 月 尽

かんたんに いえでしぬ など しがつじん

四月尽、春に吹くほこりっぽい不愉快な風。

家で死にたいとは、たしかに多くの人の願望です。

住み慣れた我が家で、温かい家族に囲まれて最後のときを迎えたい。

ご高齢の皆さんにお聞きすれば、ほとんどの方がそうおっしゃると思われます。

でも、ちょっと考えてほしいのです。

その願いをかなえるために、家族の誰かがつきっきり。

むかしは長男の嫁がその役を背負わされたものです。

今は訪問看護も医者の往診も、また緊急の場合の対策もあるとはいえ、眠れない日々を送り、過労でくたくたになる人間がでるわけです。

そのうえ時代は変わりました。

子どもを含め、みんな自分が生きることに必死です。

むかしのテレビドラマじゃあるまいし、死にゆく人の、むずかしい看病など、人に押し付けていいわけがないじゃありませんか。

「わたしが看る」と言ってくれる奇特な方がいれば、話は別でしょうが。

わたしは、それでも遠慮すべきではと思います。

冷たい人間でしょうか。

この句も読まれています。

茉莉花に 遠い汽笛と 通り声 茉莉花はジャスミンのことらしい。まつりかと読むらしい。夜、窓を開けていると、ジャスミンの むせるような香りにのせていろんな音が聞こえてくる。遠くを行く列車の警笛、通りを歩きな がら話す人の声、犬の吠える声、春の終わりのやわらかい夜の香り。...
菊 人 形 お 岩 も ろ くろ も い た 昔 たぶん5歳の頃、菊人形展なるものを見に連れて行かれた。 小菊を針金で誘引したのか仕立てたのか、とても大きな、張り出したものになっていて、香りも色も見事だった。 中に進むと、灯籠から顔の半分が潰れた女の首が恨めしそうに垂れ下がり、目はしっかりとこちらを睨みつけていた。 ろくろ首もいて、精いっぱいクビを...
金 柑 は 鳥 の も の な り 少 し だ け... きんかんは とりのものなり すこしだけ キンカンはビタミン豊富で、美容と健康にとてもいいとテレビが言うから、ちぎったのだけれど、なんせまだ寒いし、肥料もやってないから、小粒だし。 結局、名産と言われる宮崎産のきらきらした大粒のものを八百屋で勧められるままに買ってしまいました。 普段なら、皮だけ...
言い足らず 説明しすぎて 余寒かな 言葉はむずかしい。説明が足りず誤解され、 説明が過ぎて誤解され、後悔することする ことしきり。電話ではなお。そうやって 苦手意識が育つ。時間をおいて、少し距離 をとって、仕切り直し。深呼吸。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です