砂 吐 か す 浅 利 に 難 し き 顔 す

すなはかす あさりにむずかしき かおす

たかがアサリの砂抜き。

これを立派に成功させたこと、人生にほんの数回。

テレビやネットや本も見て、塩分濃度や暗いところに置くやらいろいろ試してはいるのですが、なんで誰でもできる簡単なことができないのか。

ただ、今は売るときにはきれいにしてあって、昔のように口の中でジャリっとはならないのが救いです。

あきらかに小さくなりましたけど。

今からがシーズン、ワカメもメカブも旬のうちに食べようと、どれかを毎日食べています。

春の磯の香りがたまりません。

この句も読まれています。

如 己 堂 の 高 き 空 よ り 花 の 降 る... 爆心地から620mのところにある、故永井隆博士が晩年二人の子供と暮らし、平和の尊さを執筆という形で世界に発信し続け、43才で亡くなったと言われる二畳一間の木造家屋。 浦上の信者が協力して建てたとのこと。 博士の生きる指針とされる「己のごとく隣人を愛せよ」からこの名が付けられたと聞く。 原子野を「花咲...
誰 居 ら ぬ 出 水 の 生 家 父 母 の 顔... たれおらぬ でみずのせいか ふぼのかお 老親はとうに他界し、生まれ育った故郷の家に今は誰もいない。 堤防が決壊し、町に大量の水が流れ込んだとテレビの情報に心が痛みます。...
延々と 古いシネマの 街に酔う 古い邦画を見るのが好きです。女優さんの服や細いウエスト、そして現代とは全然ちがう息 の仕方、声の出し方いろいろおもしろい。山本富士子なんて息を吸い込みながら、声を出す。...
万年筆 付いてかすれて 秋夜長 万年筆で手紙など書くこともなくなった。 なぜか、達筆はより達筆に、下手くそはより下手くそに見える。 長く放っておいた暑中見舞いの返事を書く。 梨の絵の葉書に、絵を除けて書いた。 ちょっとだけ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください