竹すだれ そうそう揺れぬ 南部鉄

風鈴は涼しい音色で涼をよぶものですが、
重い南部鉄の風鈴は、すーっとふく風くらいでは、なかなかならなかった。
鳴り出すと、とてもいい音がして、いいものです。

この句も読まれています。

石切り場 一時雨(ひとしぐれ)きて 日は暮れて... 石切り場のあの無味乾燥な雰囲気が、一雨くると 表情を変える。 石は濡れて潤い、瑞々しい。 この先ひと雨ごとに秋から冬へ季節は移ろう。 柿や銀杏の落ち葉が楽しげに散るのとはちがい、 大きな石が尖ったままに雨に濡れるのは迫力がある。 雨が降るたびに、落ち込むことができるというか、 それほど頻繁に辛いこと...
間 違 ごう て 年 増 の お か っ ぱ 梅 雨 寒 し... okappa / yukop 気持ちはわかる。 あたしだって、前髪パッツン切って、肩までの髪を振り返るたび はらりとさせたい。 人間は静かにおのれを見つめなければいけない。 ぞっとすることもある。 デパートのエレベーターの渕の金ピカ光っているところに 自分の顔を見つけてびっくりしたこともある。 む...
口に手を こそこそ言うなり 野北の人は... 糸島半島の、芥屋の大門の向かい側に、野北浜というところがあります。 もう昔のことです。
お の お の に 覚 悟 の あ る や 雁 渡 る... けがはないか。 体調は万全か。 家族は揃ったか。 渡り鳥が、どんな心境で、長い旅に出るのか知ることはないけれど、鳥といっても、それなりの準備や覚悟はするのではないか。 とにかく長旅である。 余計なお世話です。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.