産 院 の 建 つ 春 田 な り 遺 跡 出 ず

さんいんの たつはるたなり いせきいず

隣町には、産婦人科医院が一軒もないらしく、今度ようやくできることになりました。

菜の花やえんどう豆やネギ坊主の畑をユンボが掘り返し、黒土の見るからに良い畑だとわかる土が出てきたと思ったら、そこで工事が止まってしまいました。

遺跡が出て、発掘調査が行われるらしのです。

きのう通りがかると、四角や楕円形の発掘の跡がたくさんあり、甕棺どころではなく、かなり大きな建物の跡地なのかなと思いました。

病院は、まだまだ先のことになりそうです。

この句も読まれています。

亀鳴いて 休暇申請 恐る恐る 誰一人として有給休暇を取らない。 わたしの職場。今どき。恐ろしい こと。休んでみようか。なんて言 われるか。「ちゃんとできてるの よね」なあんてドスの効いた声で いやみ言われるのかな。...
薪 を 足 す 引 き 戻 さ れ し 花 篝 まきをたす ひきもどされし はなかがり 夜桜の美しさを引き立たせるために、花の下に置くかがり火のことです。 そのしつらえがぎょうぎょうしいと、かえって興を失いますが、ほどほどに揺れる闇には幽玄の気が漂います。 当節は、ライトアップで花全体を見せるところが多いけれど、薪を足すたびに火の粉が舞い上がり...
悲しみは 重なりて来る 虎落笛 不思議なことに、苦しみや悲しみは重なって襲ってくる。これでもかこれでもかと。もう息ができないほど。
や り 直 し た き こ と 数 え 春 霰 ( あられ )... はっきり言えば、全部丸ごとやり直したい。 あれもこれも失敗。 どうにも挽回できないことがほとんどだけど、小さなことでもやり直せるなら、この先の人生を、そこに力を注入して死にたいと思う。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です