秋惜しむ 蔦のもみじの 落ちぬ間に

今の季節が一年で一番好きです。いじめに遭って、10年を超える歳月を勤めた職場を去ることにした今年でも、
この季節の空気は、しばし現実を忘れさせてくれます。壁に這う蔦がなんともいえない素敵な色に染まっていて
わくわくします。どうぞこのまま。

この句も読まれています。

浮寝鳥 あしたの痛み わからずに あしたのことはわからない。涙をながすのか、不安におののくのか、笑うこともあるのか。 人生は浮寝鳥、流れにのって、さまようしかない。...
雨 止 み て 長 く 滴 り 釣 忍 あめやみて 長くしたたり つりしのぶ 「忍」は、シダで湿り気のある岩間や樹の幹に生えます。 その根をたばねて、針金などで形をつくり、軒の端に吊るし、青々としたシダや、流れる風の生む涼しさを楽しむむかしからの知恵です。 水を絶やさないよう気をつければ、長い期間楽しめます。 形を金魚鉢形や舟形に...
油 断 し て 庭 取 り 込 ま れ 薮 か ら し... ゆだんして にわとりこまれ やぶからし 腹の立つほど強く繁殖力も旺盛なつる性の雑草です。 取っても取っても根が繋がっているようで、あちこちから芽を出します。 10mもある大木も、からめるように覆います。 まだまだヤブ蚊がわんわんと音を立て襲ってくる状態で、草取りもできてなくて、薮からしの独壇...
図書館に 咳(せき)の響いて 冴返る... インフルエンザ真っ盛り。 広い館内の、何処かで、誰かが咳き込んだり、くしゃみをしたりすると、 悪い風邪ではないかと、みなさんが震えあがる。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください