砂 吐 か す 浅 利 に 難 し き 顔 す

すなはかす あさりにむずかしき かおす

たかがアサリの砂抜き。

これを立派に成功させたこと、人生にほんの数回。

テレビやネットや本も見て、塩分濃度や暗いところに置くやらいろいろ試してはいるのですが、なんで誰でもできる簡単なことができないのか。

ただ、今は売るときにはきれいにしてあって、昔のように口の中でジャリっとはならないのが救いです。

あきらかに小さくなりましたけど。

今からがシーズン、ワカメもメカブも旬のうちに食べようと、どれかを毎日食べています。

春の磯の香りがたまりません。

この句も読まれています。

も み じ 葉 も 共 に 上 が り て 崩 れ 簗... もみじばも ともにあがりて くずれやな 春、川を遡上する魚を捕るのがヤナ、秋になって、産卵を終えたサカナやふかした稚魚など、河口へ下るサカナを捕るための仕掛けを下りヤナと言います。 セキを設けて川の流れを狭め、サカナを追い込むのです。 下りヤナが放置されたまま崩れているのを、くずれヤナと言いま...
杉 玉 に 造 り 酒 屋 の 安 堵 か な あの丸い緑色の球は、杉の葉で作られているとのこと。 酒屋の玄関に、緑の杉玉には、お宮のお祓いがなされたのだろう、白い紙がつながったものが載せられている。 いい新酒が出来たのだろう。 空は青い。...
冬の雲 重く重くと のしてくる わたしはスーパー銭湯の露天風呂から、空を見るのが好きです。 いつもは見ない空をゆっくり眺めます。 切り取られた空は、空そのものではないけど、それはそれで面白いものです。 一面の黒雲はそのまんま下に下がってきそうな勢いです。 冬の空は、それはそれでいいのです。...
風 呂 の 窓 よ り 雪 被 る 背 振 見 る... ふろのまどより ゆきかぶる せふりみる 背振山、福岡市 西区から、佐賀県神埼町にかけてそびえます。 福岡側には、深い谷や滝が多く、難所の多い登山道です。 山腹には、米軍と航空自衛隊のレーダー基地があり、高性能のレーダーが設置してあるとOBの話です。 ウチからは、那珂川町の向こうに、薄く高く冠雪の背...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください