筍 と 糠 抱 へ 来 し 「に 」と 笑 ふ

たけのこと ぬかかかえこし にとわらう

幼なじみがいます。

近いせいで、めったに会わないのですが、知り合いの山でタケノコを取ったとかで、帰りに寄ってくれました。

準備のいいことに、湯がくときに使う米ヌカまで持ってきてくれました。

気がきくこと。

玄関開けたら、なにも言わず、二ッと笑顔。

いい人です。

この句も読まれています。

橙 々 の 餅 の 上 な る 危 う さ や だいだいの もちのうえなる あやうさや 立派なのは、だいだいだけです。 大したお鏡餅ではなく、でこぼこで小さいし、重ねるのもたいへん。 かくしてほとんど二頭身のお鏡の出来上がり。 だいだいは中国から渡来したとされ、珍しいことに、木になった実は、人が採らない限り、2年から3年も木になりっぱなしという...
冬桜 ふとたじろいで ときめきもせず... 冬に桜を見ると、ふと足を止め、見はするが、さほど感激はしない。やはり咲くときに咲くのがいいのか。返り花も好き ではない。...
食 べ て け と 熱 々 の 餅 牛 の 梅 熱々の出来たての梅ヶ枝餅を食べながら、赤煉瓦のトンネルを目指す。 飛梅は、いつもと同じように黒光りの牛とともにそこにあり、人が増えたこと以外むかしと何も変わらない。 お石茶屋は、その由来を知ってか知らずか、店の外まで人で溢れ、そのわりには続くトンネルに人影はない。 筥崎で生まれたわたしが、何の縁で此...
鉛筆も 眉墨(まゆずみ)も研ぎ(とぎ) 大晦日... いろいろとちょこちょこ掃除した。 大したことはしてないが、それでも結構ゴミが出た。 鏡を拭いたり、化粧ポーチを洗ったり、鉛筆研いで ついでに眉墨も研いだ。 今年も辛かった。来年は少し休ませてくださいましな仏さま。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.