笑わずと 良いとこ笑うて 山蛙(やまかわず)

カエル
カエル / marumeganechan

必要以上に空気を読まない。必要以上に気を遣わない。職場なんて、居心地の良さを求めないところで、わざわざ努力してストレスを増やすことはない。と、決めたのに、つい人助けのひと言。気を遣えば遣うほど、馬鹿だと思われるのだから、気まずくなろうが、険悪になろうが、自分に関係ないなら、知らん顔をした方が良いと決めているのに。わたしは泥のついたヒキガエルみたいな顔してるんだと思う。失敗した。

この句も読まれています。

手 ぬ ぐ い を 取 り 収 穫 の 破 顔 か な... てぬぐいを とりしゅうかくの はがんかな 稲刈りが終わったようです。 昔と違って、機械が入るようになり、農作業は格段に力も時間もかからなくなりました。 それでも、まだまだ暑い日が続く中での稲刈りは、一日仕事で、骨の折れることです。 もう日も暮れる頃、麦藁の帽子を取り、巻いていた日本手ぬぐいを取り安...
子 パ ン ダ の ひ と り 立 ち か な 山 眠 る... こぱんだの ひとりだちかな やまねむる ネズミのようなパンダの赤ちゃんが成長していくサマがテレビに毎日映し出され、日本中がその愛らしさに魅了されたのもこの頃の話ながら、動物の世界では、親が子離れ、子が親離れするときがやってきました。 愛らしさはたくましさに変わり、季節は過ぎて、年が明けました。 ...
椎 落 つ る 石 畳 な ら 三 転 が り しいおつる いしだたみなら みころがり 落ちている実を見つけたから、これが椎の実と気づきました。 どんぐりよりやせた感じです。 アスファルトの坂道に落ちたものは、どこまでも転がって、側溝に落ちるのですが、 石畳の坂道では、ゴツゴツしているため、そうはならず、3回くらい転がって留まります。 ...
新 藁 (しんわら) の て っ ぺ ん に 積 む 憂 い ご と... 稲刈り / elmimmo 稲刈りが終わった。集めた藁を 積む作業の終わり。仕事の途中 には考えないようにしていた心 配事が、最後の瞬間、ふっと頭 に浮かぶ。どうしようもないな。 まったく、いつも。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください