笑わずと 良いとこ笑うて 山蛙(やまかわず)

カエル
カエル / marumeganechan

必要以上に空気を読まない。必要以上に気を遣わない。職場なんて、居心地の良さを求めないところで、わざわざ努力してストレスを増やすことはない。と、決めたのに、つい人助けのひと言。気を遣えば遣うほど、馬鹿だと思われるのだから、気まずくなろうが、険悪になろうが、自分に関係ないなら、知らん顔をした方が良いと決めているのに。わたしは泥のついたヒキガエルみたいな顔してるんだと思う。失敗した。

この句も読まれています。

捨てるもの 多くありけり 夏至の雨... 決着のつかないものが、いろいろと溜まってきて、 思いきって捨てることでしか解決しない。 思い出もそう。 今日は夏至、これから夜が長くなる。...
秋の野に 柿の木のあり 稲実り むかしのこと、大宰府の、麻生太郎さんのお父さんかお爺さんかが造った、トンネルを抜けて、 宝満山の登り口、竈神社までの道は、わたしの思い出の道です。 一面の稲穂黄金色に輝いて、もう刈り取り寸前。 道はまっすぐではなくて、細くぐるーっとわざと景色を楽しむために、曲がっているよう。 空は真っ青な秋の高い空...
熊 穴 に 人 は 炬 燵 に 新 聞 み か ん... くまあなに ひとはこたつに しんぶん みかん 熊穴に入るとは、冬の季語です。 秋、たくさんの食べ物を食べ貯めた熊は、雪が降り積もる頃になると、岩穴や、樹の洞などで、体に蓄えた脂肪などを消費しながら、冬ごもりをすると言われています。 冬眠ではないのです。 体温は変わらず、体の機能は、かなり維持...
昆布茶(こぶちゃ)吹く 二月半ばの 風を聴く... 梅昆布茶が好きで、一息つくときによく飲みます。 もう二月も半ば。正月が過ぎて、いつの間にこん なに日が経ってしまった。季節を味わうこともな くバタバタと過ごしている。食べるためとはいえ、 なんとも余裕のない人生だと感じます。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください