産 院 の 建 つ 春 田 な り 遺 跡 出 ず

さんいんの たつはるたなり いせきいず

隣町には、産婦人科医院が一軒もないらしく、今度ようやくできることになりました。

菜の花やえんどう豆やネギ坊主の畑をユンボが掘り返し、黒土の見るからに良い畑だとわかる土が出てきたと思ったら、そこで工事が止まってしまいました。

遺跡が出て、発掘調査が行われるらしのです。

きのう通りがかると、四角や楕円形の発掘の跡がたくさんあり、甕棺どころではなく、かなり大きな建物の跡地なのかなと思いました。

病院は、まだまだ先のことになりそうです。

この句も読まれています。

うつむいて クリスマスローズの 憂き顔よ... クリスマスローズという花をご存知ですか。 冬に咲く、名前ほど派手ではなく、 いつもうつむき加減に咲く、控えめな花です。 色も赤とか、黄色、紫などのはっきりした色ではなく、 なんともいえない薄い薄い色合いで、 わたしはとても気に入っています。...
柊 の 新 芽 五 月 の 陽 に 生 ま れ ひいらぎの しんめごがつの ひにうまれ 新芽は淡い緑色。 黄緑を濃くしたくらいの色で、ひいらぎの上にまわりに芽を出し、育っているところ。 あのトゲトゲの葉はそのまま。...
幸せは 胸三寸と 落ち葉降る 幸せなんて、考え方ひとつ。 ひとには、大切なことやものがあるけど、いつ壊れるやもしれない。 壊れながらも、いま幸せだと思えることがあります。 ひとと比べない。 ちょっとでも楽しいことなら、小さなことも大切に思う。 できるときは、そうしようと思うけど、体調の悪いときや、もうこれは 基礎から崩れたと思う...
黄落は 降り余る輝き 悦楽の 銀杏やプラタナス、黄色い葉が次から次へまるで黄金の雪のように降りそそぎ、散り敷く様を黄落というらしい。並木道のように、同じ種類の落葉樹が並びいっせいに紅葉し、散り行く様はあるようでない、見られるようでめったに見られないもの。大宰府の四王寺山の古い登山道、狭い道ながら紅葉の季節は格別。わたしはあまりど...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください