秋時雨 冷たきままに すすき濡れ

秋の雨は冷たい。
まだ準備の整わない山に里に、しょぼしょぼと雨が降ります。
まだ準備の整わないすすきが、寒いままに濡れそぼるのです。

この句も読まれています。

名 月 や お の の く ほ ど の 明 る さ で... 昨日は、中秋の名月、今夜はスーパームーンというらしい。 まんまるお月さんの明るさに、街灯も要らぬくらい。 ふだんはあまり意識しないのだけれど、追い立てられるように、飛んで飛んで歩いた。 ススキは、蒼い穂を活けていたのが、いつの間にかほわほわの綿ススキに変わっていた。 昼間はしっかり暑いけれど、秋はそ...
待 つ こ と も 定 め と 思 へ 花 菖 蒲... 花菖蒲@多賀城跡あやめまつり / e_haya あちこちで菖蒲の便りを聞く季節になった。 わたしは、蕾のきりっと巻き上がったあやめの方が好きだけど、菖蒲の人気も大したもの。 時季が来れば、芽を吹き、花を咲かせ、散りはするものの、また翌年には、変わらぬ姿を見せる。 時が経つことは大切なこと。待つこと...
刈 田 な る 一 直 線 に 耳 納 ま で かりたなる いっちょくせんに みのうまで 稲刈りの終わった田は、いつもより広く大きく感じます。 地平線は見えません。 突き当たりは、耳納山系です。 穏やかな山並みながら、そこに行き当たるまで、刈田以外何も見えません。 雲は低く、壮大な冬の景色です。...
無 口 に は 気 を 遣 ひ た り 枇 杷 の 種... むくちには きをつかいたり びわのたね 無口が性格であることは知っています。 わたしは、人と人がぎこちなかったり、そのため座の雰囲気が良くなかったりするのが、とても苦手で、ついついおしゃべりになったり、アホの役目を自ら担ったり、結構疲れます。 それで感じるのですが、無口は、イコール何にも気を遣わな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.