盆 の 月 駅 ま で の 道 照 ら し を り

ぼんのつき えきまでのみち てらしおり

わたしは親兄弟に縁が薄いのか、ママ母はもちろんのこと、生みの母のことも好きになれずに終わりました。
父は、ママ母との間にできた三女を溺愛し、30年経った今も、いい思い出より思い出したくないことの方が頭を巡ります。

それでも遠い先祖の中に、ひとりくらい、ちょっとは気にかけてくれる人がいるかもしれないと、こんなやわらかい盆の月を見ていると思うこともあります。

この句も読まれています。

しょうしょうと 降る雨黒く 山桜 雨が多い。音もなく、まるで永遠に降り続くかのように山に雨が降り続く。空は暗く、春とは思えないような墨絵の世界 である。桜は地味で、でもきっぱりと咲く。山の桜。...
十薬の 花 束にして 深呼吸 ドクダミはクセがあって、嫌う人も多いけど、私はあの薬くさい匂いがとても好きです。虫除け、消毒、臭い消し束にして、丈を揃えて、輪ゴムで留めて、薄い緑色のアンティークの薬瓶に挿します。なんか気のせいか清々しい心持ちがするのです。...
甲羅干す 亀さえ居らず 日射病 池の温度はどうなってるんだろう。 たぶん亀は、深いとこに潜っているのか、出て来もしない。 日射病を警戒してるにちがいない。...
もう君を 思わずに行く 夕時雨(ゆうしぐれ)... あれこれと人を想うことの煩わしさよ、ひとときのときめきは、不安や焦りにすぐにとってかわり、なんと疲れることよ。 もう疲れることはやめよう。この冷たい秋の雨はひとりで乗り切る。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください