祭 り 笛 暗 渠 が 支 ゆ 商 店 街

まつりぶえ あんきょがささゆ しょうてんがい

水路に覆いやフタをして、上を生活の場として使えるようにしたアンキョは、あちらこちらそこここにあるようです。

こんなところもという具合です。

市内いちばんの、終戦直後から続く商店街も例外ではないこと、このごろ知りました。

生活の知恵でしょう。

下に真っ暗な川が流れているのか、溜まっているのか。

この句も読まれています。

本 箱 は り ん ご 箱 と て 当 た り 前... ほんばこは りんごばことて あたりまえ 小学生の頃、木製の勉強机は普通だったけれど、その上に、包装紙で自分で化粧貼りした、りんご箱を置いて使っていました。 四畳の部屋に妹と二人。 別に当たり前だと思っていました。 父親は公務員だったけれど、身の程知らずで子どもは三人もいて、生活は貧しかった。 蚕小...
つくつくの 声も聞かぬに 秋の風 ツクツクボウシはどこへ行ったのでしょう。 あの声を聞くと、ああ暑い夏ももう少しの辛抱だと思ったものです。 そうこうしてるうちに、すこうしずつ涼しくなってきたものです。...
ほうじ茶の 湯気を吹き吹き 十一月 熱いお茶がありがたい季節がやっと巡ってきた。 湯呑みを両手で抱えて、ふーふー吹きながら、 まず一服。 掃除の途中で、終わって。 散歩して、洗濯物干して。 人生には休憩が必要。...
黒狐 食いやすき餌に 食らいつき 動物は、小さいもの、弱っているものを餌食にする。 人間もそう。 言いやすいヤツ、攻撃しやすいヤツを狙う。 十余年働いてきて、自分なりに一生懸命やってきた。 手抜きなど、したこともない。 よそを探せと言われた。 おととし下がった給料をもとにもどしてもらえないかと言ったから。 みんながへこへこして、事な...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください