砂 吐 か す 浅 利 に 難 し き 顔 す

すなはかす あさりにむずかしき かおす

たかがアサリの砂抜き。

これを立派に成功させたこと、人生にほんの数回。

テレビやネットや本も見て、塩分濃度や暗いところに置くやらいろいろ試してはいるのですが、なんで誰でもできる簡単なことができないのか。

ただ、今は売るときにはきれいにしてあって、昔のように口の中でジャリっとはならないのが救いです。

あきらかに小さくなりましたけど。

今からがシーズン、ワカメもメカブも旬のうちに食べようと、どれかを毎日食べています。

春の磯の香りがたまりません。

この句も読まれています。

柿の実の 色づくごとに 息白く いまこの秋をかみしめないと、もったいない。 秋はすすんでいく、その一歩一歩が素敵です。
冬 ざ れ を 覆 ひ 尽 く し て ク リ ス マ ス... 昼間の生活をすっかり覆い隠して、綺麗なイルミネーションが街を飾る。わたしはあまり好きではないけれど、多くの人はうきうきと心が弾むらしい。いつごろから、この樹々に金属を巻き付け、ライトアップするようになったものか。クリスマスはショーウィンドウと遊園地と部屋の中だけでいいのではと思ったりもするが、みんな...
御 降 ( おさがり ) や 天 満 宮 に 容 赦 な し... DSC_0303 / gtknj 元旦から、大雪そのあと大雨。縁起がいいらしく、御降りがあると、富正月と言って豊穣の前兆とするふうもあるとのこと。車は進入禁止にしており、7キロも遠回りさせられて、やっと駐車場見つけて停めたけれど、慣れないところから入ったために、道まちがえて、反対側に出てしまうし、足...
踏み固む 近道急ぐ 秋の暮れ 道ではないところに、みんなが通るから道が出来てしまっている場所がある。長い街路樹の隙間、芝を張った広場のななめ道、いつもはそんな道は通らないんだけど、日の落ちるのが早い秋の夕暮れは急ぎ足になって、そんな近道をしてしまう。別に急ぐこともないのに。大好きな季節の、好きな時間なのに、なんで急いでしまうんだ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です