百 穀 を 潤 す 雨 を 日 が な 見 る

ひゃっこくを うるおすあめを ひがなみる

五穀豊穣をもたらすといわれる穀雨。
これを過ぎると、そろそろ田植えの準備が始まります。
寒い季節が終わりを告げ、たくさんの命が吹き返し、草花が順々に咲きます。
命をはぐくむ雨に感謝しつけられた呼び名だと思います。

この句も読まれています。

夜桜に 片恋の昔 預けおり 同じ桜も夜みれば、ちがう。思う心も別物。過ぎ去った、ふとした一場面を思い出し、そのときの心持ちをまざまざと想 いだす。いいことばかりではないけど、過ぎ去ってみれば、それもこれもそうするしかなかった自分がいる。...
雁 の 棹(さお ) 躊 躇 ひ (ためらい) の な き わ け も な し... 雁は団体で行動する渡り鳥。 まるでさおのように一直線で、高い秋の空を行く。 これから長い長い旅に出る。 傷つくことも、病に倒れることもあろうが、もう見切り発車。 親はどうした。 子どもはどうした。 たとえそれが性であっても、大きな試練にちがいない。...
ま た ひ とつ 羽 を 畳 み て 秋 の 蝶 Butterfly / fox_kiyo 人間関係とは、不思議なものだ。いろいろな人と出逢う。中には、気の合う仲間だと、うれしくなる、これは感動的な出逢いだと、心が弾むこともある。それが、ある拍子に、えっと思う展開をみせることもある。ここはもう、去る者追わずの心境である。...
新 藁 (しんわら) の て っ ぺ ん に 積 む 憂 い ご と... 稲刈り / elmimmo 稲刈りが終わった。集めた藁を 積む作業の終わり。仕事の途中 には考えないようにしていた心 配事が、最後の瞬間、ふっと頭 に浮かぶ。どうしようもないな。 まったく、いつも。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です