珈 琲 に 名 月 入 れ む う ろ う ろ す

コーヒーに めいげついれん うろうろす

わたしは、むかし陶器市でどんぶりのような大きなカップを買って持っています。

お茶でもコーヒーでも、お代わり要らずで、無精者にはもってこいと購入したのですが、冷えてしまうから使う気になれずお蔵入りしておりました。

今年の中秋の名月、雨も降らず、たいした雲もなく、絶好の月見ができると、風流にコーヒーカップを持って庭に出ました。

名月を映せるか。

できそうでできませんでした。

月のうさぎは、いつもより少しだけ赤みを帯びて見えました。

この句も読まれています。

通りまで 送って帰りは 冬の月 電車で帰ると言うから、駅に続く地下道まで送った。 ここからはまっすぐだから、大丈夫。 踵を返し帰り道。見上げれば冬の月。冷えるけれど 風のない冬の夜。こんなに長くお月さまと付き合うことも なかった。...
ケイトウの 折りたたまれて 秋の空... 鶏のトサカのようなけいとうの花はあまり好きではないけれど、あの見事に折りたたまれたような花のつくりには感心します。まるで人の手で折ったようです。毒々しいような、派手な赤が、秋の青空には合うようなきがするのです。...
半 眼 の 蟇 ( ひき ) な れ 現 世 泰 然 と... 慌てておろおろするのが、わたしの大きな欠点です。 直そうと思ってはいるのですが、まるで事故のように、人生が展開するものですから、あっと気づいたときには、いつものおろおろ対応になりがちです。 ヒキガエルは、他の蛙例えば雨蛙のように、餌をとるとき、飛びつくようなことはなく、舌だけを出して捕獲するそうです...
明け方の 雨の雫か 吊忍(つりしのぶ)... 朝早くに雨が降ったらしい。 吊忍は、軽石のようなものに、しだや、常緑の小さい植物を植えて、 ぶら下げて愛でるもの。 昔の映画には、よくあって、わたしも好きで、ぶら下げている。 華やかではないけれど、心が落ち着く。 吊忍に雨の雫がいっぱい残り、心なしか元気。 やっぱり雨がいい。 水道の水を遣ったり、霧...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください