生 来 の 器 用 貧 乏 犬 ふ ぐ り

せいらいの きようびんぼう いぬふぐり

器用貧乏。

何事も一応はうまくこなせるため、ひとつ事に徹底出来ず、かえって大成しない人のことを言うそうです。

1914年の芥川龍之介の処女作にこの言葉があったことから、この手の人物は昔からおり、そしてむかしからそういう呼ばれ方をしていたもようです。

あれやこれや手を出し、そこそこうまくいくのですが、忍耐や根性が少し足りないのかなと思います。

どちらかというと、困ったことでしょう。

この句も読まれています。

人 の 世 も 編 む に 似 た り と 萩 の 月... 「辞書を編む」という小説が、確か、本屋さん大賞をとり、映画にもなりました。 とても面白い本だったのですが、地味な素材で、映画には無理だろうと勝手に思い込んでいたところ、ステキな作品に仕上がっていて感動したものです。 考えてみれば、生きていくことも、日々の些事の積み重ね、ひと針ひと針編んでいくよう...
春 障 子 遠 目 近 目 に 針 の 穴 Koi-Chaya @ Sagano, Kyoto / Hyougushi 外の風は、まだまだ冷たいけれど、障子越しの光はもうすっかり春の訪れ。ユニクロで買った、白いカーディガン。このまま着ては、ユニクロの宣伝。ユニ隠しに、ボタンを変えることにした。むかし気に入っていた紫のカーディガン(なぜかカーデ...
蚊帳を出て ふか夜の闇の 恐ろしさ... 子供の頃、夏の暑い夜、一晩中蚊帳から出されて、まんじりともせず闇夜に体操座りで過ごしたことがある。 継母の虐待。 あの女、許さない。...
秋 高 し 蔵 窓 開 く る 棕 櫚 箒 あきたかし くらまどあくる しゅろぼうき 蔵に窓があることも忘れているほど、開いているのを見たことがありません。 その窓が、この秋の清々しい空気を入れるためか、開いているのを始めて見ました。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください