秋惜しむ 蔦のもみじの 落ちぬ間に

今の季節が一年で一番好きです。いじめに遭って、10年を超える歳月を勤めた職場を去ることにした今年でも、
この季節の空気は、しばし現実を忘れさせてくれます。壁に這う蔦がなんともいえない素敵な色に染まっていて
わくわくします。どうぞこのまま。

この句も読まれています。

脈 々 と 着 々 と あ り 冬 桜 みゃくみゃくと ちゃくちゃくとあり ふゆざくら 桜は一年のうち、どのくらいでしょう、日本中でもてはやされるのは。 葉桜となり、他の樹々と区別がつかなくなって、落葉し、枯れ木のようになってしまいます。 冷たい雨、吹雪を経て、一回り大きく成長するようです。 誰も応援しない。 誰からも見捨てられ...
揚 水 の 発 電 残 し て 山 眠 る 小さな水力の発電だという。山はもうすっかり冬の気配で、大きな岩盤は、その色をいっそう深くして、より大きく見える。常緑樹は変わらず、ほかは冬の立木となり、沢の水も冬、空も冬の空。水汲みの人が並んでいる。いい湧き水が出ているのだろう。なんか容れ物を持って来ればよかった。...
自 転 車 に 夏 の セ ー ラ ー 風 は ら む... じてんしゃに なつのせーらー かぜはらむ 高校生が夏服を着ると、とたんに夏が来た! 気分になります。 わたしはセーラー服を着たことがないわけではないけれど、イナカの中学の垢抜けない制服で、さらに大きな名札を付けなければならず、着ることでイナカ者度がアップするというシロモノでした。 都会の女の子...
薄暑かな 教習所には 蜃気楼 なんという暑さ。 これが五月だろうかと思う。 自動車学校の道路の先には、ゆらゆらと蜃気楼。 暑いなあと思う。 暑いだけで、疲れる。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください