簡 単 に 家 で 死 ぬ な ど 四 月 尽

かんたんに いえでしぬ など しがつじん

四月尽、春に吹くほこりっぽい不愉快な風。

家で死にたいとは、たしかに多くの人の願望です。

住み慣れた我が家で、温かい家族に囲まれて最後のときを迎えたい。

ご高齢の皆さんにお聞きすれば、ほとんどの方がそうおっしゃると思われます。

でも、ちょっと考えてほしいのです。

その願いをかなえるために、家族の誰かがつきっきり。

むかしは長男の嫁がその役を背負わされたものです。

今は訪問看護も医者の往診も、また緊急の場合の対策もあるとはいえ、眠れない日々を送り、過労でくたくたになる人間がでるわけです。

そのうえ時代は変わりました。

子どもを含め、みんな自分が生きることに必死です。

むかしのテレビドラマじゃあるまいし、死にゆく人の、むずかしい看病など、人に押し付けていいわけがないじゃありませんか。

「わたしが看る」と言ってくれる奇特な方がいれば、話は別でしょうが。

わたしは、それでも遠慮すべきではと思います。

冷たい人間でしょうか。

この句も読まれています。

夾 竹 桃 た ぶ ら か す こ と 上 手 く な り... きょうちくとう たぶらかすこと うまくなり 究極に意地の悪かったママ母に似ていて、大嫌いなキョウチクトウです。 広島の原爆のあと、草木は生えまいと言われながら、直ぐによみがえり花をつけたという。 牛が食べたら死ぬそうな。 アタマの中は、男をたぶらかす手段のみ。 殺してやりたい。...
なめこ汁 つるりと喉を 越しにけり... ぬるぬるしたものが好きです。 おくら、なめこ、じゅんさいなどなど。 あついなめこの味噌汁、だしは普通です。 いりこか鰹節…前の日に煮立たせてほうって置きます。...
我ひとり 春の宴を 催せり 長い夜のはじめ、まだ暮れないうち、いちばんいい時間。サントリープレミアムと肴は何にしよ。無くてもいいんだけど。なまこ…カツオのタタキ…ブリのカマの塩焼きに大根おろし…。別に、毎週だけど。...
青 葉 風 大 樹 半 身(はんみ)を 揺 る が せ り... 青葉の風が一面を吹き渡る。大地に大きな揺らぎをもたらして。小さな樹や草は、全身を持って行かれそうになる。大樹はそうそう驚きはしないが、半身は風に任せて、木の葉はざわざわと音をたてる。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください