笑わずと 良いとこ笑うて 山蛙(やまかわず)

カエル
カエル / marumeganechan

必要以上に空気を読まない。必要以上に気を遣わない。職場なんて、居心地の良さを求めないところで、わざわざ努力してストレスを増やすことはない。と、決めたのに、つい人助けのひと言。気を遣えば遣うほど、馬鹿だと思われるのだから、気まずくなろうが、険悪になろうが、自分に関係ないなら、知らん顔をした方が良いと決めているのに。わたしは泥のついたヒキガエルみたいな顔してるんだと思う。失敗した。

この句も読まれています。

冷たきは 冷たきままに 秋の風 人は変わらない。 ああそうだった。こんなひとだったと、あらためて思い出して、がっかりしたこと ありませんか。 長く音信不通の二つ違いの妹と、ほんとに久しぶりに話したときも、そうでした。 変わらない、変わらない、いやあなまんま。...
寄せ書きは ごみに出したり ほーほけきょ... きれいごとばっかり、嘘八百の寄せ書きは、捨てちゃいました。
しょうしょうと 降る雨黒く 山桜 雨が多い。音もなく、まるで永遠に降り続くかのように山に雨が降り続く。空は暗く、春とは思えないような墨絵の世界 である。桜は地味で、でもきっぱりと咲く。山の桜。...
玄関に 松の息吹く 淑気(しゅくき)かな... 淑気とは、なごやかでおめでたい空気のことらしい。 松は手がかかる、お金がかかると、この頃では 庭木に見ることが少ない感があるが、手入れの行き届いた 大きな松が玄関に枝振り良く配されているのはいい。 特に新年には、空気がしゃきっとなる気持ちがする。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください