砂 吐 か す 浅 利 に 難 し き 顔 す

すなはかす あさりにむずかしき かおす

たかがアサリの砂抜き。

これを立派に成功させたこと、人生にほんの数回。

テレビやネットや本も見て、塩分濃度や暗いところに置くやらいろいろ試してはいるのですが、なんで誰でもできる簡単なことができないのか。

ただ、今は売るときにはきれいにしてあって、昔のように口の中でジャリっとはならないのが救いです。

あきらかに小さくなりましたけど。

今からがシーズン、ワカメもメカブも旬のうちに食べようと、どれかを毎日食べています。

春の磯の香りがたまりません。

この句も読まれています。

今生の 別れと知るか 秋の日に 人生には、何気なく遠ざかってしまった別れもたくさんあるものですが、もはや生きて逢うことはあるまいと、わかって いて、それでもそんなことはおくびにも出さず、笑って手を振る別れがあるものだと知りました。心臓の奥に涙がポタポ タ落ちて、溜まるのが感じられるのです。泣いて笑うのです。...
稲光(いなびかり) きりえ版画に入れ鋏(はさみ)... まっすぐに、空を切り取る勢いの稲光、切り絵にはさみを入れたように、スパッとしている。昔読んだ、「はなさき山」の絵を思い出す。直線はキリッと直線、まるいところは、丸く丸く。...
曼 珠 沙 華 白 は 浄 土 に 近 し と も... まんじゅしゃげ しろはじょうどに ちかしとも 家には植えるなとも聞きます。 縁起が悪いというより、冥界に近いと思われてのことかと思います。 有名な棚田には、もうすぐ畦に赤い曼珠沙華が連なります。 名物になるように、毎年植え足すのだそうです。 はじめの頃は、色鮮やかで感動しましたが、わざわざ植えてい...
初 夢 や 逢 ふ は ず の な き 人 と 人... 夢 / ghoguma 知り合いのあの人この人が、夢に現れる。接点のない人が、私の夢では、いっしょになる。いろいろ通り過ぎてきたけれど、残る人はわずか。そんなものだろうか。改めて思えば、幾人もいない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください