百 穀 を 潤 す 雨 を 日 が な 見 る

ひゃっこくを うるおすあめを ひがなみる

五穀豊穣をもたらすといわれる穀雨。
これを過ぎると、そろそろ田植えの準備が始まります。
寒い季節が終わりを告げ、たくさんの命が吹き返し、草花が順々に咲きます。
命をはぐくむ雨に感謝しつけられた呼び名だと思います。

この句も読まれています。

水汲んで なおなお更に 飲みおりて... 山の清水を汲みに行く。ちょろちょろと冷たい湧き水が出ているところは人気スポット。容器に いっぱいになったら代わればいいのに、まだまだ飲んでいる。人間は欲深いものだ。...
枯 銀 杏 千 年 越 せ ば 神 と な る かれいちょう せんねんこせば かみとなる 落葉樹のなかでも銀杏は、遠くからひと目で、それとわかります。 どこまでも大きくなり、ほとんど左右対象に近い、どっしりと落ち着いた構えです。 根元に、説明文の碑が建ち、神格化されたか、鳥居が置かれたものまであります。 風雪に耐えた大樹は、盛りの季節も枯木にな...
犬の名を 千代と八千代と 日永かな 犬 / zenjiro まったくふざけてる。千代と八千代は姉妹。 もう一匹いたら、さざれか。わたしはもし 双子だったら、さのか、よいよいになって いたと親戚のオヤジから聞いたことがある。 冗談だったかもしれない。小学生だったけ ど、ああ大事にされてないんだなと、その ときはそれなりに傷ついた。名前っ...
祈りつつ 挿し木の紫陽花 水をやる... 紫陽花が好きです。 梅雨の雨に濡れるあじさいを見ると、ちょっとだけ幸せを感じます。 梅雨になると、毎日、職場から花瓶のあじさいを、一本ずつこっそり持って帰って、植木鉢に 挿し木するのです。 丸いのや、四角いの、水色や紫色、なんでも混ぜてさすのです。 なかなかうまくいかなくて、毎年ちょっとしか咲きませ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください