祭 り 笛 暗 渠 が 支 ゆ 商 店 街

まつりぶえ あんきょがささゆ しょうてんがい

水路に覆いやフタをして、上を生活の場として使えるようにしたアンキョは、あちらこちらそこここにあるようです。

こんなところもという具合です。

市内いちばんの、終戦直後から続く商店街も例外ではないこと、このごろ知りました。

生活の知恵でしょう。

下に真っ暗な川が流れているのか、溜まっているのか。

この句も読まれています。

粉 雪 と 三 瀬 ト ン ネ ル 抜 け し 先... こなゆきと みつせとんねる ぬけしさき 福岡市早良区と佐賀市を結びます。 佐賀県三瀬トンネルは、三瀬峠が、雪が深く、冬になると凍結することもあって造られたと聞いています。 ただし、いまだに有料道路です。 確かに、トンネルの手前とその先では、あきらかに天候が違うと思うことが、冬になるとよくあり...
根 拠 な き 楽 観 誘 う 若 葉 風 こんきょなき らっかんさそう わかばかぜ 深緑の季節。 マイナスイオン溢れる森の中にいると、清々しくて、抱えている懸案ごともなんとかなるさという気になるから不思議。 見上げれば、若葉の隙間からほんの小さな空が見えます。 すっかり夏色の空です。...
水 換 へ は 汲 み 置 き て の ち 金 魚 玉... みずかえは くみおきてのち きんぎょだまむかしの人は、金魚を360度見えるようにと、まんまるいガラスの器に入れ、吊り下げて楽しんだといいます。今ではなかなか見ることがないのですが、青い縁取りのガラスに入った金魚がイキイキと泳いでいるのを見るのは、うれしいことです。四角い水槽で、酸素ぶくぶくは、金魚的...
普 請 声 少 し 険 し く 秋 の 暮 Building under construction ビル建設中 / urawa 秋の日は釣瓶落とし。ふとした間に、あっという間に陽が落ちる。大工仕事も陽のあるうち。気のせいか、三時をまわった頃から気合が入る。今日の仕事は今日のうち。気合を入れられる方は、大変だと思う。なんにしても、働くのはたいへ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください