筍 と 糠 抱 へ 来 し 「に 」と 笑 ふ

たけのこと ぬかかかえこし にとわらう

幼なじみがいます。

近いせいで、めったに会わないのですが、知り合いの山でタケノコを取ったとかで、帰りに寄ってくれました。

準備のいいことに、湯がくときに使う米ヌカまで持ってきてくれました。

気がきくこと。

玄関開けたら、なにも言わず、二ッと笑顔。

いい人です。

この句も読まれています。

大 夕 焼 け 虫 取 り 網 も 負 ぶ は れ て... おおゆやけ むしとりあみも おぶわれて 夏の夕暮れ、見渡す限り空いっぱいに、見事な夕焼けです。 一日精いっぱい遊んだのでしょう。 幼い男の子が、虫取り網を握りしめたまま、お父さんにおんぶされて、家路に着くところです。 いい夏休みです。...
月夜には いつもの道の 青くなり 月って照らすせーんぶを青く染めてしまうのですね。 自分の顔も真っ青なんだろうか。 神秘的で、年甲斐もなくわくわくします。...
鏡餅 飾りはせねど 鏡開 鏡餅などしない。 餅は固くなって、カビが生えるから。 餅は冷凍。 お皿に、餅と少しの水をいれて、ラップをして、レンジで解凍。 小豆を炊いて、鏡開きはする。...
何事も なかった街が 流れ行く 誰が苦しもうと、死のうと街は流れる。いつものように。わたしの苦しさも悔しさもどうでもいいこと。みんな知らないこと。知ったところで、どうでもいいこと。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください