竹すだれ そうそう揺れぬ 南部鉄

風鈴は涼しい音色で涼をよぶものですが、
重い南部鉄の風鈴は、すーっとふく風くらいでは、なかなかならなかった。
鳴り出すと、とてもいい音がして、いいものです。

この句も読まれています。

露 の 世 と 想 へ ば 修 ま る こ と も あ り... 言いにくいことは、言わず済ませる人がいる。 時間が経てば、なんでもスルーできると思っている。 小さなことならいざ知らず、ここはきっちり話さなければならない、がわからないのだろう。 そんな人に、いつまでも怒っていても自分が損する。 決して許さない。 だけど、考えない。...
黄 泉 の 人 勢 揃 い し て 霜 夜 か な... よみのひと せいぞろいして しもよかな 振り返れば、いろいろ。 後悔の連続。 今、逢っておかなければと思うものの、そんなときに限って、身内にいろいろあったりして、思うようにはいかなかった。 もっと話したいことがあって、凍えるような霜の降りる夜には、来てくれるような気がするものです。 こうや...
小池真理子著 『 モンローが死んだ日 』 毎日新聞出版... 主人公は、59歳になる未亡人。名前は鏡子。 子どもはいない。 夫に先立たれ、親はすでに亡く、兄弟姉妹もいない。 夫と作り上げた家庭は、唯一にして絶対の心の拠り所だった。 深い喪失感にさいなまれ、死ぬことすら考えた鏡子を救ったのは、地元軽井沢の隣町在住の、存命中は多くの読者を魅了した作家の別荘を記念館...
道 な り に と は 難 し き 秋 の 風 みちなりに とはむずかしき あきのかぜ地元の人には当たり前のことが、よそ者には大いに迷うことしばしばあります。「道なり」と言われても、同じ道幅の道が現れたり、「まっすぐ」と言われても、これがまっすぐ?という状態に遭遇したり。朝晩は、ほんの少し涼しくなって、セミはツクツクボウシに代わり、ススキの穂もそ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください