百 穀 を 潤 す 雨 を 日 が な 見 る

ひゃっこくを うるおすあめを ひがなみる

五穀豊穣をもたらすといわれる穀雨。
これを過ぎると、そろそろ田植えの準備が始まります。
寒い季節が終わりを告げ、たくさんの命が吹き返し、草花が順々に咲きます。
命をはぐくむ雨に感謝しつけられた呼び名だと思います。

この句も読まれています。

緑 蔭 の 只 中 に あ り 小 学 校 りょくいんの ただなかにあり しょうがっこう 平屋である。 山すそにある。 蝉時雨の只中に、世間の炎昼とは縁のない小さい小学校。 分校ながら、よくわからないけれどr、イキイキしている。 遠く耳納連山。 正しくあれ。 優しくあれ。...
春暮れて 若芽柳や 白秋碑 どんこ舟の川くだりが、気持ちのいい季節になった。柳もネコ柳も若い芽ばかりでまだ緑の乏しい早春ではあるが、舟に揺られて、川面をゆくのは、しばし日常を忘れる。水の豊かな水郷は、お堀端だけではなく、街のそこここにゆたゆたと水をたたえた堀がある。昔に比べればずいぶんと減っただろうが、いまでもとても風情のある...
メ ー デ ー や む か し 花 笠 振 り 拳... めーでーや むかしはながさ ふりこぶし もう五十年も昔になるでしょうか。 メーデーには、大濠公園で、大きな集会があったものです。 小学生だったわたしは、親に連れられ訳もわからず、舞台に魅入ったものです。 ドンタクみたいな笠を被った人もいたし、えいえいおーと拳を振り上げる団体もいて、面白くもないけれ...
奈良漬けの 浅きを求め 酒開き 奈良漬けは、つけて間もない浅いものがいい。 アルコールの匂いがぷんと鼻を突くくらい浅いものがいい。 塩分も少ない。まだウリの香りがする。 それがなかなかない。 むかしは、城島町にはあったのだが、 立派な奈良漬けはあっても、わたし好みのものは 探す術がない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください