盆 の 月 駅 ま で の 道 照 ら し を り

ぼんのつき えきまでのみち てらしおり

わたしは親兄弟に縁が薄いのか、ママ母はもちろんのこと、生みの母のことも好きになれずに終わりました。
父は、ママ母との間にできた三女を溺愛し、30年経った今も、いい思い出より思い出したくないことの方が頭を巡ります。

それでも遠い先祖の中に、ひとりくらい、ちょっとは気にかけてくれる人がいるかもしれないと、こんなやわらかい盆の月を見ていると思うこともあります。

この句も読まれています。

意に沿わぬ 謝罪しながら 蝉時雨 私のせいじゃない。 誰が見ても、あなたが悪いのに、 新人の私のせいにされた。 しょうがない、謝るしかない。 だってそうしないとおさまらないらしい。 心で蝉が一斉に鳴く、ジージーと音がする。...
踏 青 や 遠 足 解 散 吉 野 ヶ 里 とうせいや えんそくかいさん よしのがり 春、草が芽生えた野に遊ぶこととのことです。 もともとは古代中国の行事だそう。 春の野遊びです。 整列していた子供らが、吉野ヶ里の歴史公園で、一斉に解き放たれ、お弁当を食べたり、自由に遊ぶ時間です。...
満天の 星降り落ちて 霜の朝 天気のよい晩にはたくさんの星が出て、 明け方に落ちてきて、朝の霜になるような 気がします。
回 送 の 来 て 力 増 し 初 時 雨 かいそうの きてちからまし はつしぐれ ホームで電車を待つ。 時雨の降るときは凍えます。 やっと来たかと思えば、回送車。 がっかりもしたけれど、通り過ぎたときの風の強さ。 ただでさえ寒いのに。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です