独活(うど)の灰汁(あく) 舌に転がし 濁り酒

ウドにも、ツクシにも、アクがある。
ぜんぶ抜かないことが大事だと思う。
どうせたくさんは要らない。
季節を感じて、一献。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

鬼灯 (ほおずき) を 鳴 ら し て 曲 が り 角 違 え... Chinese lantern plant / Physalis alkekengi / 鬼灯(ホオズキ) / TANAKA Juuyoh (田中十洋) ほおずきの鳴らし方なぞ、最近の人は知るまい。 あの赤い袋を破ると、中に赤い丸い球がある。 それを外して、慌てず時間をかけて柔らかくなるまで指で揉...
誰一人 目もくれずおり カンナ咲く... 暑い。灼熱地獄のよう。川べりにカンナの大株あり。見れば見るほど暑い。こんな可愛げのない花が他にあろうか。図体のデカイおのれに重ねる。誰も見ないのに、なんで空を向いて咲けるのだろう。バカなのか。...
桂 川 ( けえしぇん ) と 車 掌 の 訛 り 矢 車 草... けえしぇんと しゃしょうのなまり やぐるまそう 筑豊本線、何故か今は、福北ゆたか線 わたしが子どもの頃、先生のこと「しぇんしぇえ」と呼ぶ子がいた。 何にもおかしくなかった。 最近の子どもたちは方言も使わないし、アクセントも標準。 あの震災のときも、年寄りだけが方言で、独特のアクセント、子どもたちは...
卯 浪 立 つ 饒 舌 こ そ は 怪 し け れ... うなみたつ じょうぜつこそは あやしけれ 卯浪。 五月ごろには天候が不安定なことが多く、その頃に立つ波。 人は、誰かを裏切ったとき、よく喋ります。 有名なのはユダ。 キリストを裏切って密告します。 キリストはそれをすでに察知しており、 貴方は何故そんなに喋るのかと尋ねます。 その他の兆候としては...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください