筍 と 糠 抱 へ 来 し 「に 」と 笑 ふ

たけのこと ぬかかかえこし にとわらう

幼なじみがいます。

近いせいで、めったに会わないのですが、知り合いの山でタケノコを取ったとかで、帰りに寄ってくれました。

準備のいいことに、湯がくときに使う米ヌカまで持ってきてくれました。

気がきくこと。

玄関開けたら、なにも言わず、二ッと笑顔。

いい人です。

この句も読まれています。

そ ぞ ろ 寒  河 童 気 骨 の 褌 ぞ そぞろさむ かっぱきこつの ふんどしぞ もともとおかしいのはわかっています。 河童は水陸両用の生き物ですから、洋服など着ません。 ですから、ふんどしも必要ないと考えられます。 ただ、柳川の川下りの行きがけの、最初に左折するあたりに、河童の石像が苔むしてあります。 たしかそれが、ふんどしを身...
出 棺 の 今 日 吹 か ず と も 春 一 番... しゅっかんの きょうふかずとも はるいちばん 今の時季、春のはじめのころに吹く台風並みの強い風です。 花粉もホコリも舞うため、厄介で、花粉症には辛いです。 今は、たくさんの大きな病院がいっせいにと言ってもいいタイミングで、改築されましたので、以前とは比較にならないほど、立派になり、そのうえ以前...
く る く る と 粽 解 く れ ば 夏 來 た る... くるくると ちまきとくれば なつきたる 真っ白い餅、包んでいるのは、あれは笹の葉だとずっと思っていたけれど、そうでしょうか。 何枚か使ってきれいにくるみ、イグサで解けないようにしっかり括ります。 イグサがポイントだと思うのです。 蒸して、熱々のものをいただきます。 端午の節句の、特別のおやつです。...
うつうつと 今日も働く 雪吹いて 働かなければなりません。 雪のふる寒い朝、ああこんな日にも働くから、これが給料分か と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください