珈 琲 に 名 月 入 れ む う ろ う ろ す

コーヒーに めいげついれん うろうろす

わたしは、むかし陶器市でどんぶりのような大きなカップを買って持っています。

お茶でもコーヒーでも、お代わり要らずで、無精者にはもってこいと購入したのですが、冷えてしまうから使う気になれずお蔵入りしておりました。

今年の中秋の名月、雨も降らず、たいした雲もなく、絶好の月見ができると、風流にコーヒーカップを持って庭に出ました。

名月を映せるか。

できそうでできませんでした。

月のうさぎは、いつもより少しだけ赤みを帯びて見えました。

この句も読まれています。

万 緑 に う ち 降 る 雨 の 音 ば か り... Jewels of rainy day / Takashi(aes256) 山の緑が、日に日に色を深くしている。 春先のもこもこした感じは、もうすでになく、樹々の一本一本が逞しくなり、山も丸ごと大きくなってきた。 ただ雨の音ばかり。 2月に挿し木した紫陽花、つくにはついたけれど、花は咲くだろうか。...
言うたこと 戻せはせぬか 夏大根 しまった。余計なこと言ってしまった。 いくら後悔しても、言っちゃったもんは、もうしょうがない。 まったく、馬鹿じゃない。 忘れよっと。...
入 社 式 新 人 狙 ひ 献 血 車 にゅうしゃしき しんじんねらい けんけつしゃ 市役所に住民票をもらいに行きました。 玄関横の桜並木はちょうど五分咲きといったところ。 希望に満ちた、元気はつらつの新人職員が献血車に並びます。 この市は、今年から採用に関して、筆記試験を廃止しました。 市長の見解だそうです。 献血ぐらい、人の倍やれ!...
選 ば ざ る 道 鬼 灯 が 思 ひ だ す えらばざる みちほうずきが おもいだす いつもは完ぺきに忘れているけれど、お盆が近づいて、赤いホウズキを見たり、 すっかり見なくなったジュズやカラスウリに偶然出逢ったり、 今年最初のススキが赤い色の穂を出したのを見たりすると、 選ばなかった道を思うことがあります。 どっちが正解だったかなん...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください