独活(うど)の灰汁(あく) 舌に転がし 濁り酒

ウドにも、ツクシにも、アクがある。
ぜんぶ抜かないことが大事だと思う。
どうせたくさんは要らない。
季節を感じて、一献。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

秋雨の 上がりてもなお そぞろ寒 やっと本格的な秋がきました。あの暑かった夏が嘘のよう。秋の雨にしては激しい雨でした。雷もなって、まるで世の中がすべて洗われたようでした。雨が上がったあとも、震えるような寒さ。わたしの季節がきたと実感しました。今がきれいじゃないといけないと、化粧品を通販で注文したりしました。相変わらずばかです。窓を全...
冬薔薇(ふゆそうび) ふらと心の 揺らぐこと... この寒い季節を好んで咲く薔薇。 硬い蕾が、時間をかけて解けるように 心が揺れることのあり。あの人のちょっとした 仕草、言葉じり、どうでもいいことにちがいない。 どうかしてる。...
子どもらが 蔦(つた)の家と 呼ぶそうな... 小さな小さな家のまわりのブロック塀に、蔦を這わせている。新緑と秋の紅葉が美しく、いろいろ手間はかかるけど、(隣の家に侵入しないよう気をつけるとか、放っとくと地面まで這い出すとか、落ち葉が多いとか)今のところ、そのまま。聞くところ、近所の子どもらが、蔦の家の前を集合場所にしているという。べつになんとい...
2016年あけましておめでとうございます。... 本年も季節を感じて、心を詠んでまいります。 何卒、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください