生 来 の 器 用 貧 乏 犬 ふ ぐ り

せいらいの きようびんぼう いぬふぐり

器用貧乏。

何事も一応はうまくこなせるため、ひとつ事に徹底出来ず、かえって大成しない人のことを言うそうです。

1914年の芥川龍之介の処女作にこの言葉があったことから、この手の人物は昔からおり、そしてむかしからそういう呼ばれ方をしていたもようです。

あれやこれや手を出し、そこそこうまくいくのですが、忍耐や根性が少し足りないのかなと思います。

どちらかというと、困ったことでしょう。

この句も読まれています。

のうぜんの 花華やかに 首ぽたり のうぜんかずら…つる性のオレンジの花の咲く植物で、夏に咲きます。 とても美しいのですが、散り方があまりに愛想がないのです。 首からぽたりとおちます。 下には大量のオレンジの首が落ちてたまるのです。...
トケイソウ くるりくるりと 今はここ... なんともユーモラスなトケイソウの花が盛りです。 わたしは今ここ。 人生のこの場所は意外と心地よいのかもしれない。 肝心なのは、欲を出さないこと。ほどほどで満足する。 時給は、目が点になるほど、安いけど、態度のでかい看護師はいるけど、(昔から、なぜか看護師に天敵がいる)、 なんとなく続けていけそうな気...
足を入れ 足を出したり 秋の夜 涼しくなった。窓は全開で寝てる。寒くて目が覚めた。なんてしあわせ、寒くて目が覚めるなんて。もうこんな日は来ないと思っていた。 話かわりますが、失業しました。秋の始まりといっしょに職探しか。元気出そう。だってしょうがないじゃない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です