珈 琲 に 名 月 入 れ む う ろ う ろ す

コーヒーに めいげついれん うろうろす

わたしは、むかし陶器市でどんぶりのような大きなカップを買って持っています。

お茶でもコーヒーでも、お代わり要らずで、無精者にはもってこいと購入したのですが、冷えてしまうから使う気になれずお蔵入りしておりました。

今年の中秋の名月、雨も降らず、たいした雲もなく、絶好の月見ができると、風流にコーヒーカップを持って庭に出ました。

名月を映せるか。

できそうでできませんでした。

月のうさぎは、いつもより少しだけ赤みを帯びて見えました。

この句も読まれています。

九 十 九 島 ( つくもじま) 軍 港 隠 し 秋 高 し... 佐世保の針生無線塔、太平洋戦争勃発時、戦闘開始の電信を送ったとして、あれこれの映画にも登場した。 奥まった港には、軍艦とおぼしき船体が幾つもあり、海上自衛隊の重要基地であること歴然である。 以前佐世保出身の高齢女性が言うには、海軍さんには嫁に行くなと、言われていたと。 制服を纏った姿は雄々しいものの...
路 線 バ ス 待 つ 間 ポ ス ト と 鰯 雲... ろせんばす まつまぽすとと いわしぐも 台風の影響かどうか、昨日までの酷暑とはちがい、秋の空気。 市内循環のバスは、普通のバス路線ではない住宅街を走るので、とてもきにいっています。 ただ、本数が少ないので、急ぐときには向きません。 ゆったり時間のあるときは、バス停に置かれたベンチに座り、隣のポスト...
風 光 る 棚 田 ひ と つ に 千 の 石 千枚田 Rice terraces / "KIUKO" 小さな棚田を作るのに、小さめの丸い石が無数に。 どれほどの手間がかかっただろう。 近くから持ってくると言っても、それは大変なこと。 百枚近い棚田が、石垣によって、しっかりと支えられ、一つとして崩れていない。 よく今まで頑張って持ちこたえてこら...
砂 吐 き て あ さ り の 油 断 水 温 む ( ぬるむ )... 適度な塩加減だったのだろう。 足というのか排水孔というのか、あさりはすっかりくつろいだようす。 もうすぐ酒蒸しにされる。 暖かくなって、身の入りもよくふっくら太って美味しそう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.