盆 の 月 駅 ま で の 道 照 ら し を り

ぼんのつき えきまでのみち てらしおり

わたしは親兄弟に縁が薄いのか、ママ母はもちろんのこと、生みの母のことも好きになれずに終わりました。
父は、ママ母との間にできた三女を溺愛し、30年経った今も、いい思い出より思い出したくないことの方が頭を巡ります。

それでも遠い先祖の中に、ひとりくらい、ちょっとは気にかけてくれる人がいるかもしれないと、こんなやわらかい盆の月を見ていると思うこともあります。

この句も読まれています。

豆 撒 き の 外 は 闇 夜 の 深 ま り て... まめまきの そとはやみよの ふかまりて 鬼は外、福は内。 追い出された鬼は、一度はアタマを抱えて大げさに逃げ回って見せても、人びとが寝静まった頃には、平然と元に戻っているような気がします。 福だけが存在する家があるとは、ちょっと信じがたい。 一年にいっぺん、追い出したつもり、追い出されたフリ...
梅 雨 湿 り 土 間 冷 え び え と ひ た ひ た と... 三和土というか、土間をご存知だろうか。 玄関が広くて、自転車も難なく停められる。 セメントで固めた愛想のないものである。 梅雨の湿りが影響するようで、ひたっと吸いつく感じがある。 今の家にはない。 玄関と裏口が繋がって、風が通るところもある。 冬は、この土間があるために、部屋が暖まらない。 でも、わ...
百 年 の 恋 冷 む 形 相 ご き ぶ り 打 つ... ひゃくねんの こいさむぎょうそう ごきぶりうつ 「一匹見つけたら、二十匹はいると思え」 気をつけているつもりでも、築35年ではどうしようもないところもあって、見つけたら、むかしは噴射、でも体に悪そうで、今は新聞紙を丸めたのか、古いスリッパかとにかく命がけでやっつけなければなりません。 掃除機で...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください