秋時雨 冷たきままに すすき濡れ

秋の雨は冷たい。
まだ準備の整わない山に里に、しょぼしょぼと雨が降ります。
まだ準備の整わないすすきが、寒いままに濡れそぼるのです。

この句も読まれています。

意思あるごと 缶の転がり 冬の暮れ 風に押されて、からからと音を立てて空き缶が転がる。 アスファルトの道。止まったかと思うと、また進む。 まるで誰かが蹴っているように。 冬の夕暮れはさみしい。 まして今日のように、冷え込んで、空が低い日には、 公園を散歩する人影も見ない。...
今日の秋 ひとつ押さえて 生きてみる... わたしは11月生まれで、そのせいでもないけど、秋が一番好きです。この澄み切ったさわやかな日々を、一日一日確認しながら、楽しみながら生活したいと思うのです。紅葉の季節、どこへ出かけるわけじゃなし、休みは疲れているし、ちっとも余裕の無い暮らしだけど、その気になれば、小さい秋は見つかるものです。...
か ら た ち の 花 い つ ま で も 棘 の 中... からたちの はないつまでも とげのなか バラなどとは比較にならない、強くて大きくて烈しいトゲです。 むかしは生垣に使われていたらしいのですが、あまりのトゲの激しさに、しだいに遠ざけられたものと想像します。 白い五弁のきれいな花、食用にはなりませんが黄色のかわいい実をつけます。 しかしなんせト...
鉛筆を 持つ手冷たし 掃く息白し わたしは拙い俳句もどきを書くとき、 パソコンの前では、かけません。 布団の中で書きます。 断熱材が入ってないのか、薄いのか、 とても寒いのです。 時々手を布団の中に入れて、 暖め直しながらでないと、 冷たくて書けません。 はく息も白い。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください