筍 と 糠 抱 へ 来 し 「に 」と 笑 ふ

たけのこと ぬかかかえこし にとわらう

幼なじみがいます。

近いせいで、めったに会わないのですが、知り合いの山でタケノコを取ったとかで、帰りに寄ってくれました。

準備のいいことに、湯がくときに使う米ヌカまで持ってきてくれました。

気がきくこと。

玄関開けたら、なにも言わず、二ッと笑顔。

いい人です。

この句も読まれています。

讃美歌の 漏れくる新緑 礼拝所 山はその全体も、裾までも若緑一色。 あれは教会と言ってもいいのだろう。 小さい小さい礼拝所。 確かにちいさな屋根に小さな十字架はある。 わたしは、長崎の浦上天主堂が、れんが造りの立派な 建物に建て替わったとき、なぜかがっかりした。 あのコンクリートの粗末で趣きの薄いものを、 長い年月大切に守ってきた...
空き家(いえ)に 風通しおり 夏果てぬ... 老人ホームに移った人の家に、風を通した。 秋の風だった。
秋の燈に 雁の寺読む 繰り返し 秋になると、水上勉作の「雁の寺」を読むのです。 ただでさえ物悲しい秋の宵がどうしようもないほど、沈んでくるのです。...
薄らいで 時雨の音を 刻み込む  私は夜中に必ず目が覚める。雨が降っているときは幸せ。とくに寒い季節の時雨の頃は雨の音や風の声を聞きながら、あれこれと考えてもしょうがないことに想いを巡らす。そうこうしているうちにまたうとうと寝入ってしまう。雨は落ち着く。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です