笑わずと 良いとこ笑うて 山蛙(やまかわず)

カエル
カエル / marumeganechan

必要以上に空気を読まない。必要以上に気を遣わない。職場なんて、居心地の良さを求めないところで、わざわざ努力してストレスを増やすことはない。と、決めたのに、つい人助けのひと言。気を遣えば遣うほど、馬鹿だと思われるのだから、気まずくなろうが、険悪になろうが、自分に関係ないなら、知らん顔をした方が良いと決めているのに。わたしは泥のついたヒキガエルみたいな顔してるんだと思う。失敗した。

この句も読まれています。

お 立 ち 酒 先 の 苦 労 に 亀 の 鳴 く... おたちざけ さきのくろうに かめのなく 「 お立ち酒」 宮城県の民謡です。 嫁に行く娘を思う親の想いを唄ったものです。 「名残り情けのくくみ酒。 はやり風邪など引かぬよに」 哀愁を帯びた尺八の音色にのせて唄われる抒情たっぷりの民謡です。 嫁に行くことは、苦労を背負うこと。 それが少しでも軽くあり...
心にも ない寄せ書きと 花束と 春の宴は 流れて行くに... 「異動は早くから知っていたくせに、知らん顔して」ブーイングの嵐とか 心にもないあったかい寄せ書きと花束をもらって、心にもない笑顔 生きていくって、こういうことか。...
摩 崖 仏 滴 り の 消 す 削 の 痕 まがいぶつ したたりのけす のみのあと いつの頃に彫られたものでしょうか。 長い長い気の遠くなるような遠いむかしのことでしょうか。 岩にのみを当て削って造られた仏さまであるから、山から時間をかけて浸み出したり、滴り落ちる山の水は遮りようもなく、またそれも仏の恵みと解釈されたかもしれません。 年月は...
丹 精 の 稲 倒 れ お り 胸 潰 る (つぶる)... 米は収穫するまで、たいへんな手間と時間と労働力を要すること、農家ではないわたしも、見て聞いて想像できるつもりです。 とくにこの夏の暑さ。 身体を削ぎ落としながらの作業であったろう。 ずいぶんな無理を重ねてのことだったろう。 どこにあるかさえわからぬほどの惨状に、胸のつぶれる思いがする。 気候は激しく...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です