祭 り 笛 暗 渠 が 支 ゆ 商 店 街

まつりぶえ あんきょがささゆ しょうてんがい

水路に覆いやフタをして、上を生活の場として使えるようにしたアンキョは、あちらこちらそこここにあるようです。

こんなところもという具合です。

市内いちばんの、終戦直後から続く商店街も例外ではないこと、このごろ知りました。

生活の知恵でしょう。

下に真っ暗な川が流れているのか、溜まっているのか。

この句も読まれています。

浦 島 を も て あ ま し た り 亀 鳴 け り... 浦島太郎 / mkuma443 浦島太郎は、何故玉手箱を持たされたか。 亀を助けたにもかかわらず。人間はすぐ調子に乗る。 その戒めだとわたしは思う。 乙姫は、思いのほか美しかったのだろう。 亀を助けたお礼を言われて、舞い上がった。 容易に想像できる。 女っ気のない浦島は、まず、鯛やヒラメにセクハラ...
思い出す ことの多かり いわし雲 sすっかり秋になった。空は高くなり、夕暮れに一面のいわし雲。あんまり楽しいことは思い出さない。ああ、あのときのあの人の態度は、もう嫌気がさしていた証だったんだとか。なんであのとき気がつかなかったんだろうとか。人の心の一瞬って、時間がたってから、ふっと気がつくことが多いような気がする。...
冬炬燵 背負うてきのうの 飯を食う... 炬燵だけでは絶対的に寒いのです。 でも事情があって、いまここには炬燵しかないのです。 それならもう炬燵を背負うしかありません。 と言っても力はいりません。 炬燵に腹ばいに寝ればいいのですから。 つまり炬燵のテーブルを亀の甲羅となるのです。 亀の頭は、あたしの頭、亀の手足はあたしの手足。 借りたのは、...
闊 歩 す る 眼 光 増 し て 羽 抜 鳥 夏を迎えて、羽の抜けたにわとりなどを、羽抜け鳥というらしい。 冬の間の、ふさふさの時には、見えなかったものが見える。 まず、意外と高く脚を挙げて歩くこと。 あの脚の動きと、首の動きの連動の無さ、ぎこちなさは変わらない。 毛が抜けたせいか、眼が鋭い。 とさかが大きく見える。 見た目はかなりお粗末ながら...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.