秋惜しむ 蔦のもみじの 落ちぬ間に

今の季節が一年で一番好きです。いじめに遭って、10年を超える歳月を勤めた職場を去ることにした今年でも、
この季節の空気は、しばし現実を忘れさせてくれます。壁に這う蔦がなんともいえない素敵な色に染まっていて
わくわくします。どうぞこのまま。

この句も読まれています。

暮れてなお 闇夜とならず 水無月の夜... 一日雨、もう夜の九時なのに、明るいわけではないが、闇夜にはならず。そんな季節なのだろう。私は天文の知識はまるでないから、この妙な明るさが不思議なのです。田植えのすんだ田は、かえるの声が、うるさいほど。一日中雨が降ります。日がささないのに、真っ暗にならず、木々もその影は消えぬままです。静かな宵です。...
秋 暮 れ て 人 待 ち 顔 は 隠 せ ず に... 秋暮れて ひとまちがおは かくせずに どこにいても、何をしていても、恋心というものは露出しやすいもの。 年齢には関係がないことを、このたび同級生の友人に思い知らされました。 思わず「いい年して」と、言ってしまいました。 浮き足立っているさまは、見ようによってはみっともないものだけれど、 本人たちが...
もう君を 思わずに行く 夕時雨(ゆうしぐれ)... あれこれと人を想うことの煩わしさよ、ひとときのときめきは、不安や焦りにすぐにとってかわり、なんと疲れることよ。 もう疲れることはやめよう。この冷たい秋の雨はひとりで乗り切る。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.