生 来 の 器 用 貧 乏 犬 ふ ぐ り

せいらいの きようびんぼう いぬふぐり

器用貧乏。

何事も一応はうまくこなせるため、ひとつ事に徹底出来ず、かえって大成しない人のことを言うそうです。

1914年の芥川龍之介の処女作にこの言葉があったことから、この手の人物は昔からおり、そしてむかしからそういう呼ばれ方をしていたもようです。

あれやこれや手を出し、そこそこうまくいくのですが、忍耐や根性が少し足りないのかなと思います。

どちらかというと、困ったことでしょう。

この句も読まれています。

裏 門 司 の 隘 路 (あいろ) 漏 れ な く そ ぞ ろ 寒... 門司港の駅から海に向かう表の顔は、もう何度も訪れた。 新しい橋、新しいレストラン、お土産屋がひしめき合って、観光客も多い。 放ったらかしにされた裏側こそが、門司港の歴史をそのまま残しているのではないかと思うほど、表は変わってしまった。 レトロな駅舎が残っているから、もうそれだけで絵になるのだろう。 ...
確 か ま だ ひ と つ あ っ た と 桜 餅... 桜餅 / sabamiso 昼間、みんなでいただいて、端数が出て、冷蔵庫にひとつ残していたはず。 こんな夜中に思い出すとは、なんて幸せ。 日頃の行いのたまものだろうか。...
蛇 の 舌 ち ろ り 誘 ふ 別 の 道 へびのした ちろりいざなう べつのみちヘビがきらわれる原因のひとつに、あのちろちろと出たり引っ込んだり忙しく動く細くて長い舌があるのではと思います。もししゃべるなら、良からぬ道を教えそう。人生は選択の連続。あの親の子として生まれたからには、あるところまでは自身で決めることなどできなかったのも当然...
滝つぼに 沈んでしまえ この恥さらし... とんでもない人にとんでもないことを告白してしまった。 愚か者め でもあんまり後悔していない。 自爆だけどさ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください