竹すだれ そうそう揺れぬ 南部鉄

風鈴は涼しい音色で涼をよぶものですが、
重い南部鉄の風鈴は、すーっとふく風くらいでは、なかなかならなかった。
鳴り出すと、とてもいい音がして、いいものです。

この句も読まれています。

枯れ蓮は 浮世かあの世か 境目か 極楽浄土の仏様のまわりには、蓮の花。 冬枯れした蓮の田は、この世かあの世か、どっちつかずか。 この世もこの世、あの世も期待せず。...
共 同 墓 地 神 父 も 眠 る 島 の 秋 きょうどうぼち しんぷもねむる しまのあき 黒島天主堂。 長崎県佐世保市黒島。 天草地方の多くの素朴な教会とはひと味ちがう、立派な造りです。 明治に入ってから建てられたもので、長い禁教の時代を苦しみ抜いて過ごした信者が、少ないたくわえから寄付を集め、神父の指導のもと、決死の覚悟で作り上げたと...
お と な し く 流 灯 に 乗 り 黄 泉 へ な ど... おとなしく りゅうとうにのり よみへなど あの人懐っこいいたずら好きが、しきたりにのっとって黄泉の世界へ帰るとは思えないのです。 もうちょっともうちょっとと、未練がましく長逗留してるんじゃないかなどと思うのです。 逢いたい。...
裏 門 司 の 隘 路 (あいろ) 漏 れ な く そ ぞ ろ 寒... 門司港の駅から海に向かう表の顔は、もう何度も訪れた。 新しい橋、新しいレストラン、お土産屋がひしめき合って、観光客も多い。 放ったらかしにされた裏側こそが、門司港の歴史をそのまま残しているのではないかと思うほど、表は変わってしまった。 レトロな駅舎が残っているから、もうそれだけで絵になるのだろう。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください