筍 と 糠 抱 へ 来 し 「に 」と 笑 ふ

たけのこと ぬかかかえこし にとわらう

幼なじみがいます。

近いせいで、めったに会わないのですが、知り合いの山でタケノコを取ったとかで、帰りに寄ってくれました。

準備のいいことに、湯がくときに使う米ヌカまで持ってきてくれました。

気がきくこと。

玄関開けたら、なにも言わず、二ッと笑顔。

いい人です。

この句も読まれています。

木枯らしに 恨みつらみが 息をする... 夜も遅くなて帰る道すがら、頭を突き出すようにして前かがみで歩く。ふとなんの脈絡もなく、頭をよぎる、遠い昔の過ぎ去った人、あれはこういうことだったのか、今さらながら気がつくこともある。あんまりいいことではない。...
葱坊主(ねぎぼうず) 数多の(あまたの)花に 押されおり... 葱は、放っとくと葱坊主になる。 春の畑は賑やかで、マメの花に、スイートピー、ヤグルマソウやらアイリスあやめ 葱坊主が一番地味。 この無愛想で、色気のない花が春の畑の大事な黒子。...
蔦の実の 生るを見つけて 秋最中 蔦に実がなる。黒い小さな実。 秋の本番、枯れる前の少しのあいだ。 色とりどりの葉の中に。 iPhoneからの投稿
生 身 魂 一 生 も の と 言 ふ て 買 ふ... いきみだま いっしょうものというてかう いきみだま、戦後の荒廃を克服し、日本の高度成長を支えた世代、今はもうご隠居さんです。 タバコが健康を害するなんて概念はなく、缶入りのピースを吸い、受動喫煙なんて聞いたこともなかった世代です。 祝祭日には、玄関先に日の丸を掲げ、土曜日も働き、企業戦士と呼ば...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください