秋惜しむ 蔦のもみじの 落ちぬ間に

今の季節が一年で一番好きです。いじめに遭って、10年を超える歳月を勤めた職場を去ることにした今年でも、
この季節の空気は、しばし現実を忘れさせてくれます。壁に這う蔦がなんともいえない素敵な色に染まっていて
わくわくします。どうぞこのまま。

この句も読まれています。

原 爆 忌 ひ と り 黙 祷 老 ひ て 夏 げんばくき ひとりもくとう おいてなつ 終戦から長い長い歳月が経ち、また夏が来た。 あの日、あの時間、テレビのサイレンとともに、年老いた戦争体験者が黙祷する。 誰に言うでもなく、強制するでもなく、あの日を語ることもなく。 投下直後の写真をもとに、最新の技術を駆使し、それでも長い時間をかけ、聞き取...
焼酎の 味もわからぬに 芋と言う 米だろうが、麦だろうが、芋だろうが、たいして違いもわからぬくせに、 流行りもの飲みたさに、「黒霧」なんて言う。...
和を説いて 己はじかれ 露寒し 人に優しくをモットーに生きてきたつもり。いじめられている後輩を助けたりもしたつもり。 何がどうまちがったのだろう。いまじゃ自分がいじめのターゲット。地軸がぐらぐら揺れたかと思うと、なぜかいやせの 渦の中。人には辛抱しろなんて、言ったこともあったかな。あたしはだめだ。根性がない。辞めることにする。とい...
発 掘 の 進 捗 状 況 蓼 の 花 はっくつの しんちょくじょうきょう たでのはな タデ。 秋に咲く雑草で、紅くて、とても小さな実が結集したような細長い花が、花先だけ垂れて咲きます。 なんだこれかと言われるような雑草です。 病院の建設用地は、発掘途中で、いつまでかかるんだろうという感じです。 町にひとつも産科がないからという...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください